フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 餌付けヤッコの餌付け-8 | トップページ | 前々から気になっていたこと »

2014年8月16日 (土)

苔たちとの戦況

なんせ特別水質に何かあると思っていなかったうちの両水槽,ここ急激にひどい苔と交戦が始まりまったわけですが.

とうとうついには「ちょい深場」にシアノまで湧き出しました(汗)



思い返すと苔パラダイスでひゃっはーのはずのヤエヤマギンポやエビたちが突然亡くなった原因を,ただの酸欠だと読み違えたことで事態が悪化させたのかも知れません.

20140816134821

こいつら↑がいつもこんな調子なので異変に気づくのが遅れたというのもありますが・・・


これとか

20140816134933

これとか

20140816135131
一度全白化したスゲミドリイシも

20140816135151

むしろポリプぼさぼさで調子が良いくらい,確実に復活を続けている最中なのです.

苔の大発生とサンゴの好調が両立しているという不可解な事態・・・

何が起きてるのかと考えあぐねておりました.



そしてある日気が付いたらシアノが爆殖

どうやらこれの前兆現象だったような気が.

草食性の動物だけが死んでいったことから,おそらく毒性「あり」のシアノかと思われます.


【特徴】問題の毒シアノ

・一見ふつうの苔のような色で,見た目も「ひげ状の苔」の塊に近い.

・ところどころ光合成で出た気体がたまるのか,直径5mm前後の泡状の部分が不規則にみられる.

・・・辺りが出たら警戒しましょう,これシアノだそうです.(´・ω・`)

んで,実際に「シアノがわいた」と思った赤いあれは無毒性だったと言う・・・



写真撮る暇もなく朝から吸引清掃

正真正銘の「ひげ状の苔」だけが残りました.

水質上はそこまで困る数値でもない.

いやいや,冷静に考えるとBPリアクターが付いててこの数値は・・・



とか考えている中,「おさすい」で気になる話題が出てきました.

はっはっは,これって他人事じゃなかったのですね(汗)

実はうちもフォスボール・・・orz


そして

餌をやる⇒水が汚れる⇒スキマーが機能不全⇒栄養塩たまる⇒苔ふえる⇒また餌をやる⇒水が汚れる⇒スキマーが機能不全⇒栄養塩たまる⇒苔もっと沸く⇒水流が滞る⇒よどみ発生⇒苔食動物死ぬ⇒水がもっと汚れる⇒緑のシアノがわく⇒苔食動物もっと死ぬ⇒水がもっと汚れる⇒とうとう赤いシアノが出る現在この辺

魔のスパイラル状態です.

発見が遅れたのはうちは吸着剤もいろいろあるので,初期のスキマー不全を吸着剤でギリギリ乗り切っちゃってたからでしょう.



怪しいと思って「フォスボール」「スキマー」でググったら結構お困りの方がいらっしゃるようで.

「最近どうも硝酸塩もリン酸塩も一定以下に下がらないなぁ.」

「うちは魚が多いからこんなもんか?」

「色揚げを狙ってはいないからそこまで数値に気を張ることもないか.」

こうやって知らず知らずのうちに水質に言い訳していたのかも知れません.



一つの事故の陰にはいくつもの小さな要因が下積みされていると言う,何とかの法則そのものじゃないか(汗)

たぶんこれで言ううちの「事故」ってのがシアノの爆殖だったのでしょう.



ぞっとするのでさっそく別のBPメディアをポチることにします・・・





んー,本当にメーカーの人たちは気づいてないのかな???
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 餌付けヤッコの餌付け-8 | トップページ | 前々から気になっていたこと »

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

え?兄さんとこもフォスだったんですか?
でも、サンゴは元気みたいでよかったですね。

うちは吸着剤は水換えと足し水だけなんで、水槽の中はBP頼りでしたから・・。それにしても、生体が無事でよかったですね。

水質はそれほど悪くないのに、そんなにシアノが出るって、なんかバランスが崩れたんですかね??
いずれにしても、早く回復するといいですね。

こんにちは~(-ω-)ノ

原因が同様でも環境条件によって結果も変わるんでしょうね。
うちは栄養塩がたまるんじゃなくて、絶賛シアノの肥料になって出たら出ただけごっそり持っていかれてたみたいです。(^^;)

漂ってる栄養塩は通常値だけど、水槽全体の積算量は相当だったんじゃないかなあ?
ああ、恐ろしい恐ろしい…

ちなみにシアノは余剰栄養塩+SPS並のミネラル+水流停滞がスイッチになるようですね。
コケの毛足が長くなったら次は水流が滞るので、コケがひどすぎる場合は時間のかかる駆逐生物でのんびりやるよりも物理的に伐採したほうが安全みたいです。 駆逐生物はあくまで「予防」向けですね。

う~ん。偶然にもエピ兄さんも進行形で苔と闘っていらしたとは。。。うちも生体数の微増とピカソ雌の爆食化によって、微妙にバランスが崩れつつあるのかも。。。

何か考えねば。。。

こんにちは~(-ω-)/
コメント遅くてすみません(^^;

コケ対策は順調ですか?
うちはタツナミ君がかなりがんばって下地を馴らしてくれて,その上をエメラルドガニたちがつまつまやってる感じです.

今日久しぶりに水を換えたらウミアザミがもっさもさに・・・(笑)
やっぱりどこかでバランス崩してたんでしょうね.

ただRO使ってないので,一気に水替えするとリン酸値とケイ酸値が上がっちゃうのが難儀なんですよ.
どうも大阪の水道水はアクア向きじゃない気がします.

えぴ兄さん、ちょっと教えていただきたいんですが、タツナミガイって、硬いヒゲゴケに対してはどうですか?

うち、はなちゃんがゲテモノ系、好きなんですよ。ナマコなんて「かわいい♪」って抱きあげちゃうくらいですから。んでもって苔に最強なら言うことないかな、と。。。ただサイズがちょっと問題かなってところもあるんで考えちゃうんですが。。。

こんばんは~(-ω-)ノ

タツナミガイですか?
なんかうちでは生えてるコケは何でも食ってる感じで、通った後はまるっと地肌が見えてますよ(笑)
資料によるとシアノも食っちゃうとのことで、万能っぽいですね。

サイズの方はどうでしょう、市販のやつは表示が10センチ程度の個体で手のひらにちょうどおさまるくらいです。
成長速度は未知です…(笑)

たぶんナマコと似たようなレベルかと想像はしてるのですが…

…て言うか、はなちゃんゲテモノ好きだったんですか(笑)
女子の「かわいい」ってホントに謎ですね。(笑)

地肌が見えるって、ステキですね~。。。

10cmなら、まあまあ行けるかも。。。

>はなちゃんゲテモノ好きだったんですか(笑)

そうですよ。グニャグニャした意味不明な生きものとか、好きですよ。情報ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苔たちとの戦況:

« 餌付けヤッコの餌付け-8 | トップページ | 前々から気になっていたこと »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ