フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 水槽の雑記②~イソギン飼育でわかったこと | トップページ | イボハタゴ1.5か月目 »

2014年6月 1日 (日)

水槽環境の雑記③~禁忌はそう禁忌でもなかった編

おはようございます,えぴ兄です(-ω-)/

「これからアクア」なみなさんに夢と希望をおすそ分け(笑)する第二話です.

と言うわけで,今回のテーマは・・・



定説は一般的な説明であって絶対でもないアクアの世界

まずはこの写真.

20140528164153たいていの人が見ると突っ込みたくなる(笑)ものが写っています.

他にも・・・

20140528164143_2※中央の変な枠は取り外し可能な隔離ケースのマウントなので関係ないですよ.

20140528164612



もうお分かりでしょう.

あくまでもサンゴ水槽と自称するうちの水槽にはチョウチョウウオがのうのうと泳ぎ回っているのです.

しかも・・・

喧嘩はあっても病気なし.(-ω-)ノ

うちの子はかかっても勝手に自然治癒してしまうのです.

そんなチョウチョウウオの飼い方について調べてみると,次のようなポイントが出てくることがわかります.

1.チョウチョウウオに底砂はNG(白点病にかかりやすい)

2.サンゴがつつかれるのでサンゴ水槽にチョウチョウウオNG

これを初めて知った時,「自然下で共存してるのにそんなわけある会」が私の脳内で発足されました(笑)

そこから試行錯誤の末に一定の見解が出そうなところまで来たので,以下はそのまとめです.



1.チョウチョウウオに底砂はNG(白点病にかかりやすい)
止水域に白点菌をため込まなければいいのではないか?

そこでうちの水槽に採用したのが底面濾過です.

と言っても市販の底面フィルター用のフレームの上に底砂を盛っただけ.

これをキャビネット下にある外部濾過フィルターに通して戻すというお手軽簡素な仕組みです.

もちろんウールなんてメンテナンスがめんどくさいので敷いてませんw

通水性のことも考えると砂利が一番だと思います.


念のための装備として濾過経路の一角に殺菌灯を取り付けていますが,テトラの安いやつで夜間だけの運転のためあまり環境に寄与している気はしていません.




2.サンゴがつつかれるのでサンゴ水槽にチョウチョウウオNG

どうやらお互いバカではなさそうです.

まずはこちら,つい最近入ったばかりのミドリイシ.

Ca3i00170001s_2大変元気で蛍光色のポリプがいい感じですね.

20140528164645

さっそく豆アミチヨウさんが味見にやってきました(笑),そりゃもうつつくつつく・・・



そして二週間後.

20140601134911s

特に不調になった様子もなく,照明の影響もあり以前よりも色が濃くなったくらい?


理由の考察は,こっちの先住ムギノホミドリイシで考えるとわかりやすいかも.

20140601134953s
よーく見ると,赤丸のつつかれやすそうな位置のポリプはあまり出ていないのに対し,青丸の入り組んだところのポリプはよく出てるのがわかりますよね.

ミドリイシたちはどうやら捕食に関する栄養はつつかれにくい根元のポリプが担当,その代わりポリプの出入りに関係ない光合成は照明の当たりやすい先端の共肉が担当してバランスとってるみたいです.

またチョウチョウウオの方もどうやらつつく対象はローテーションしているようで,特定のサンゴを集中攻撃することはないみたいです.

と言うことは

共存に選ぶなら起伏の複雑な形状のサンゴがオススメ

ってことでしょうか.



ちなみにあまり美味しくないのか,ソフトコーラル類はご覧のとおりもっさもさ(笑)

20140601134925

魚の有無に関係なく,こいつらは単純に水質と水流と照明だけで調子が決まるようです.

そしてこの写真の左隅.

丸1年になるLPSのネジレタバネさんも,特に不調のようすもなくふっくら体型を保っています.



ちゃんと人工餌に餌付いた個体であれば,チョウチョウウオ類とサンゴ類との同居で特に困ることはないと考えられます.

ポリプ専食のチョウチョウウオは怖くてまだ試す勇気はありませんが(笑)

ポリプ「専食」の意味とレベルがまだイメージできてないのでなんとも・・・

体長はポリプ食の方が小さくてスペース的に飼いやすそうなんですけどねぇ.



また,パステルな色揚げを狙うミドリイシ水槽の場合は褐虫藻を減らして捕食をメインに飼うためポリプが引っ込むと致命的.

パステル色揚げミドリイシ水槽にだけはチョウチョウウオの同居はお勧めできません.



インドネシア便にありがちな色素べっとり系の色揚げなら平気ですよ(-ω-)/

特に蛍光色はUV照明と鉄分が十分にあれば面白いように揚がります.

20140528163849
こんな感じ,でうちみたいに

「魚とサンゴの自然な姿をそのまま眺められればいい」

と言う場合は必ずしも定説が絶対と言うわけではないことがわかってきました.

そりゃ,自然下で共存できてる連中が水槽の中だけNGってのも変な話ですものねぇ.



いかがです?

あなたもこれを機会に天然ごった煮欲張り水槽にチャレンジしませんか?w







一応うちは「沖縄現存種」縛りをかけて統一感は保ってるよ・・・
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

« 水槽の雑記②~イソギン飼育でわかったこと | トップページ | イボハタゴ1.5か月目 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

固定された概念を覆すような記事で、興味深く楽しく拝読しました。
実は、私も似たような記事(ソメワケ)書いていたんですが、意外と人工エサに餌付けばサンゴには手?をだしませんよね?

サンゴ入れてからは「トゲチョウ」しか入れたことありませんが、そのときもあまり気になるほどではなかったような。
(でも、ウチウラは、丸々一個食われた。)

SPSとチョウっていうのも、多くのアクアリストの理想ですからね。
今後も、また記事にしてください。

こんばんは~(-ω-)ノ

そうなんですよ、夢だったんですよ~!
サンゴにチョウチョウウオ。
最初のころは単純に「チョウチョウウオを飼うだけ」ですら全然ダメで、しばらくサンゴばっかりにかかりきりでした(笑)

最近思うんですけど、ほとんどの人は「魚→サンゴ」と深みにはまりますよね?
あれって、魚で環境のハードルが上がっちゃってからサンゴが入るのでかえって難しい気がするんですよ。
実は逆の方が平和にステップアップできるんじゃないかなって。
これはまだ想像だけなんですが…。

なんせ「サンゴだけ水槽」って環境変化は小さいし安定させやすいし、維持するだけならそんなに手がかからない気もします。
さらにサンゴに手?を出す子たちも後から入海ならスタートした時から水槽は既にサンゴ礁、少々悪さをするにしてもサンゴ側が数で優勢。
魚にとっちゃ何もない水槽より絶対ストレスフリーだし、おかげで病気のリスクは小さいはずです。
サンゴの大敵、硝酸塩も魚がゼロからなら最小限。

なんとなーく、水槽に加えるのは「忠実に進化の歴史順」が理にかなって見えません?
どうしても雰囲気的に「まず魚!」ってスタートになりがちだけど、頭の中のイメージが色揚げを気にしない自然のサンゴ礁なら…って誰か試してくれないかなぁ(笑)
最初から水質が良ければ色下がりも無さそうだと思うんだけどな~。
魚を増やすときもゆっくり限度を見極めながら、一匹ずつ徐々にしてみたりとかとかいかがでしょうね?


求む、人柱(ぉぃぉぃ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水槽環境の雑記③~禁忌はそう禁忌でもなかった編:

« 水槽の雑記②~イソギン飼育でわかったこと | トップページ | イボハタゴ1.5か月目 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ