フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

カテゴリー「Aqua:クマノミ」の12件の記事

2016年3月16日 (水)

串本海中公園に行ってきたよ

なんとか繁忙期を乗り越えて、職員旅行で白浜の方に行きました。

お天気もよく絶好のツーリング日和。

Dsc_0304

自分的メインは翌朝の自由行動。
せっかくの南紀なのでと、串本の方まで足を伸ばすことに。

Dsc_0312パッと見た感じは何の変哲もない,いかにも「和歌山の海」と言う感じの海岸.

で,串本と言えば海中公園公園。

Dsc_0313

子供の頃に連れてこられた当時は正直何が楽しいのかさっぱりわかりませんでした(笑)

あれから◯十年、アクアの趣味に目覚め、予備知識をもって赴いた現地は驚きの世界に変身してました。

ここには海中観光船と言って、船底に窓がついた船で海中を観察するツアーがあります。

Dsc_0315

実際に乗ってみるとまさか本州の、しかもこんな近海でこのような光景が見られるとは(汗)

Dsc_0325

Dsc_0364

立派なテーブル状があちこちに.

Dsc_0332

見渡す限りエダミドリイシの野原.

先端の白く見えるところは全部生長点です.

それにしてもものすごい数・・・(汗)

Dsc_0361

被覆状の,たぶんコモンサンゴ.

Dsc_0354

さすが天然,いい肉付きのクマノミ.

そしてコバルトスズメ.

よく見るとあちこちに,アクアショップでおなじみの熱帯性の魚がウヨウヨ潜んでいます.

Dsc_0365
ツノダシ発見.

Dsc_0347出ましたハリセンボン.

Dsc_0348
クロダイか何かの群れ.



見ている感じだと,ミドリイシ群があるところでだいたい推進5m前後.

深いところだと10mは優に超えていて,当然そこまでとどく日光はかなり弱かったです.

そしてあくあさんが言うところの「全体がグラッと動くような水流」もようすがわかりました.

水流ポンプでの再現はまず無理か・・・




続いて管内の水族館の方へ.

こちらはこちらで「水中展望台」と言うのがあって,船と同様に海中散歩が楽しめます.

Dsc_0373

Dsc_0336
驚いたのがその水温.たったの17度!?

逆に言うと,これでもミドリイシはこんなに生い茂ってしまうのですね.

もしかして水槽の温度も冬場はこれくらいで大丈夫なのかも?

Dsc_0342一般のお客さん「うわ,なにこれ気持ち悪い・・・」

心の中で「それもサンゴ,オオトゲトサカっていうそふとこーらるなんだよっ」と言いたくてしょうがない(笑)

Dsc_0345チョウチョウウオとかもう当たり前の世界.

そう言えば昔,この辺に実家の本家があったころ釣ってきたこいつらをばあちゃんがごく普通の味噌汁にしちゃっててびびったことがあったっけ・・・

Dsc_0370中公園で見られる魚たち.
方言での呼び名が結構面白いです.

チョウチョウウオは「たばこいれ」というらしい・・・.

Dsc_0371
こちらは館内にある水槽内のようす.

ここで泳いでるやつはみんな串本の海で見られる種類だそうです.

どっかのアクア水槽と全然変わらないにぎやかさ.

いやぁ,レイアウトの参考になるなぁ.

あと,気になったのが水流.

どう見ても水槽のそれより緩やかなのに,サンゴはみんな健康そのもの.

館内の水槽は目の前の串本の海からそのまま引き込んで使ってるのでしょうから,

なおかつ全体的な明るさは,水槽用照明の方が照度があるような気がします.

水質>水流>照明

って感じなのでしょうか.

なんか認識が変わった気がします.




あとついでに(笑)

Dsc_0384

本州最南端、潮岬の灯台。
普通の人はこっちがメインスポット。

さらに本州最南端で磯釣りをする人々。

Dsc_0383

あと、本州にいる中では,間違いなく最南端のCBR(笑)

Dsc_0385

さて,帰るか・・・

走ってみると紀伊半島って地図上の雰囲気よりもかなり距離が長い気がしました.

ざっと片道約300㎞の旅,もうちょっと暖かくなってからまた行きたいな.


にほんブログ村

 

2015年8月23日 (日)

しまった!~ショウガがイソギンと接触⇒一部白化

昔の人は言いました.

「暑さ寒さも彼岸まで.」

「暑さ寒さも彼岸まで」

「暑さ寒さも彼岸まで」

「暑さ寒さも彼岸まで」

「暑さ寒さも彼岸まで」





Dsc_0140s

ふ~ざ~け~る~な~

どう見ても子ども時代の真夏の室外の気温ですが・・・(汗)

これでも結構風通しを考慮して熱がこもらないようにしてるんですが,これくらいが限度のようです.

Dsc_0142こんな感じで,水槽クーラーからの排気をタワー型扇風機を使って直接玄関のある廊下に吐き出してます.

少なくとも部屋の中に熱風がこもることはありません.

その状態でこれである・・・

Dsc_0140s_2

そりゃエアコンのない家で人が亡くなるわけだ・・・



ところで突然ですが,うちで飼ってるイソギンはと言いますと・・・


ひとつはカクレさんたちが愛してやまないセンジュイソギンチャクク.

Dsc_0139

もうおひとつは,購入したときはもうちょっと大きかった気のする(笑)イボハタゴイソギンチャク.

Dsc_0149s

特にイボハタゴは刺胞毒が強いと有名なので,二つあるタワーのうち深場塔に定着させています.

意外と場所を動かないようです.

なかなか両者とも調子よく維持できているみたいで,このようすだとこのまま長期飼育に移行できるんじゃないかなと思います.




が,しかし.




調子のいいイソギンってのは巨大化するのですよ.

特にミドリイシに合わせて光量豊富な浅場塔が.



そんなわけで,「そろそろ危ないな・・・」と思っていた矢先に事が起きてしまいました.

Dsc_0135s

センジュのゆらゆらが夜通しショウガの足元を洗浄していたらしい・・・(;´Д`)

見事に部分白化してしまっています.

ポリプの先が悪くなったりなどはしていないので,痛手ではないと思いますが.



すでに写真にあるような感じでライブロックでバリケードを作って対処しました.

こいつの性質的にこの岩を乗り越えて迫ってくることはないと思います.



まさかセンジュはそこまで刺胞毒がきつくないと思って油断しちゃったよ.

ショウガの方も,結構きれいに共肉が死ぬもんですね.(汗)

自己修復できるのにどれくらいかかるだろう・・・

ま,まぁ,

うちのはサンゴメインじゃなくて環境再現がメインだし,

自然界ではこの程度の接触なんてよくあることさ.



とか言い訳してみる.





みんなも気をつけようね!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2015年1月11日 (日)

環境再建~水槽の引っ越しその後

・・・・・・と言うわけで.

新年が明けてから早くも2週間がたとうとしています.

年末から毎日毎日ちまちまちまちま引っ越し作業の末,水槽環境はなんとかかたちになってきましたのでご報告.

20150101114313

水槽全景.

せっかく横幅が90cmもあるので左半分を浅場環境,右半分を深場環境にして照明の波長で生物たちの棲み分けを狙ってみました.

20150101114410

もくろみ通りと言うか予想通りと言うか,エビたちはみんな左半分の浅場環境の方に集中して巣窟をつくっているようです.

20150101114423
ショウガ系はやはり特等席で飼いたいなと.

お約束通りにセンジュイソギンは岩組の中で一番明るくて水流の強いところに定着しました.

逆に,右半分の深場の方にはあまり魚たちは特定種以外はほとんど居つかずテレビでよく見るソフトコーラルとLPSの楽園みたいになりました.

20141221203639

20150101114334
LTってあんまり明るすぎないところの方がよく開く気がします.

波長のせいなのか,サンゴの種類に惹かれたのかはわかりません.

もしかして海水魚全体の中ではLPSって嫌われてる・・・?(笑)

とにかく遊泳系の魚たちの縄張りがぱっくりと浅場に偏っているのです.

不思議.不思議.



まだ構築途上なのでちょいちょいレイアウトは変わると思いますが,基本路線はこれで行こうかと思っています.







ところで海水のパラメーター.

亜硝酸が落ちついて硝酸塩もだいぶ減ったところで久しぶりにリン酸塩を測ってみました.

なんと怒涛の2.50ppm(over)

立ち上げ中の水槽ってこういうものなの???

旧環境では立ち上げ時代はほとんど水質試験をしなかったので目安がわかりません(汗)

ただこれまた不思議なことに,サンゴたちにはあまりダメージになっていないのかすべての種においてポリプはフサフサ出ています.

20150101114344

水質に結構うるさいイメージだったソーセージ(ハナガサ)も,ほぼタタリ神.

20150101114349

トサカ類もしなびた感じにはなっていないようです.




ただし,やはり良い事ばかりとも限りません.

今度の引っ越しで,あれだけ壮健だったボノチヨウさんをはじめ何匹かうちの名物魚が他界.

水槽内の魚は半分くらいが入れ替わってしまい,非常に寂しいです.

この時期の水槽引っ越しは極力やりたくないなと思いました.

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年12月23日 (火)

新水槽立ち上げの進捗

「この冬最強の寒波」って言ってたけど,本当だろうな???

・・・「最強」ってからにはこれ以上のは来ないんだろうな???(死活問題

どうもこんばんは,えぴ兄です.(-ω-)/



先日の大寒波.

まともに引っ越し早々の新部屋で遭遇し,寝具も中途半端だったので危うく凍死しかけました(汗)

寒波って直接冷風が吹きすさぶので実気温よりも体感温度がかなり低まるんで嫌いなのですよ.

人間様よりむしろ水槽の中の方が快適だったんじゃないかと言う・・・(ぉぃ




それはさておき,進捗です.

前回は本体が到着するまでにやれることだけで終わりましたが

毎日毎日他人が見てたらイライラするほどちまちまちまちま

と用品を搬入して結構進みましたよ.

それではその中身です.



まずは先々週の週末



朝っぱらから続々と大物が運び込まれまして・・・てーか,どこで作業するんだ(汗)

20141214125607

さっそく土台を組み上げました.

この辺りは何の変哲もない工作みたいなものです.

20141214134005

予定の位置に安置.

対比物がないせいか,想像していたよりだいぶ小さく見えますが90cm用.



一度注水したら絶対に移動できないので壁からの距離など,以前はやるわけもなかった作業を着実に抑えていきます.

20141214135130

以前の反省からクーラーの排気とか周辺機材を外掛けにする可能性も考慮して,だいたいこれくらいは距離をとってみました.

結構たっぷりです.



今度は水槽に移行.

開梱するとき台にぶつけてメジャーまで出して測った意味はまったくNOTHING(ぇ

20141214135255

注水さえしなければ後から調整でも大丈夫と言い聞かせて無理やり台に載せます.

とにかく作業スペースがなさすぎるので早く床を空けたいなと.

そしてこの水槽,持ち上げるとなるとアクリルといえど結構重い・・・(汗)

20141214135637

20141214135650

とは言ってもちょっと何かが当たるとまたすぐ位置がずれるので慎重に・・・

20141214151130

水漏れ確認がてらに注水開始.

一気にこの変からコード類がグチャグチャデスw




そのまま水槽内で直接人工海水をぶちまけて攪拌,ライブサンドとか入れるとえらいことになりました.

20141214203346

生体がいないのでうちで使ってなかった7wのRedioで雰囲気だけ楽しみます.







さらにその次の週末



で,だいたい1週間くらいかけてちまちまと生態を投入.

今回は生態系の底辺生物から,地球に出てきた順番に入れてみました.

20141215180421
と言うことで,脊椎生物より先にいきなりサンゴが入っちゃってます.

効果あるのやらどうやら・・・

SPSは怖くてできませんので頑強で知られるオオトゲキクメイシと一部のソフトコーラルのみです.



LPSと言えどもポンプ類は以前の60cmで使ってたやつではまったく歯が立たないので新規で購入しました.




これで異変がなければ順次導入を進めていきます.









さらに1週間後・・・

20141220191234

比較的調子の良かったSPSを数個体入れてみました.

ライブロックは元の水槽の量だととてもじゃないけど足りません.

毎度おなじみ「AQUASTYLE YOU」さんで追加購入してやっとこんなくらい.




当然のように

ドキッ!イソギン(正体がわからない)だらけのライブロック!

20141221203718

で固めて万全です.(何が?

基本に戻ってのクマノミ大喜び贅沢仕様.

・・・あ,まだ在庫はいっぱいありましたよ?w

20141221203705

こんなのも連れてきてみました.

3日くらい過ぎましたが特に問題はなさそうな・・・

20141221203725

水質に結構やかましいこいつらがふっくらしているのできっと大丈夫・・・だよね???

20141221203551
さて,今週のウィークデーに実家と行き来して進められた結果がだいたいこんなもんです.

なんか,まだまだ上に延ばせそうな雰囲気でつくづくレイアウトの才がないなと思いました(汗)

20141216222837

最初に連れてきた魚は旧ちょい深場水槽ですっかり隅っこに追いやられていたセジロファミリーとこいつ.

20141214214225

なぜ砂地にいつくかな・・・(汗)

当人(?)がいいならいいのですけど.










明日はいよいよ,主役級の魚がいくらか増える予定です.

いい機会なのでなるべくパワーバランスで下級になっていた種からにして,けったいなことになっていた力のピラミッドを再構築しようと思っています.

不自然なくらいに最強ランクにのし上がってしまっていたヒレナガハギは一番最後の方向で.

順番ではチョウチョウウオ類とクリーナー生物が先でしょうかね.



あとは実家のSPSを移し次第,照明器具を持ってこないとですね.

いまRedio122とRedio73とさっきの7wだけで先に引っ越したSPSをかなり頑張ってるので長期戦は厳しいです.

そう言えばずっと活躍の場がなく押入れの肥しになっていたZENSUIの「2LINE」のLEDが,大型水槽中央についてる橋渡しパーツ(フランジ?)の真上への設置でなかなかいい感じです.

意外と照射角が広いんですね.

 ※そこに設置したせいで半分くらい小物置き場になってますが(ぉぃ




ひとまず今日はここまでなのですが.

遊泳魚のいない海水水槽ってなんか違和感ありまくり(汗)

はよ魚連れてこよう・・・(´・ω・`)






新規立ち上げより数段手間がかかってる気がする・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年5月18日 (日)

AQUASTILE YOUさんに買い出し

やっと連休らしい快晴に恵まれた普通(笑)の週末,いかがお過ごしでしょうか.

天気も良かったのでいろいろと買い出しにAQUASTILE YOUさんに行ってきました.



当初は浅場水槽の背景スペースに組み付ける枝状ロックが目当てだったのですが,ついつい惹かれてこんなのも・・・

Ca3i00170001s_2

蛍光ポリプが美しい青紫のスゲミドリイシ.

青紫でもミドリイシ・・・(ぉぃ

早速買ってきたライブロックが役立っています.



あと,これまた「つい」手が出てしまったのですが・・・

20140518151312_2

綺麗でしょう?美形でしょう?

水槽をたたまれるお客さんから引き取った飼いこみ個体だそうで,結構お安かったのですよ.

「これこそカクレ!」と言いたくなる理想的な流線型にスマートな顔立ちとはっきりしたバンド,見ているだけでうっとりしますね.






ただし・・・



20140518151258s_2

超デカです(笑)

たぶん今まで見たことのあるMAXサイズを軽くしのぐ大きさです.

AQUASTILE YOUの旦那さん曰く,本来はまだ大きくなるらしい.

いつもは新参者に必ず意地悪するヒレナガさん&ぼのチヨウさんもたじたじで近寄りません.

本人(デカカクレ)の性格は人慣れもしてていたってソフトなのですが・・・





ご新規と言えばこの前,浅場水槽にこんなのも仲間入りしてました.

20140518151509_3

動きが速くてブレブレ(;´Д`)

キンギョハナダイの・・・

(やっぱり何かあるのかい)











20140518151431s_2

超チビ(笑)

・・・が,さらにもう一匹.

20140518151439

チビデバよりも二回りは小さい激小サイズ.

それでも小さいくせに根性が座ってて,これでもメガバイトのSをつつき倒して自力で食べます.

大きくなるのは早いかも.





20140518151918

だいぶサンゴも魚もにぎやかになってきましたねぇ.

水槽に高さがあるので割とゆったり棲み分けが利いてます.

やはり水槽はハイタイプっすよ.

・・・深くてメンテが面倒ですが(笑)

実は右下のウミアザミがよくマガキ君達に倒されるので困ってます(;;;´Д`)


最後にベストショット.

青みに重厚感が出てきた瑠璃スズメ.

20140518151530

最近特に悪役面がおっかない・・・







瑠璃は性格もおっかない・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

2014年5月 6日 (火)

GW中の水槽そうじとスミレヤッコその後

連休中に磯めぐりでも・・・と思っていましたが,たかだか4連休にしては長すぎる重体に怖気づいて断念.

うちでサンプやろ過装置の掃除をしてました.



例によって汚泥がゲ○状態(笑)



再始動したときに一部汚水が本水槽に流れ込んでちょっと焦りました.

一晩明けて水は透明,あとは2~3日のうちの変な病気に警戒です.




もはやLTが化け物状態,掃除後のちょい深場水槽・・・

最大直径30cm,たぶん図鑑のサイズいっぱいです.

20140506080003

その下は住人たちのセーフティゾーンになってるようです・・・w

20140506082134

テッポウエビの巣の出入り口②もこの下にあります.

おかげでトゲトサカがしなしなです.

ちゃんと弾力もある(弱っていない)のに広がる余裕がありません.




最近シマヤッコさんがよく出歩くようになりました.

人工餌もよく食べます.

20140506080019

そしてかつてのシマさんと同じ立ち回りに入ったスミレたん.

まだ明確には餌付いてません.

しきりに何かつついて食ってるようですが・・・

20140506081022

ヤッコさんどうし,仲は悪くないようです.


そして今回はゴマハギさんとも穏健です・・・w






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

2014年1月19日 (日)

今日も今日とて話題いろいろ~不思議なLTイソギンさんの謎行動

みなさんこんにちは.

年明けペースで疲れが出たのか,この週末はずっとゴロゴロと撮りだめアニメを消化する怠惰な生活をしています.

これ,立派なダメアクア活動ですよね???w>アクア12さん



★それでは,まずは最近のニュースから

昨年「今年は野球に専念したい」と言ってRC封印していた元・中日の投手,山崎さん.

こりゃ引退がかかってる&引退後は好きなだけレースするんだろうなーと思っていたら・・・

前中日・山崎氏がカーレーサー転身

(゚Д゚;)エーッ

まさかの実車レースって(汗)

いや,でも期待しています.頑張ってください.

一昔前は不調でも巨人戦にはなぜかやたら強くて,RC趣味があると聞くまではたいそう嫌いな選手だったのは内緒です(ぉぃ

うちもそろそろサーキット復帰するか?(笑)

P7180303

P8120333

実は昔にタミヤGPにも出てたりしてまして.

血が騒ぐぜ・・・



★今日のちょい深場

何が気に入らないのか,朝からLTさんが巾着袋になってコロコロしてました.

動画はこちら

20140119081030

ころーん

20140119081425

みょいーん

20140119100821

しばらくすると着地.

元いたところから数センチ左に引っ越した模様.

それにしても長い・・・その姿はもはやウミキノコ.(笑)



移動中,ものすごく不安そうに横で眺めていたビラクマさん.

20140119161739

そしていつも通り元の鞘へ収まって一安心.

前にいたLTもこんな事してたから,巾着袋は移動手段なのかも知れません.

見るからに力なくでろーっとして漂ってない限りは放っておいて良いのかも.



★浅場ではチヂミトサカが不調中

575.


光が弱すぎるのか,それともこれくらいじゃ足りないのか,はたまた水質が合わないのか・・・

浅場水槽のチヂミトサカが急に調子を崩してしなしなです.

20140119161829

応急的に最上段にいたのを最下段に移して様子を見ます.

ハナヤサイやサボテンミドリイシはすごい色鮮やかなんですけどね・・・

20140119164627_2

20140119164704

ハナヤサイは買ったとき茶色だったのが毒々しいくらい色素ベットリ系ドピンクに色揚がり,サボテンは揚がりも下がりもせず最近成長点から分岐が始まったくらいの環境.

高KHってソフトコーラルに良くないのか・・・?

と言ってもヌメリトサカもウミアザミも特に異常ないどころか,一度まとめて根っこからザクザク株分けした数本のキノコは成長著しいのに.

どうもチヂミトサカだけは歴代上手に飼えていません・・・


ソフトコーラルと言えば

20140119164745s

と言うわけで,最近イソギン島を圧迫していたキノコをさらに株分けしました.

方法は至って単純.

根元からはさみで切って,適当な岩の隙間に刺しただけ

これで1週間もすると一人でに活着します.

以前は一度取り出してカッターナイフで切って消毒して・・・と,結構気を遣ってやらないと根元から腐ってましたが最近はこれだけで大丈夫.

おそらく水質の安定とか水通しとか,腐る要因がなければ良いんだと思います.



イソギン島のセンジュさんの方は落ち着いたらしく,まったく定位置を動きません.

上からセンジュ,タマイタ,ハタゴと団子三兄弟状態.

日陰のタマイタとか,光量大丈夫か?とも思いますが不思議に定位置なんですよね.

20140119161848

カクレさんが時間ごとに一番開きの良いイソギンを転々と,なかなか贅沢に使っているようです.


そのおかげか,イソギン住まいのカクレさん達だけやたらとツヤツヤですw

キノコアパート組が「庶民」で普通,イソギンマンション組が「ブルジョワ」と言うと伝わります?




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年1月12日 (日)

センジュイソギン,はじめました.

昨日は良いお天気でしたね.

うちも水槽周りに日が差して久しぶりの天然太陽光.

人工照明にないスペクトルがあるのでしょうか,生体の様子がまるで違います.

おかげでコケが爆殖しますが・・・w

こんにちは,えぴ兄です.



★照明と言えばこんなニュースも・・・

対策として諸外国では白熱電球の販売禁止と言う対応もあるそうです.

LED電球への切り替えが停滞

省エネって観点では良いことなんですが,水槽でこれだけLEDを扱ってると違いが目に見えるだけに弊害が気になります.

屋内照明って事は生活の場ほとんどで浴びるのがLED光ってことでしょう・・・?

LED光って太陽光や白熱電球光の「熱放射(全発色の天然光)とは根本的に発光原理が違うから,いくらなんでも完全置換は無理だと思うんですよねぇ.やり過ぎじゃないでしょうか.

人間の目っていわゆる「総天然色」だから特定波長しか出せないLED光って他動物にはない影響もあると思うんですよ.

水槽の揺らぎでもわかるようにコントラストが全然違います.

いわゆるストレス性の疾病なんかの懸念は議論に出てないのかな?

原発みたいに何年も経って後戻りできなくなった頃に「実はこんな問題がありました!」なんてならなきゃ良いけど.(ボソ

いろいろ利権も絡んで正常な議論ができない,と言う人間独特の問題もあるのかも知れません.



さて,重たい話はこれくらいにして,いつものアクアな話題に行きましょう.



★センジュイソギン,はじめました.

「クマノミと相性がよく,ハタゴよりちょっとだけハードルが低い」

と言われているセンジュイソギンチャク,ずーーーーーーーーーっと探していたのですが手頃な大きさでとなると全然.

ご家庭水槽にあり得ない巨大な個体なら,ほぼ常時在庫があるお店は知ってますのでお探しの方はご一報ください(笑)

今回の入手先は「アクアステーションピュア」と言う,埼玉県は志木市のお店です.

見つけたのは15~20cm級の個体で60cm水槽には手頃な大きさのもの.



家人に冷たい目で見送られながら到着後早々に自室で開梱.

通販イソギンってこの瞬間が一番緊張しません?w

いつかの巨大ハタゴ事件みたいなこともありましたし.

輸送状態での直径が10~12cmくらいの説明通りの子が入ってました.



もうこの時点で7割方勝利です(笑)

水合わせ無しイソギンはのんびり水合わせしてるとかえって弱るで袋から出すなりそのままドボン.

20140111191223

触手が長細い種類のせいか,いつも以上にでろんでろん状態.

口からは褐虫藻ほか訳のわからない粘液がいろいろ垂れてます.

※これはヒトで言う車酔いみたいな症状で異常ではありません.

※イソギンチャクは輸送に大変弱いのです.



さっそくそれまで宿無しで流浪していたカクレさん二匹がキュアリングに集結.

入れ替わり立ち替わり,マッサージしたり口にあふれ出したゲ●状の老廃物を掃除します.

20140111190725

20140111191152

20140111192103

量が多くて手こずっていると,見かねてハタゴ在住組も手伝いに参加.

無事に足盤が岩組に定着したのを見届けて,今夜は消灯.



こう言う様子を見てると,やっぱりクマノミとイソギンチャクの共生スタイルって「相利共生」だと思うんですよね.

 

あくまでも「片利共生」だと言う派もあるのですが,排泄の補助とかポリプ食の魚を追い払うとか,動けないイソギンにとって有益なのでは?




★一晩明けました.

夜の間に十分新しい海水を吸い込んで,販売時の表示程度の大きさに復活.

思っていたより白い個体で,側壁はセンジュ独特の赤茶色.

毛足の長い絨毯のようにふわふわです.

※または全力で展開したウミキノコw


ヌメリトサカが広がり放題だった岩組辺りに死サンゴを壁状に組み,高さをとって足場としてみました.

※死んだサンゴも残しておいてちゃんと活用.

こうしておくと光に向かって移動する性質上,わざわざ回り込んでガラス面に定着するってことは少ない・・・・・・はず.

20140112075347

よーく見ると(画面中央下)枝毛があります(笑)



ついでに,動画なんかも用意してみました.
(サムネクリックでニコ動に飛びます)

Smileq4of7kel

どうでしょう?

このふわふわもふもふ感,かなり好みなんですがw

個体自体がそこそこ大きくて収容定員に余裕がある&触手でお互いの姿が見えないためか,予想外にカクレさん達は全員センジュに引っ越してしまいました.(笑)

最近ちょっとお疲れ気味のハタゴさんには良い休息かも知れませんね.



その代わり,これまで我が世の天下をほこっていたヌメリトサカが珍しく防戦に回っています.

20140112115142

気に入らなければイソギンの方から移動するでしょうし,ヌメリトサカの方も一応は粘液毒と言う防衛策は持ってるため抵抗もするでしょう.

センジュの毒もタマイタ並なので大事にはならないと思われます.



これまでトサカが敵なし状態でノビノビとはびこっていたことを考えると,これくらいで拮抗させてても良いかなーなんても思うのですが.

トサカをどけたら間違いなくセンジュが水槽壁面に張り付きます・・・.

※センジュは涙が出るほど壁大好き.

あまりに影響があるようなら,トサカをちょい深場に移す予定です.



そのちょい深場ではクモヒトデが面白そうなことをやってます.

20140112135603

何かのジェスチャー?






久しぶりの科学カテゴリw
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

すっかりイソギン天国.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

続きを読む "センジュイソギン,はじめました." »

2013年12月15日 (日)

たまには生体の回診報告

今日は日曜,天気は晴れ.
寒くて朝から引きこもりのえぴ兄です.おはようございます.

もうちょっとしたらアクア消耗品の荷物が届くので,それを待ってから仕事です.
追跡サービスだと朝の8:30には配達に出てるとのことですが,これまた年末のせいか時間がかかってるようです.



★仕事ちょっとその前に

こういう日こそ一日水槽を眺めて過ごしたいとこですが,この時期そうは行かんものですよねぇ.

最近アクアネタは大がかりなことばっかり続いているので,たまには平穏な観察記録を残しておこうと思います.


回診「浅場水槽」編

こっちはいつの間にかサンゴメインみたいになっちゃってますが,いえいえメインはイソギンチャククマノミです.

20131215094430_3

魚たちは割と丈夫な種類が大半なので,魚でチェックすると言ったら「白点センサー」のヒレナガさんの体表が常.

どうも引っ込み思案らしく,今日も写真は撮らせてくれなかった(T_T)

診断:合格

実は一昨日くらいまで,結構しつこく白点が蔓延していまして一時は「今回はダメかも・・・」と言う思いもよぎったのですが峠を越えたようです.


他も順に見ていきます.

まずは我が家の水質センサー,至る所に仕掛けられたウミキノコ(笑)

20131215095143 

20131215095134 

20131215095148

一次→二次とポリプが開いているので,基本水質はまずまずです.
微量元素が変に枯渇したりすると一次のみだったりつるつるだったり,結構表情に出してくれます.



続いて,先日大きく場所を動かしてストレスが気になるミドリイシ.

20131215095235

移動してから三日経って,これだけ出てたら問題ないですね・・・w
隣の白茶けたスギノキはポリプが再生しかけたところで足踏み中,相変わらずです.



ちょっと変化が出てきたと言えばこちら.

最近こういう姿になってきてようやく正体がわかった,MGさんにおまけでもらった謎のサンゴ.
実はカクオオトゲキクメイシだったようです.

20131215100259

オオバナに似た形,触手の出し方,このサイズで分裂を始めたので間違いないでしょう.
にしても屑ロックにくっついてるせいであちこちコロコロ転がってるような劣悪な状態でよくここまで・・・(/_;)
20131215095034

劣悪と言えば,スミレたんに到着早々つつき倒されて一時完全に禿げ禿げだったカクオオトゲマルチカラー,なんと共肉復活しました.
口だけが残った無残な姿から約2週間,復活が難しいと言われるLPSなのに驚きです.
隣のタラコ唇は気にしないでやってください.

とまぁ,ミドリイシがいる割に結構いい加減な浅場水槽ですが,そんな中でも最も劣悪な水槽コーナー・日陰部分・フィルター吸水口に向かってハゼが巻き上げたゴミが常に流れてくる・しかも魚道になってるひどいポイントでも健気に咲いてるマメスナすげー.

20131215100123

しかも大輪(笑)
某有名サンゴフードのパッケージみたいな見事な咲きっぷり.

「マメスナが飼えない水槽で普通のサンゴは絶対無理」

とはよく言ったもんだと・・・

一方,我が家で最も優遇されているマメスナはこんな感じ.

20131215095104

光の色からして違いますね(笑)
浅場水槽は壮絶な格差社会です.



んで,本来メインの魚連中とイソギンですが・・・

20131215094348

タマイタがライブロック半周分移動してハタゴの隣に進出してきました.

ただちょくちょく接触する割に二匹とも何ともないようで,がっつり組み付きでもしない限りイソギン同士の接触はあんまり気にしなくても良いのかもしれません.

一緒に写っているルリヤッコも,一時は痛々しいくらい白点が出てたんですがなんとか回復.

20131215094407

冒頭とは違う瞬間での全景.
こうしてみると生体全般それぞれ大きくなりましたね.

時々いなくなると巷で話題のデバは,11匹購入から約4ヶ月経った現在で8匹.
良いのか悪いのか・・・
体長は順調で平均的に4cmくらいになってます.
さすが名高いパイロットフィッシュだけあってか,白点病が蔓延しても全く無事に乗り切りました.

なお,今月から「ちょい深場」にいたルリスズメが全3匹浅場に引っ越してます.
また,プテラポゴンは2Fのリフジウム入りです.

リフジウム・・・また石灰藻だらけになってて内部が見えません(ぉぃ
石灰藻だらけな以外はプランクトン豊富,海藻も生えてる,ウニも住んでる・・・で,プテラポゴンにはなかなか住みよいみたいです.



最後,非常に残念なことにスミレヤッコが亡くなりました.
この子だけ白点の広がりが驚くほど早く,治療より白点の方が広がりが早かったようです.

亡くなったのがロックの組み直しを決める前でしたから,もしかすると今回のキャリアはスミレたんだったかもしれません・・・
組み直す中,ちょうどスミレがよく潜んでいたあたりからかなり立派なウミケムシを数本引き抜いてます.
また結構な量のデトリタスも出てきました.
こういう細かいところで継続的なストレスもあったろうなと.






・・・回診「ちょい深場水槽」編につづく.

こっちは今回の白点病のこともまとめる予定です.





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2013年7月26日 (金)

ちょっとサボっただけでネタだらけ・・・(汗)




どうも,「クマノミメインとかいいつつ一番気にかけてるのは実はイソギンチャクだろ?」というツッコミがちらほらのえぴ兄です.

この数日,いったん休暇が切れて急に仕事が忙しくなりました.
暑さに体がついて行けてません(汗)



そんなことを思いながらちょっと更新を休憩してる間にネタと事件がいくつか・・・





その1

「私は見た!デバとホンソメのただならぬ関係!?」


まずは説明より映像をご覧ください.

Ce7_1968


Ce7_1969


ホンソメがデバの前でポーズを取る.

そしてそれを掃除するデバ・・・・・・



なんかおくしくない?(汗)



その2

「高温警戒警報」


帰宅すると何かがおかしい・・・

聞こえるはずのポンプの低周波音がえらくおとなしい・・・


まさかっ!ΣΣ( ̄ロ ̄lll)




部屋まで駆けつけると扉が閉まってる!(汗)


どうもうちのだれかが閉めたらしい・・・



恐る恐る扉を開けると,入り口から入室を拒むような熱気が(滝汗)




まっさきに水温計を見ると「1stタンク33度」「2ndタンク37度」・・・

・・・室温はなんと45度ΣΣΣ( ̄ロ ̄lll)




被害状況

・ハナビラクマノミ→☆,カクレクマノミ中→☆
・THEクマノミとデバは元気は元気ながら,ものすごく顔色が・・・
・ウミキノコ・・・全個体がしなだれてる
・ハタゴイソギン・・・巨大化(ぇ



この状況で何このハタゴのたくましさ・・・

結果,一晩かけてゆっくり温度を落とし,現状では新たな被害は発生していないようです.
ウミキノコも今朝は二次ポリプまで開いてくれています.

なんかソフト系が全体的に一回り大きくなってるような・・・??
サンゴなんかは日をおいてから影響が出そうで,1週間くらいは気が気じゃないです.

最終的に,先日に続く死亡でうちからクマノミとしてはハナビラがいなくなり,カクレはブラックオセラリスのペアだけになってしまいました.
THEクマノミは何とか健在です.
良い感じに共住できてたので残念・・・


一番懸念していたイソギンチャクは,ハタゴ・シライト・LT・ウメボシ揃って生還したようで一安心.

Ce7_1956Ce7_1990


Ce7_1988




あとは褐虫藻が抜けないことを祈るのみです.

二機のクーラーはよく頑張ったよ.感謝・・・



その3

「添加剤取り違え事件」

やってしまった・・・(汗)

「その2」の影響で微生物層が崩壊していたら恐ろしいので,水温が安定してからバイコムのバクテリアを再投入しておくことに.

ついでにテトラの「ナイトレイトマイナス」を補充添加して・・・・・・あれ?

なんかいつもよりさらさらしてような・・・・・・って,







これ「パーフェクトウォーター」じゃないかっ!?モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!


あとは皆さんの予想通り,プリズムからマウナロア山の大噴火が起こりました・・・orz




おしまい.



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
失意と落胆の筆者に愛(哀ぢゃないよ)の手を

ワタシ負けない・・・(っT)



2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

現在の月齢

お楽しみアンケート

  • 撮影機材
  • アクアスタイル

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ