フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 餌付けヤッコの餌付け-4 | トップページ | 餌付けヤッコの餌付け-6 »

2014年8月 9日 (土)

餌付けヤッコの餌付け-5

昨日の異変の後日談です.

結論から言うと,「左部屋」にいた方の子の死亡が確認されました.



今回のケースでは到着から順調だったのが4日間,急変が5日目,内一匹の死亡が6日目.

これはいくらなんでも・・・




それはともかく,4日目に突然ひっくりかえってしまった原因が本当に不明なのです.

現状考えられるのは・・・

1・サテライト「L」を使用していたこと?
 ⇒流入する水量に対してケースが大きいために酸欠?
 対策:サテライトを小さい(M)か(S)に変更すると変わるのか?

2・残り餌がアンモニア分解していた?
 ⇒上記サテライトのサイズと同様に,アンモニアが排出されずケースにたまっていた可能性.
 対策:サテライトを小さい(M)か(S)に変更すると変わるのか?

3・隔離期間のストレス?
 ⇒「隔離期間が長引くとそれ自体がストレスになる」と言う説
 対策:隔離期間を3日程度に上限を設けて放流餌付けに移行する.

ちなみに本水槽側の水質は毎日測定していましたが,これと言った変動はありませんでした.

そうなってくると,原因は隔離ケースの中の出来事に限定されてくるのか・・・



前回餌付くまで一番粘った長かったシマヤッコで約1か月食わずの状態が続いたことがありました.

こいつは最初の水合わせの日を越えた時点で2日目には本水槽にうつし,ほとんど隔離を行っていなかったケースに当たります.



今のところ考えられる原因から察すると,3日辺りを限度に本水槽または個別に立ち上げた水槽に放した方が結果的には長生きするのかも知れません.

この場合,放流された水槽内で少なくとも元気でいられるのであればライブロックについている何かで食いつないでいる可能性が出てきます.

ただし,うちでは餌付け専用に水槽を立ち上げる余裕はもうありませんので,基本は本水槽内での作業になります.



となると,理想的なプランとしては

・隔離ケースは念のためサテライト(M)か(S)

1日目・・・水合わせと輸送ストレスのケアで隔離

2日目・・・本水槽内で先住生体を見せるための隔離

3~4日目・・・摂食状況によってタイミングを見て放流

がギリギリの線かなと.



さて,問題はこれがわかったとして「次」に挑戦するのか否か・・・

さすがにこれだけ失敗が重なっての「次」は思い切りがつかないのですよね.(´・ω・`)

よほど勝算のある個体が手に入るのなら別なのですが.

まずは「右部屋」の方の子のようすをしばらく見守ってみようと思います.







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 餌付けヤッコの餌付け-4 | トップページ | 餌付けヤッコの餌付け-6 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

このところ、ばたばたしていたんで、今までの経緯もまとめて拝見しました。
ヤッコで、元気に見えた個体が数日にコロッっていうパターン、私も何度か経験していますが、私の個人的な考えでいえば、どうも水質がどうとかいう原因ではないような気がするんですよね。

実際同じ種類でも、平気なのは平気ですし・・。

採取法はともかくとして、海外から時間かけて運ばれてくるわけですし、人間でも体調を崩す人もいるくらいですから、魚にはなんらか目に見えない負担もあるのではないかと思います。

あくまで、個人の見解ですが、1週間以内で逝ってしまうのは、この辺が原因かなぁと思っています。


こんにちは~(-ω-)/
台風直撃コースで昼間なのに真っ暗な部屋から中継ですw

やはり1週間越えられない場合は何かあるという考えですね.
実際に水槽側には異変がないだけにうなずけます.

とすると,本当にスミレヤッコの歩留まりって相当低いんじゃ・・・(汗)
去年なんかは餌付けヤッコだと特別意識ないままいつのまにか餌付いてたりってケースばかりでしたので,あまりの違いに驚いてます.
間隔的にはシマヤッコより難しいような(一般的にはそんなはずはない)くらいです.

複数を比べながら見定めて,直接購入できるお店がないのが一番のネックですね.
通販は入荷したら状態を見守ってる暇もなく売れてしまいますし.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餌付けヤッコの餌付け-5:

« 餌付けヤッコの餌付け-4 | トップページ | 餌付けヤッコの餌付け-6 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ