フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

カテゴリー「Photo:いきもの」の1件の記事

2013年8月 2日 (金)

深夜の海水水槽撮影に挑戦

こんばんは.えぴ兄です(小声
今日は,我が家の水槽の寝込みを襲撃してみたいと思いますw




ここからは面倒なので普通で(笑)

えーっと,唐突ですが海水魚は寝ます.
淡水魚は寝てるんだか起きてるんだか微妙な休み方をしますが,海水魚は

「え?ええええ?Σ(゚□゚(゚□゚*)」

と言うくらい,そりゃもうぐっすり.
ひどいときには寝てるところを棒で突っついても平気です(チョットマテ




そんな深夜のワンダーランド写真館,いってみましょう.
意外な交友関係が見えてくるかも・・・?



まずはこちら.

Ce7_2017
THEクマとビラクマさん.
仲よさそうですが,昼間はそれぞれ全く違うところで過ごしてるのに,寝るときだけは一緒でべったりです.


そしてこちら.
Ce7_2036
こちらはなじみのカクレさんと親戚のブラックオセラリス.
こいつらは本当に仲良しで,いつでも3匹セットです.
中サイズの子がなぜか大と小の両方に「けんかしないよー」ポーズを取るのが未だに謎.
クマノミって縦社会が結構しっかりしてると聞いているのですが・・・


お次は珍しい組み合わせ.
Ce7_2054
キイロハギとヒレナガハギのニザダイコンビ.
昼間はキイロがヒレナガのことを鬱陶しそうに追い払うんですが不思議.
ちなみにヒレナガはキイロの後ろについて回るのが大好きなストーカーさんです.



無脊椎動物たちも負けてはいません.
むしろ夜の方が主役なんじゃと思うくらい,暗い時の方が生き生きしています..

種類によっては若干グロいですが・・・w



はじめはこちら.
Ce7_2022
ハナガタ系4兄弟.
ちょっとわかりにくいですが,白いやつは夜になると薄ぼんやり光ります.
手前のハナガタが食事中らしく,ありえんくらいプクプクです.


そして次.
Ce7_2038ビラクマさんのおうち,シライトイソギン.
昼間のサイズで想像できないほど巨大化もっさもさ(汗)
先日このまま浮き上がって巨大ちょうちんがポンプと抱擁してたので焦りました.
何で膨らんでいるのか,足が岩から外れたときの浮力もなかなかです.


イソギンと言えばこいつもいました.
Ce7_2052怖くない方のLT,深夜はケダモノw
触手の数が半端なく増えます.
ところが怖い方のLTにはこの習性がないんですよ.
何か違いがあるのか・・・


サンゴは特にきれいですよ.
紫外線を浴びて育った連中は体内に蛍光タンパクを合成していて,深夜に青系の光が当たると決まった蛍光色で光ります.

これは本来なら有害になる色の光を,いったん吸収し外向きのエネルギーに変えて捨てるという,防御のしくみなんだとか.
「輝線」「スペクトル」「励起」なんかのワードで検索すると詳しい情報がたくさん出ますよ.
特に天文屋さんの場合は別の世界の話として,結構知っている人が多いはずです.



たとえばこちら.
Ce7_2034あんまりミドリイシが光るって印象なかったんですが,これは当たり個体だったみたいです.

さらに・・・
Ce7_2029昼間は手前のでっかいキノコに隠れて見えない不遇のナガレハナ.
こいつは体調の善し悪しがそのまま輝き具合に現れるので,深夜の観察が結構重要だったりします.


最後はこれ.
Ce7_2027やっぱりキノコかいヽ( )`ε´( )ノ

これでも多分うちで一番良い光り方してる・・・最古参です.
ベテランの味か?w



この他に,ブダイ系ベラの眠り方はびっくりするような特徴があるのですが・・・写真は無理でした.
今後の生地に乞うご期待!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

お気に入り記事があれば是非1ポチを~.
















2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

現在の月齢

お楽しみアンケート

  • 撮影機材
  • アクアスタイル

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ