フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

カテゴリー「Astro:流星」の3件の記事

2013年8月15日 (木)

ペルセ群観測行ってきました

ふと最新ウルトラマンのサブキャラの中にものすごーく知ってる気がする顔がΣ( ̄□ ̄;)

・・・が,声が全然違っててほっとしました。
まさかねぇ・・・w

世の中そっくりさんっているもんです


さて,そんな光の巨人つながりというわけでもないですが,ペルセウス流星群の報告です.



月もとうに沈んだ後で極大予報も3時頃と,観測条件は申し分なしの今年のペルセ.
さて,結果は・・・





流星少なっ(汗)

一番流れた頃でHR=50(1時間区切り)なかったのでは?

30分とか10分とかで切ったらもっといった数分はあったけど,そういう数え方はチートっぽくなるので却下.

火球クラスの流星もほとんどなくおとなしいもんでした.

<雑感>

今回出かけたのは奈良県曽爾高原.
以前仕事で行ったときに条件が良さそうだったので決めました.
ええ,出撃のほんの15分前(笑)

20130812223031

針TSRで一休み・・・




到着時の空の様子はこんな↓感じの場所です.

A

アンドロメダ座周辺,画面中段左端にM31銀河がわかります.
ビクセン ポラリエ追尾 EOS7D 15-85mmS F3.5解放 30秒×3枚コンポジット

この画角のすぐ外にはっきりと天の川が肉眼で確認できたくらいなので近畿圏ではかなりのレベルの場所.
ということは,やはり今年は活動がおとなしかったということか?




と思って調べてみました.


おお,HR=40とな(笑)

誤差率2割,ブランクの割には体感センサーは衰えていませんねw




<今回の撮影結果>

やっぱり目を引く流星は少ない・・・
写真に流星が写ってるものをピックアップしてみましたのでどうぞご覧ください

使ったレンズが画角優先で少々暗めと言うことはありますが,例年のペルセだったらもうちょっとはっきりしたものも写っていたので今年は全体的に暗かったみたいです.

その中でのベストはこれかな?

Ce7_2180
200枚近く撮って「いかにも」のものはこれ一枚です.
打率低すぎw



20130813045947

そして夜明けのデイリーストアw







<思うことも・・・>

今回の曽爾高原,空の状態は非常によかったのですが場所選びに失敗したなと感じました.

もうね,ほかに来てる人たちのマナーが悪いことったらなかったです.
人の顔狙ってライト照らすは,車のヘッドライトが明かり代わりよそで語ってる天文ファンの陰口をぶつぶつ言う「自称:普通の人」がいたり・・・

特殊なルールとかマナー関係なしに,人としてどうなんでしょうねそう言うの.
せっかくの星空で何とも嫌な思いをしながらの観測となりました.

ああ,あと平地で36度超えていたのでとタカをくくって行ってみたら標高700mそこそこの気温が18度でした(寒)
あやうくお星様の世界に逝ってしまうところでした.

これは完璧に自分の失敗.
夏山で遭難者が出るのも納得の気温差はんぱねぇっす.



最後に,そろそろレンズ買いません?的な・・・

今年みたいに低調なときの撮影結果ががっかりすぎるので,もうちょっと良い広角系レンズがいるかな~なんて.
学生の時からどういうわけか望遠側にレンズ構成がめちゃくちゃ偏っていて,広角側は15mmからの標準ズームしかないのです.

これがそこそこ画質が良いと定評ながらやっぱり「それなりクラス」のものなので,星みたいな点光源を画面周辺にとらえるジャンルではF5.6以上に絞らないと厳しい.
そこにコンマ何秒が勝負の流星撮影となると実用値でF3.5程度はないと歯が立ちません.

そこそこ値が張っても解放から画質安定の一本はほしいところです.
やはりとうとう赤帯しかないのか・・・



どんだけ良いレンズでも撮影中にヘッドライト直撃じゃ意味ありませんけどね~.




観測地探そう・・・
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

2013年8月12日 (月)

ペルセ群出撃待機中

星降る夜にこんばんは。
今夜はペルセウス座流星群の極大日です。

見るだけならすでに1週間ほど前から徐々に数が増え始めていて、今夜の3時ころが予測上のピークとなっています。

そんなわけで、観測機材を整えながら自宅で待機中~。



問題は観測地です。
ここ南大阪は近隣のポイントだとどこに行っても一番肝心な「北東の空」に大阪市街の光が入るので、あまり条件は良くないのです。
普段の星見くらいなら良いスポットもそれなりなんですけどねぇ・・・

和歌山だと大阪から離れる分だけ光害の影響はなくなりますが、逆に県境の山地が視野的に非常に邪魔(汗)
かと言って南へ下るとそれこそ今度は和歌山市街が控えています。

ここは奈良か、はたまた三重か・・・うーむ。



東京にいたころはこういう時何にも考えずに「富士行っとけ!」で片付いていたんですが。
思えばいい環境でした。



今夜は晴れそうですが夜間の熱中症にご用心。

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

2013年8月 1日 (木)

夏の流星群にむけて

こんにちは.
とうとう8月に突入,年に一度の流星強化月間です.


とりあえずこんなものとか見ながら引きこもってモチベーションを上げるべく・・・
そこ,ツッコミは無しですよ?w




ともかくメインはペルセウス群,今年は個人研修の休暇願を出して自分を追い込んでしまったんで手抜きはできません(笑)

今年の極大予想は13日の明け方3時頃,月齢は5.2~6.2で好条件です.

あとは観測場所をどうするか・・・


今年は新兵器があるので機材は軽くできそうです.
先の金環日食の直後にセールで購入したっきり機会がなくてデスストック化していたのですが,今回初投入したいと思います.


今まで機材がでかくて出撃が億劫になってきていたところに良い物を出してくたもんです.
まるでモノグサ太郎な私の心を読んでいるかのピンポイント機器(笑)

近々にテスト撮影してみるので,報告は後日.



↓関連情報はこちらが詳しいです.
Astroarts_banner




にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村
ようやく手がつき出した星ネタ記事の未来へ1ポチ!w

 

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

現在の月齢

お楽しみアンケート

  • 撮影機材
  • アクアスタイル

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ