フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 崩壊フェイズからの脱出② | トップページ | 崩壊転じて再建中・・・ »

2014年6月21日 (土)

崩壊フェイズ収束・・・だと思う

どうもこんばんは~(-ω-)/

ご心配をおかけした水槽の崩壊,今日時点で3日連続亜硝酸ゼロで「きっと脱出宣言」です.

Wヤッコに加えてルリヤッコまでは大変な痛手でしたが,被害自体はなんとか最小限にとどまった模様です.

意外だったのはチョウチョウウオへの被害は,導入間もなかったチョウハンのみで済んだこと.

もっと水質変化に弱いと思っていましたが,むしろヤッコの方が敏感でした.



原因は結局究明できずじまいでしたが,今回わかったのは

「魚がおかしいときは,硝酸塩より亜硝酸」

と言うことです.

また,アンモニアは検出されずに亜硝酸で大きな数値的変化があったことから「バクテリアバランスの崩壊」が一番怪しいです.

たぶんBPユーザーが時々はまるアレだったのではないかと・・・



日々の管理ではサンゴへや苔の発生に意識が行きがちで硝酸塩の値を中心に考えて対応してしまいます.

ところが硝酸塩は有機物分解の最終工程のため,こういう原因不明の崩壊があるときは水質の変化が見えにくく「いまどういう状況か」がわからないため対応が遅れてしまうようです.

うちでもサンゴが元気だからと言うことだけで,長いこと亜硝酸なんて測ったことなんてありませんでしたよ・・・(´・ω・`)

また「アンモニア⇒亜硝酸」の変化に比べて「亜硝酸⇒硝酸塩」の変化は時間がかなりかかるらしく,水槽環境に異常があった時にもっとも水槽内で滞留しやすいのは亜硝酸なのだそうな.

ここは一番の盲点だったなぁ.

教えてくださったMGさんに感謝です.



結論的に,原因がわからなくてもバクテリア活性が崩れていることははっきりしていたので

1日1回どこかで亜硝酸を測って一定レベルを超えていたら即換水.

そしてバクテリア剤ドボドボ.

これを繰り返すことで水槽の自己修復モードに持っていくことも有用な手段だと感じました.


あ,あとこういうときの水槽中の硝化バクテリアって意外と減りが早いみたいですよ.

換水してもバクテリア剤を投入しなかったときは翌朝には亜硝酸レベルがすごく上がるという現象が見られました.

ということで,今回の騒動は

バクテリア剤はちゃんと機能する商品である

と言うことの検証にもなったという,怪我の功名と言うやらなんやら・・・.

ちなみに使用していたのは「GEX サイクル」です.

もちろん,ほかの商品についてもいえるかどうかはわかりません.





そろそろ餌付けヤッコへの再挑戦・・・やってみるか?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

えい

« 崩壊フェイズからの脱出② | トップページ | 崩壊転じて再建中・・・ »

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

とりあえず、原因究明と回復傾向にまでもってこれて何よりですね。
うちのアンモニア・亜硝酸・硝酸塩のセット試薬では、結果的に、今のところ問題はなかったですが、亜硝酸塩は確かに見過ごしがちですね。

最近魚が多くなっていたので一応、測定はしましたけど、すっかり無頓着になっていました。バクテリアの崩壊が原因ならば、起りえることなんですね。

それに亜硝酸から硝酸への変化のほうが時間がかかるということと、バクテリア剤が有効だとわかったのは大きい収穫ですね。
勉強になりました。

こんばんは~(-ω-)/
お返事が遅くなってごめんなさい.
この季節は毎年気がおかしくなる忙しさです.( ̄ω ̄;)

>勉強になりました

いやいや,自分も今頃になって初物みたいなトラブルですから勉強でしたw
急にバクテリア剤の奥深さに興味が…

ちょっとコストが高いけど,バクテリア毎日ドボドボでバランスを無理やりリセットする方法は案外いいかも.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 崩壊フェイズ収束・・・だと思う:

« 崩壊フェイズからの脱出② | トップページ | 崩壊転じて再建中・・・ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ