フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

カテゴリー「Bike」の1件の記事

2016年3月16日 (水)

串本海中公園に行ってきたよ

なんとか繁忙期を乗り越えて、職員旅行で白浜の方に行きました。

お天気もよく絶好のツーリング日和。

Dsc_0304

自分的メインは翌朝の自由行動。
せっかくの南紀なのでと、串本の方まで足を伸ばすことに。

Dsc_0312パッと見た感じは何の変哲もない,いかにも「和歌山の海」と言う感じの海岸.

で,串本と言えば海中公園公園。

Dsc_0313

子供の頃に連れてこられた当時は正直何が楽しいのかさっぱりわかりませんでした(笑)

あれから◯十年、アクアの趣味に目覚め、予備知識をもって赴いた現地は驚きの世界に変身してました。

ここには海中観光船と言って、船底に窓がついた船で海中を観察するツアーがあります。

Dsc_0315

実際に乗ってみるとまさか本州の、しかもこんな近海でこのような光景が見られるとは(汗)

Dsc_0325

Dsc_0364

立派なテーブル状があちこちに.

Dsc_0332

見渡す限りエダミドリイシの野原.

先端の白く見えるところは全部生長点です.

それにしてもものすごい数・・・(汗)

Dsc_0361

被覆状の,たぶんコモンサンゴ.

Dsc_0354

さすが天然,いい肉付きのクマノミ.

そしてコバルトスズメ.

よく見るとあちこちに,アクアショップでおなじみの熱帯性の魚がウヨウヨ潜んでいます.

Dsc_0365
ツノダシ発見.

Dsc_0347出ましたハリセンボン.

Dsc_0348
クロダイか何かの群れ.



見ている感じだと,ミドリイシ群があるところでだいたい推進5m前後.

深いところだと10mは優に超えていて,当然そこまでとどく日光はかなり弱かったです.

そしてあくあさんが言うところの「全体がグラッと動くような水流」もようすがわかりました.

水流ポンプでの再現はまず無理か・・・




続いて管内の水族館の方へ.

こちらはこちらで「水中展望台」と言うのがあって,船と同様に海中散歩が楽しめます.

Dsc_0373

Dsc_0336
驚いたのがその水温.たったの17度!?

逆に言うと,これでもミドリイシはこんなに生い茂ってしまうのですね.

もしかして水槽の温度も冬場はこれくらいで大丈夫なのかも?

Dsc_0342一般のお客さん「うわ,なにこれ気持ち悪い・・・」

心の中で「それもサンゴ,オオトゲトサカっていうそふとこーらるなんだよっ」と言いたくてしょうがない(笑)

Dsc_0345チョウチョウウオとかもう当たり前の世界.

そう言えば昔,この辺に実家の本家があったころ釣ってきたこいつらをばあちゃんがごく普通の味噌汁にしちゃっててびびったことがあったっけ・・・

Dsc_0370中公園で見られる魚たち.
方言での呼び名が結構面白いです.

チョウチョウウオは「たばこいれ」というらしい・・・.

Dsc_0371
こちらは館内にある水槽内のようす.

ここで泳いでるやつはみんな串本の海で見られる種類だそうです.

どっかのアクア水槽と全然変わらないにぎやかさ.

いやぁ,レイアウトの参考になるなぁ.

あと,気になったのが水流.

どう見ても水槽のそれより緩やかなのに,サンゴはみんな健康そのもの.

館内の水槽は目の前の串本の海からそのまま引き込んで使ってるのでしょうから,

なおかつ全体的な明るさは,水槽用照明の方が照度があるような気がします.

水質>水流>照明

って感じなのでしょうか.

なんか認識が変わった気がします.




あとついでに(笑)

Dsc_0384

本州最南端、潮岬の灯台。
普通の人はこっちがメインスポット。

さらに本州最南端で磯釣りをする人々。

Dsc_0383

あと、本州にいる中では,間違いなく最南端のCBR(笑)

Dsc_0385

さて,帰るか・・・

走ってみると紀伊半島って地図上の雰囲気よりもかなり距離が長い気がしました.

ざっと片道約300㎞の旅,もうちょっと暖かくなってからまた行きたいな.


にほんブログ村

 

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

現在の月齢

お楽しみアンケート

  • 撮影機材
  • アクアスタイル

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ