フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 【ダメアクア】休暇でのんびりダメ活動・・・ | トップページ | 餌付けヤッコの餌付け-2 »

2014年8月 5日 (火)

餌付けヤッコの餌付け-1

実は正直に白状すると・・・

20140802120933_4

先日の↑の写真にも写っていたスミレヤッコを落としてしまいました.

原因は全く不明.

水質も水温も問題なし,ご覧のように病気にうるさいチョウチョウウオも水槽に近づいたら寄ってくるくらい元気.

「魚の密度が高いのでは?」と言うご指摘もありましたが,喧嘩の形跡も傷跡もないのです.



まだありし日のMGさんで「今期のスミレはなぜか初期状態が去年より良くない.成功率が去年よりかなり低いようで困っている.」と言う愚痴話を聞いたりもして,不確定な要因があるのかも知れません.

と言うか,MGさんが無くなってからヤッコの餌付けがまったくうまくいかない・・・orz

うちの今のレベルでは通販個体はきついのかもしれない.



このまま退くのは不完全燃焼だけど,かと言って相手は生き物である以上は無駄に死なせたくもない.

今度のチャレンジを今季ラストにしようと思います.

その代わり,今の腕でできることを全部注ぎ込んで後腐れなく退こうかと.

そしてとにかく資料を残す!

惰性でやらない!

これを堅持しようと思います.うまく行ったら後続の人のお手伝いにもなるでしょうし.



①隔離ケースの設置

まずは水合わせにはもちろん,隔離餌付けを選んだ場合でも必要なケースの設置.

20140805074041

隔離飼育自体にもストレスはあるようで,調子が良くない場合は三日もすると他魚との接触がなくても白点になることがあります.

そのため,隔離期間に無駄を作ることを避ける目的で「先住の魚に慣らす期間も継続して隔離が長引くからいらない.」と言う意見もあります.

私もそっち派です.

これまでチョウチョウウオなんかはそれでうまく行ってるのですが,今回は「とにかくまずは落ち着けよう」と言う方針で段ボールで囲みます.

なお,ガラス面との間に隙間がある上にプラスチックの隔離ケースですから,物理的な理屈を加味するとスミレたち視点でどれくらい先住魚が見えているかはわかりません.
とにかく初期段階においては,この上なく慎重を期してみました.




②生体到着

20140805094826_2

MGさんが無い今,直接スミレを購入できてかつ信頼性の高いショップは実質的に近所にありません.

いつもお世話になっている「AQUASTYLE YOU」さんは信頼できるサンゴのお店です.
単にスミレを扱われていないだけなので,くれぐれも誤解の無きよう・・・

とにかくこれまでの通販実績から一番信頼性の高いお店を選びました.

この時点でハズレていたらもうどうしようもありません.



③水合わせ

と,その前に.

生体が増えるとアンモニアの生産も増えるので,それに対応するためにバクテリア濃度を上げます.

20140805095220_2
そしてケースに到着したビニル袋から最小限(スミレの背中が十分に浸る程度)の海水を移します.

20140805095505_2

そこへ傷つけないようにスミレを移動.

ただし,極力空中にさらすことがないように手早くを心掛けて.

魚にとって空気中にさらされることは人間にとっていきなり空気のない部屋に連れ込まれてるのと同じ,と言う説があります.
そりゃそうだ.

20140805100944_2

お互いの状態を比較しながら記録できるよう,今回は2匹同時です.

これで本当にこの手の魚に「当たり/はずれ」の大きな差があるのか,真相に少しは迫れるかもしれません.

ちょっとお財布的にいたかったけど今回は仕方ない・・・



最後にサテライトのバルブを開いて本水槽からゆっくり水を入れます.

水温よりも水質合わせ優先でとにかくゆっくり.

あまりゆっくり過ぎると酸欠になるのでこの間は注意深く様子を観察しましょう.

水量が倍になったあたりから徐々にバルブを大きく開けていき,循環を通し温度合わせに入ります.



④冷凍ブラインを与えてみる

水合わせ後に数時間しばらく置いて,餌への反応を見るべく少量の冷凍ブラインを落としてみました.

腹を壊すといけないので,この段階ではあまり多くあげない方がいいと思います.
餌付く個体でもこの段階でバクバク食うことはまずないので水が汚れるばかりです.

また経験上,魚にとっては「一晩越えて1セット」みたいな体内時計があるような気がします.
何時に水合わせをやっても平常運転になるのは初日の夜を越えてからのようです.

そんな理由から,初日にいきなり色々な事はやらない方がいいと思います.

20140805203516

最初に左がつっついて食ったのか食ってないのかわからない微妙な量を吐き出しました.

ちょっと脈あり.

右の子はしばらくしてから様子を確かめるようにツンツンした後,一口・二口と口にいれた模様.

こっちも脈あり.

どちらかと言うと自然の中では右の子の方が長い気できる気がします.

水槽の中ではどっちが「いい反応」になるのでしょう???



ともあれ,どちらも最初の餌としては反応はある子のようで一安心.

実は前の子は,この時点でまったく反応しませんでした.

輸送のストレスなのかショップの状態管理なのか運送業者の保管環境なのか,不確かなので言及は避けます.

(段ボールで囲んでる時点で条件がこれまでと違っている,と言うことも関係あるかもしれませんので・・・)

ひとまず「運」の要素が大半を占める段階はなんとかクリアできたようです.




このころにはとっぷり日もくれてしまったので今日はここまで.

明日以降の変化に注意したいと思います.




焦らない慌てない手抜きしない・・・
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 【ダメアクア】休暇でのんびりダメ活動・・・ | トップページ | 餌付けヤッコの餌付け-2 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。( ‘ ∀‘)

二匹同時飼育ですか。

1匹ですと、どうしても個体差などによる要因も外せないので、
同時複数でやってみるしかないのかもしれませんね。

見た感じでは、なんともいえませんが、それほど水槽や水質にも
問題があると思えませんし。。今後の検証で、なんらかの答えが見つかるといいですね。


こんばんは~(-ω-)/

>2匹同時飼育

これはこれで同一種間の魚の個性がわかるので面白いっちゃ面白い面はありますね.

聞いた話だと今年は
「計算上3匹同時ならそのうち1匹だけは確実に餌付く,残りは運任せ」
くらいの割合だそうです.

現地の水温状況とストック環境のせいもあるとかないとか・・・

なんとかやれることは継続して全部やっていこうと思います.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餌付けヤッコの餌付け-1:

« 【ダメアクア】休暇でのんびりダメ活動・・・ | トップページ | 餌付けヤッコの餌付け-2 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ