フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

カテゴリー「Aqua:水質・システム」の52件の記事

2015年5月 3日 (日)

水温コントローラー導入&照明の配置換え

GWの天王山初日,皆さんいかがお過ごしでしょうか.

こんにちはぐ~,えぴ兄です(ぇ




先日ヤ○オクで購入したゼンスイのクーラーがとんでもない温度を表示している件で,修理に出すよりこっちの方があとあと便利かと考えてこんなん買ってみました.

こいつで直接クーラーの電源をON・OFFします.

Ce7_0276

レイシー サーモコントローラー TC-101

これひとつでクーラーとヒーターの両方が一括して制御可能.

ヒーターは最大で1200Wまで,クーラーの場合は初動電力が大きいためか400Wクラスまでになっていて,ヒーター用とクーラー用の二本のコンセントがはえてます.

当然ですが温度センサーは別体で直接水槽の中に固定する方式.

制御温度は±0.5度で,一般的な普及クラスのクーラーより水温の振れ幅が狭い仕様です.

設定範囲は0~50度.



需要があまりないのか取り扱っているショップもまばらで,最安値だったアクアクラフトさんで発注しました.

19800円也.

・・・これでもよそより数千円は安かったのですよ(´・ω・`)

ヒーターサーモの機能もあることを考えればお得感はありますが,逆に言うとそれだけなのでアクア用品の高価さ加減がよく分かります.

もうひとつ高出力向けのTC-201と言うのもあったけど,こっちは200Vの特殊コンセントなのでパス.



こいつにクーラー本体をぶら下げて,本体の設定温度を最低温にします.

あとはTC-101側で設定した温度になった時点でクーラー本体が電源ごとOFFになるという寸法です.

※通電したとき勝手にOFFになる仕様のクーラーでは使えません.



ちなみにネットで調べてみると

ゼンスイのクーラーは温度表示がおかしくなりやすい

と言うか,そう言うトラブル事例はほとんどがゼンスイ・・・

冷却能力とは関係なく,表示温度が50度をオーバーして戻らず,もちろん「本来の水温+○度」みたいな規則性のある誤表示でもないので自前で調整(ただし調整できるのは±5度以内)してもあまり意味はありません.
内臓のセンサーそのものが逝ってしまうようです.

保障期間外でこうなったら厄介,新規のクーラー選びの際はお気を付けください.

保証期間内でもこんだけの重量物を配管バラしてメーカーとやり取りするだけでも相当厄介ですが.

メンテナンスサービスとかその間の代替機貸し出しがあるのは魅力的なんですけどねぇ.





それから話は変わって.

照明の配置をいじりました.

早朝と夕方に一部消灯するようタイマーをセットしてあるのだけど,どうもその時間帯の見栄えが気に入らないのであちこち動かしてこうなりました.

調整前

Ce7_0147
なーんか均質感がないのと,浅場より深場の方が明るい・・・

早朝/夕方

Ce7_0270

Ce7_0268

明るさは1灯分落として両サイドに大きく離しました.

いい感じです.



日中はこんな感じ.

壁の明るさで大体の露出を合わせてあります.

Ce7_0285
目が慣れると全然そうは感じないけど,見た目の印象より案外明るいんですね.






んで,ここでトラブル発生

バイタルウェーブのSUNが点灯しなくなってるぞ!

どうも気が付かないうちに壊れてた模様,深場が一灯足りません・・・orz

およそ1年くらいかな?雑な扱いをしていた割にはよく働いてくれました.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2015年4月 5日 (日)

新水槽,だんだん落ち着いてきたみたい

早いもので,もう4月に突入してしまいました.

仕事柄めちゃくちゃ忙しくてのんびりアクアやってる時間がなかなかありません(/_;)




それはそれとして,立ち上げから4ヶ月が経過した新水槽.

Ce7_0255
先日崩落事故があったので,浅場エリアがだいぶ模様替えされました(笑)

状況的にはあの危機的状態から抜け出したのか,大きな変化が見られなくなった感じ.

どういうわけか一度すごい量のピンクスライムがわいてきましたが(汗)

ほんとにスライム,ねばねばブヨブヨ,あとヘドロ臭い・・・

数日スポイトでバトルしてました.



そんな中でも意外と平気な顔してるのがこの子.

Ce7_0246

餌付け難易度が結構高い種類なのですが,キョーリンの乾燥ブラインに魚用アミノ酸をひたしたものをばらまくとよく食べます.

冷凍ブラインとかあ活けブラインとか冷凍あさりとか,メジャーな餌付け法はしなくても餌付いてしまいました.

餌付け難種に挑戦する人はやってみるといいかも.

そろそろオンシーズンになる,今年のスミレヤッコはこれでやってみるつもりです.

もともとが魚釣りの餌に混ぜて撒き餌にするためのものを改良した商品だそうなので,集魚効果が高いのでしょうね.



一時期あんなに調子が悪かった他のチョウもこんな感じ.

Ce7_0250

ここ一週間ほど新参のハタタテダイが白点で悩んでいましたが,餌だけは食うのでとにかく栄養をとらせていたら昨日くらいから白点が減ってきました.

このまま自然治癒でいけるといいんですが.



そうそう,こんな感じで最近餌にアミノ酸を混ぜるようになったせいで魚の肉付きが非常によろしくなっています.

もともと餌食いがいい種類などは私がそばを通るだけで

「餌くれ~」

って感じで寄って来たりしてなかなかかわいい.(笑)

そんな環境で育つともともとバカ食い傾向のヤツなんかはこうなりました.

Ce7_0249
もはやハギじゃねぇ(笑)






サンゴはねぇ,まだちょっとわかんないっす.

Ce7_0259

水流の位置を変えてレイアウトを見直したばかりなのと,白化祭りでだいぶカチ割って小分けにしてまだ日が浅いので.

足元からの白化だったので気になるものはすべて水中ボンドで基部をコーティングしてみました.

Ce7_0258
うちみたいに苔が生えやすい環境だと,苔の予防のほか苔の密生による水流低下に乗じて感染する病原菌の対策になるとのことです.

Ce7_0256
直置きするより位置が高くなるので,足回りに水流が回りやすくなります.

Ce7_0257
もうね,トゲサンゴに藻が絡まって絡まって(´・ω・`)



これだけ派手にボンドで固めたことはかつて無かったので,効果が出てくれることを祈るばかりです.

作業はバケツに海水を張って,その中でやりました.

水槽でダイレクトでやると,ボンドの屑が水中を舞って魚にヤバそうな気もします.




「忙」って「心」が「亡」くなるって書くんだよ・・・
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

 

2015年3月16日 (月)

ひゃっはー,ネワウェーブ壊れましたorz それとリン酸値.

「ニューウェーブ」じゃなくて「ネワウェーブ」が正しい名前なんですよ,なんてことは置いといてw



NWA1000Sが壊れました.

下の写真の中央にいるやつが今回の犠牲者です.

Ce7_0147

ええ,そりゃもう首から豪快にぽきっと・・・

それも気軽に方向を調節しようとしたところでさもあっけなく(汗)


これで3個めなんだな.

どれも同じ壊れ方,1000S壊れ過ぎorz

1000Sは構造的に首元が文字通りのネック,設置してからの方向調節で首の付け根に負荷がかかりやすいです.

ネワウェーブの中で唯一,流量の調節ができるモデルで好きなんですが残念です.

と言うことで,2000Sを買いにアクアパートナーさんに雨の中バイクで急行.

生体コーナーに立ち寄りもせずにすぐ帰ったので,スタッフさんにはちょっと申し訳なかったかも・・・(´・ω・`)




2000Sは首元の構造が全く違っていて,1000Sみたいにあっけなく壊れることはなさそうに思えます.

水流はコラリアの3200と良い勝負でノイズも同等くらい,反対に1000Sだけが異質なのかも.

ポンプとしての純粋な性能はかなり良いんです.

最近はポンプ自身が造波装置の能力を持ってるのが増えてきてあんまり注目されませんが,水流は太いし力強いしほんとにオススメな性能を持ってます.

今のところウェーブコントローラーで間欠運転しても特に気になる動作や異音はありません.

1000Sの時は1日経たずにがっちょんがっちょん異音がなりだして,明らかに間欠運転に向いてない感じでした.

あとは長期使用でどうなるかですね.

※コラリアも900~1600とそれより上位のモデルとでは堅牢性もメンテ性も全然違います.



あと,なんでかわからないけど安定しなくて困っていたリン酸塩.

ようやくミドリイシ水槽の常識レベルで落ちつきました.

Ce7_0148

なんでだろ,バクテリアの安定に時間がかかってた?

亡くなった生き物で目についたものはなるべく早く取り出すようにしていたので,そういうことが原因でないのは確かなのですが結局わからずじまい.

なんにせよほっとしました.

それから,アクアギフトさんでなんか変なサンゴがお安く出ていたのでつい購入してしまったんです.

Ce7_0154

なんかちょっと形がエロいぞ(笑)

種類がよく分かりませんが,ハマサンゴかコモンサンゴのどっちか系でしょうか.

少なくともミドリイシじゃなさそう.

いきなり照明直下は怖いので,恐る恐る底の方で様子見から始めてます.



水槽の引っ越しはようやく峠を越えたみたいなので,ここからはゆっくり生体選びを楽しめそうです.

Ce7_0149

水質が落ちついたのも一因か,久しぶりにブルドーザー君を見ました.

旧水槽からの引っ越し組のなかで唯一消息がわからなかった子です.





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

続きを読む "ひゃっはー,ネワウェーブ壊れましたorz それとリン酸値." »

2015年2月11日 (水)

殺菌灯装備

立ち上げからおよそ2か月,水質は安定してきたようです.

なぜかミドリイシとチョウチョウウオ系が安定しません.



サンゴ全般的には良いのですが,ミドリイシの白化がじわじわと・・・

ポリプは開いてるんですがどうも調子が揚がりません.

Ce7_0104

Ce7_0099

Ce7_0105

細菌感染の線も疑って,先日からヨウ素の添加量を増やしました.

あと,実家から取り寄せたこいつも装着.

Ce7_0108

以前使っていた時はそれほど効果が出てるような気はしませんでしたが,こういう目に見える現象が起きているとなれば多少は・・・



魚の方はと言いますと.

Ce7_0095

Ce7_0097※白い点々は水槽麺に沸いたコペポーダです.

ご覧の通り白点センサーのヒレナガハギなどはピンピンしています.

PS VitaをやめてEOS7で撮影すると肌のぬめっと感がすごい.

Ce7_0101

入るところを間違えているカクレクマノミとか.




でもチョウチョウウオが荒れ模様でして.

一昨日とうとうセグロチョウを落としてしまいました.

見たところ白点がわくでもなく,目立った疾病症状は見られずで頭を抱えています.

水質も問題ないんですよねぇ・・・






道のりは長いか短いか.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

続きを読む "殺菌灯装備" »

2015年1月11日 (日)

環境再建~水槽の引っ越しその後

・・・・・・と言うわけで.

新年が明けてから早くも2週間がたとうとしています.

年末から毎日毎日ちまちまちまちま引っ越し作業の末,水槽環境はなんとかかたちになってきましたのでご報告.

20150101114313

水槽全景.

せっかく横幅が90cmもあるので左半分を浅場環境,右半分を深場環境にして照明の波長で生物たちの棲み分けを狙ってみました.

20150101114410

もくろみ通りと言うか予想通りと言うか,エビたちはみんな左半分の浅場環境の方に集中して巣窟をつくっているようです.

20150101114423
ショウガ系はやはり特等席で飼いたいなと.

お約束通りにセンジュイソギンは岩組の中で一番明るくて水流の強いところに定着しました.

逆に,右半分の深場の方にはあまり魚たちは特定種以外はほとんど居つかずテレビでよく見るソフトコーラルとLPSの楽園みたいになりました.

20141221203639

20150101114334
LTってあんまり明るすぎないところの方がよく開く気がします.

波長のせいなのか,サンゴの種類に惹かれたのかはわかりません.

もしかして海水魚全体の中ではLPSって嫌われてる・・・?(笑)

とにかく遊泳系の魚たちの縄張りがぱっくりと浅場に偏っているのです.

不思議.不思議.



まだ構築途上なのでちょいちょいレイアウトは変わると思いますが,基本路線はこれで行こうかと思っています.







ところで海水のパラメーター.

亜硝酸が落ちついて硝酸塩もだいぶ減ったところで久しぶりにリン酸塩を測ってみました.

なんと怒涛の2.50ppm(over)

立ち上げ中の水槽ってこういうものなの???

旧環境では立ち上げ時代はほとんど水質試験をしなかったので目安がわかりません(汗)

ただこれまた不思議なことに,サンゴたちにはあまりダメージになっていないのかすべての種においてポリプはフサフサ出ています.

20150101114344

水質に結構うるさいイメージだったソーセージ(ハナガサ)も,ほぼタタリ神.

20150101114349

トサカ類もしなびた感じにはなっていないようです.




ただし,やはり良い事ばかりとも限りません.

今度の引っ越しで,あれだけ壮健だったボノチヨウさんをはじめ何匹かうちの名物魚が他界.

水槽内の魚は半分くらいが入れ替わってしまい,非常に寂しいです.

この時期の水槽引っ越しは極力やりたくないなと思いました.

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年12月23日 (火)

新水槽立ち上げの進捗

「この冬最強の寒波」って言ってたけど,本当だろうな???

・・・「最強」ってからにはこれ以上のは来ないんだろうな???(死活問題

どうもこんばんは,えぴ兄です.(-ω-)/



先日の大寒波.

まともに引っ越し早々の新部屋で遭遇し,寝具も中途半端だったので危うく凍死しかけました(汗)

寒波って直接冷風が吹きすさぶので実気温よりも体感温度がかなり低まるんで嫌いなのですよ.

人間様よりむしろ水槽の中の方が快適だったんじゃないかと言う・・・(ぉぃ




それはさておき,進捗です.

前回は本体が到着するまでにやれることだけで終わりましたが

毎日毎日他人が見てたらイライラするほどちまちまちまちま

と用品を搬入して結構進みましたよ.

それではその中身です.



まずは先々週の週末



朝っぱらから続々と大物が運び込まれまして・・・てーか,どこで作業するんだ(汗)

20141214125607

さっそく土台を組み上げました.

この辺りは何の変哲もない工作みたいなものです.

20141214134005

予定の位置に安置.

対比物がないせいか,想像していたよりだいぶ小さく見えますが90cm用.



一度注水したら絶対に移動できないので壁からの距離など,以前はやるわけもなかった作業を着実に抑えていきます.

20141214135130

以前の反省からクーラーの排気とか周辺機材を外掛けにする可能性も考慮して,だいたいこれくらいは距離をとってみました.

結構たっぷりです.



今度は水槽に移行.

開梱するとき台にぶつけてメジャーまで出して測った意味はまったくNOTHING(ぇ

20141214135255

注水さえしなければ後から調整でも大丈夫と言い聞かせて無理やり台に載せます.

とにかく作業スペースがなさすぎるので早く床を空けたいなと.

そしてこの水槽,持ち上げるとなるとアクリルといえど結構重い・・・(汗)

20141214135637

20141214135650

とは言ってもちょっと何かが当たるとまたすぐ位置がずれるので慎重に・・・

20141214151130

水漏れ確認がてらに注水開始.

一気にこの変からコード類がグチャグチャデスw




そのまま水槽内で直接人工海水をぶちまけて攪拌,ライブサンドとか入れるとえらいことになりました.

20141214203346

生体がいないのでうちで使ってなかった7wのRedioで雰囲気だけ楽しみます.







さらにその次の週末



で,だいたい1週間くらいかけてちまちまと生態を投入.

今回は生態系の底辺生物から,地球に出てきた順番に入れてみました.

20141215180421
と言うことで,脊椎生物より先にいきなりサンゴが入っちゃってます.

効果あるのやらどうやら・・・

SPSは怖くてできませんので頑強で知られるオオトゲキクメイシと一部のソフトコーラルのみです.



LPSと言えどもポンプ類は以前の60cmで使ってたやつではまったく歯が立たないので新規で購入しました.




これで異変がなければ順次導入を進めていきます.









さらに1週間後・・・

20141220191234

比較的調子の良かったSPSを数個体入れてみました.

ライブロックは元の水槽の量だととてもじゃないけど足りません.

毎度おなじみ「AQUASTYLE YOU」さんで追加購入してやっとこんなくらい.




当然のように

ドキッ!イソギン(正体がわからない)だらけのライブロック!

20141221203718

で固めて万全です.(何が?

基本に戻ってのクマノミ大喜び贅沢仕様.

・・・あ,まだ在庫はいっぱいありましたよ?w

20141221203705

こんなのも連れてきてみました.

3日くらい過ぎましたが特に問題はなさそうな・・・

20141221203725

水質に結構やかましいこいつらがふっくらしているのできっと大丈夫・・・だよね???

20141221203551
さて,今週のウィークデーに実家と行き来して進められた結果がだいたいこんなもんです.

なんか,まだまだ上に延ばせそうな雰囲気でつくづくレイアウトの才がないなと思いました(汗)

20141216222837

最初に連れてきた魚は旧ちょい深場水槽ですっかり隅っこに追いやられていたセジロファミリーとこいつ.

20141214214225

なぜ砂地にいつくかな・・・(汗)

当人(?)がいいならいいのですけど.










明日はいよいよ,主役級の魚がいくらか増える予定です.

いい機会なのでなるべくパワーバランスで下級になっていた種からにして,けったいなことになっていた力のピラミッドを再構築しようと思っています.

不自然なくらいに最強ランクにのし上がってしまっていたヒレナガハギは一番最後の方向で.

順番ではチョウチョウウオ類とクリーナー生物が先でしょうかね.



あとは実家のSPSを移し次第,照明器具を持ってこないとですね.

いまRedio122とRedio73とさっきの7wだけで先に引っ越したSPSをかなり頑張ってるので長期戦は厳しいです.

そう言えばずっと活躍の場がなく押入れの肥しになっていたZENSUIの「2LINE」のLEDが,大型水槽中央についてる橋渡しパーツ(フランジ?)の真上への設置でなかなかいい感じです.

意外と照射角が広いんですね.

 ※そこに設置したせいで半分くらい小物置き場になってますが(ぉぃ




ひとまず今日はここまでなのですが.

遊泳魚のいない海水水槽ってなんか違和感ありまくり(汗)

はよ魚連れてこよう・・・(´・ω・`)






新規立ち上げより数段手間がかかってる気がする・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年12月 7日 (日)

水槽すっきり苔掃除とその後

このところすっかりサボっていたので,水槽の表面の石灰藻の緑版みたいな苔で写真が見苦しい・・・

と言うわけで,思い切ってごっそり行っちゃいました.

20141207083810

まずは浅場水槽.

さらにちょい深場水槽の方も.

20141207083931
今日のお化けLTはやや小さめです(笑)




これと並行して,猛烈な勢いを誇っていたヒゲ苔の方がタツナミ戦闘隊の奮戦により沈静化.

苔まみれの中で見えなくなっていたサンゴの足元がさらされてみるとすごいことに.

20141207084133
例のイソギンチャクライブロック,まだまだイソギンチャクが出てきました(笑)

20141207083944

ライブロックの陰でいつの間にか巨大化していた謎の物体・・・

20141207035442
土台にがっちり活着したミドリイシ.

20141207083818

今回のミッションコケバスターで一番役立たずだったヒレナガハギは,たまに表に出てくると他のみんなに「対ニザダイシフト」を敷かれ,冷たい視線の集中砲火を浴びています.

苔が減って視界が開けたことも一因でしょうね.

個々に潜んでいた魚たちの連携が強まった模様w





20141207084028
そして珍しいシマヤッコとチェルモンの正面2ショット.

餌付く気配は全然なくて,もっぱら傷んだLPSの共肉をつついて生活しています.

健康なサンゴに手を出さないのは習性なのかも?







どうやらハタタテダイは3匹以上いないとおどおどしてダメらしい
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年8月16日 (土)

苔たちとの戦況

なんせ特別水質に何かあると思っていなかったうちの両水槽,ここ急激にひどい苔と交戦が始まりまったわけですが.

とうとうついには「ちょい深場」にシアノまで湧き出しました(汗)



思い返すと苔パラダイスでひゃっはーのはずのヤエヤマギンポやエビたちが突然亡くなった原因を,ただの酸欠だと読み違えたことで事態が悪化させたのかも知れません.

20140816134821

こいつら↑がいつもこんな調子なので異変に気づくのが遅れたというのもありますが・・・


これとか

20140816134933

これとか

20140816135131
一度全白化したスゲミドリイシも

20140816135151

むしろポリプぼさぼさで調子が良いくらい,確実に復活を続けている最中なのです.

苔の大発生とサンゴの好調が両立しているという不可解な事態・・・

何が起きてるのかと考えあぐねておりました.



そしてある日気が付いたらシアノが爆殖

どうやらこれの前兆現象だったような気が.

草食性の動物だけが死んでいったことから,おそらく毒性「あり」のシアノかと思われます.


【特徴】問題の毒シアノ

・一見ふつうの苔のような色で,見た目も「ひげ状の苔」の塊に近い.

・ところどころ光合成で出た気体がたまるのか,直径5mm前後の泡状の部分が不規則にみられる.

・・・辺りが出たら警戒しましょう,これシアノだそうです.(´・ω・`)

んで,実際に「シアノがわいた」と思った赤いあれは無毒性だったと言う・・・



写真撮る暇もなく朝から吸引清掃

正真正銘の「ひげ状の苔」だけが残りました.

水質上はそこまで困る数値でもない.

いやいや,冷静に考えるとBPリアクターが付いててこの数値は・・・



とか考えている中,「おさすい」で気になる話題が出てきました.

はっはっは,これって他人事じゃなかったのですね(汗)

実はうちもフォスボール・・・orz


そして

餌をやる⇒水が汚れる⇒スキマーが機能不全⇒栄養塩たまる⇒苔ふえる⇒また餌をやる⇒水が汚れる⇒スキマーが機能不全⇒栄養塩たまる⇒苔もっと沸く⇒水流が滞る⇒よどみ発生⇒苔食動物死ぬ⇒水がもっと汚れる⇒緑のシアノがわく⇒苔食動物もっと死ぬ⇒水がもっと汚れる⇒とうとう赤いシアノが出る現在この辺

魔のスパイラル状態です.

発見が遅れたのはうちは吸着剤もいろいろあるので,初期のスキマー不全を吸着剤でギリギリ乗り切っちゃってたからでしょう.



怪しいと思って「フォスボール」「スキマー」でググったら結構お困りの方がいらっしゃるようで.

「最近どうも硝酸塩もリン酸塩も一定以下に下がらないなぁ.」

「うちは魚が多いからこんなもんか?」

「色揚げを狙ってはいないからそこまで数値に気を張ることもないか.」

こうやって知らず知らずのうちに水質に言い訳していたのかも知れません.



一つの事故の陰にはいくつもの小さな要因が下積みされていると言う,何とかの法則そのものじゃないか(汗)

たぶんこれで言ううちの「事故」ってのがシアノの爆殖だったのでしょう.



ぞっとするのでさっそく別のBPメディアをポチることにします・・・





んー,本当にメーカーの人たちは気づいてないのかな???
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年8月11日 (月)

最強生物兵器投入

最近すっかりヤッコの餌付けにかまけてまして,気が付くとこんな具合に

20140811095658

20140811155201

20140811155213s

苔にまみれて腐海の森.( ゚Д゚)

バンバン餌やってたもんだから,これはひどい.

スイッチが入るとシャレにならない勢いで増えますねこれ(汗)

ネッタイ親分ににらまれてしまった・・・orz



そこで究極の生物兵器を取り寄せてみたのです..

20140811155137

究極の苔取マシーン,タツナミガイ先生です.

見た目はかなりアレですけど,仕事っぷりは知ったか10匹分は軽く超えます.

シアノも食べちゃう優れもの.

欠点は見た目がグロイところでしょうか.

ぶっちゃっけていうと握りこぶし大のアメフラシ

とか言ってるうちに500円玉くらいの面積がまっさらに(汗)

20140811155434

もうそこら中なめまわすように作業中.

このままソフトコーラルとか食い散らかされそうな勢いです.

どうやらそういう食性はないらしい





ただよく考えたら,このサイズの軟体動物.

もしも万が一落ちたときは被害も10倍・・・・・・余計なことは考えないでおきましょう(汗)







ちなみにこいつっもいぢめると紫の汁が出るそうです.

いろいろ早まったか?(ぉぃ





そう言えば小さい頃,アメフラシとウミウシは仲間だと思ってました.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年7月27日 (日)

サブフィルターから濾材を抜いた

ついこの前掃除したばかりなのに,また最近つまりがひどくなってきた.

もしかしてこれはサブフィルターの方か?

そんなに詰まるほどの濾材はないはずなんだけど・・・



とぼやきながら,ポンプを止めて2本あるサブフィルターのうちの1番を開けてみました.









※お食事中の方はこのままブラウザを閉じましょうw
















濾材は入れずにただ通水していただけなんですが,どうもエーハイムフィルターに標準でついてくる濾材ベースに汚れがまとわりついていたようです.

20140727071755

しかも,何の卵かわからない謎の物体謎の生物がわんさか・・・

極め付けにゴカイのコロニーとか初めて見てしまった・・・

20140727071801残った汚水もほとんど下水のドブ・・・

20140727072857

バケツにあけるとヘドロとバクテリアコロニーの墓場みたいです.





と言うわけで,この濾材ベースも取り外し,サブフィルターは「ただの筒」として水量を稼ぐためだけに回すことにしました.

これで名実ともに総水量120Lの60㎝水槽…(笑)







サブフィルターを空にしたらポンプの水流が滝のような勢いになったよ・・・
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

現在の月齢

お楽しみアンケート

  • 撮影機材
  • アクアスタイル

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ