フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« マメオーバーフローがオーバーフローした | トップページ | サブフィルターから濾材を抜いた »

2014年7月26日 (土)

デバ突然死の謎を追え!

いきなりタイトルがシリアスですがw

何かと言うと,うち以外でも群泳系の水槽でちょいちょい耳にする「いつの間にか数が減るデバスズメ」についてです.

20140528164400

こんな感じで群泳させてると,水質にも餌食いにも特にこれと言って思い当たることもないのにちょくちょく数が減る問題・・・



これについて,最近時期がら昼でも余裕ができて観察していると

「もしかすると関連があるか?」

・・・くらいの興味深い出来事を続けて何度か目撃しました.

それもパターンがどれも同じなのです.



いつも通りに餌をやっているときにそれは起こります.

特に何の変哲もなく水槽の一角に粒餌をまいたら,いつも通りスズメ系の連中がたかってきます.

そのドサクサの中からパンと勢いよくはじき出されるデバが一匹.

理由はまだよくわかりません.




そいつは力なく漂っているかと思うと,そのままあちこち流されルリスズメにもつつかれながら最終的にはこうなりました.



あ,一見ショッキング画像ですがこの後もちゃんと続きがあるのでご安心くださいw

20140726150707
たぶん普通ならこのままハタゴが閉じて昇天・・・のパターンですよね?

ただうちのハタゴ,ご覧のとおりちょっと大きめのカクレ夫婦が住み着いていまして.



住居を荒らしに来たよそ者と判断したのか,吸い付かれてるデバを加えたかと思うと

そのまま外に引っ張り出してポイ(ぇ

難を逃れたデバスズメはその後フラフラしながら群れに戻って,時間の経過とともに復帰していきました.

↓本とにこんな感じで,ふらついてはいるけど自力で泳いでいます.

20140726150841

この後,次の餌やりの時にはしっかり餌の取り合いに参加しているようです.



これがここ最近だけでも3度は目にする光景なんですよ.

前回は枝サンゴの細い隙間に挟まって,身動きできない状態でおりました.

もしかして一か所から餌をまいたりしたときに一気に密度の上がった群れの中で何かしらのショックを受けてはじき出されてるのでは・・・?

なんて推測するのです.




はじき出された後の数分間は酸欠の時にそっくりな状態で漂っています.

この間に他の生物に襲われたり,水回りの悪いところに流されたりすると.そのまま死亡してしまうのではないでしょうか?

餌周りは悪くないはずなのにどうしても数が減るとお悩みの方,こんな感じで一匹だけ不意に群れから外れてしまう個体がいないか観察してみると原因がわかるかもしれません.

たぶんうちの例はあくまでもうちの環境でのことだと思うので.






魚の突然死って水質に限ったことじゃないのかも.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« マメオーバーフローがオーバーフローした | トップページ | サブフィルターから濾材を抜いた »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

デバが、はじかれたときにショックでふらふらして、そのまま身動きできないまま、何らかの事故に合う・・・ってことですか?

ふーむ。。。。

デバの場合、ほとんど死骸が上がってこないのですけど、餌やりのときによ~く見ると、結構傷だらけになっていたりしてますね。

やはり外傷があるということは争いがあるのでしょうけど、相手を殺すほどではないと思っていました。

でも、意外とショックに弱くて、あっさり死んでしまったりするのかもしれませんね。

うちでは、小さいのがずーっと生き残っていたり、大きくても消えてしまったりするので、大きさには関係ないように思いますし、昨日まで元気だったのが、突然いなくなるのは、ショックに対する耐性に個体差があるのかもしれませんね。

そう考えると、うなずける気もしますね。

おはようございます~.

>外傷

そうそう,そうなんですよ.
何でできたかわからない外傷が結構あるなーって思いまして.
あとは,フラフラしてる時のようすが酸欠の時に似ているので餌食いのドサクサの中で気絶するような何かがあったとか考えられないかなぁ?

なんにしろ「まったく理由もなく減ってるわけでもないらしい」と言う線が濃厚になってきましたね.
海アクアの場合は動けなくなった時の捕食者には事欠かないでしょうし・・・(^^;

こんにちは!
うちの場合、餌やり時にのけものにされ大きくなれない子は日々のちょっかいで鱗もハゲ気味。照明が消えたあと寝床が確保できずにふらふら泳ぎ寝をしているときがあります。こういう子はいずれ淘汰されてしまうので寝ぼけているときにすくってサンプ(といっても本水槽に連結した60水槽)に移動してしまいます。

こっちに移動した子達は十分に餌を摂れるようになりますが遺伝的なものなのかあまり大きくなりませんね。実質本水槽のデバの数は減ってしまいますが死なせてしまうことはなくなったのでこれもありかと思います。

>はぜどんさん

こんばんは~(-ω-)/
そう言えばうちの子たちも見ていると,最初は同じサイズだったのにちょっとずつ体格差が出てきているような気がします.

なるほど,サンプに退避と言う手がありましたね!
うちもほとんど機能していない(笑)リフジウムがつながってるので,次に見かけたら真似させていただきますね.

にしても,大きくなれない形質ってあるんでしょうかね?
たしかに人間でも体格が遺伝でつながってる例はよく見かけますよね.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デバ突然死の謎を追え!:

« マメオーバーフローがオーバーフローした | トップページ | サブフィルターから濾材を抜いた »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ