フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« ぷっくぷくですスズメダイ. | トップページ | AQUASTILE YOUさんに買い出し »

2014年5月14日 (水)

カニダマシが引っ越し

先日まで長いこと別に相性も良くないセンジュイソギンに住み着いて離れなかったアカホシカニダマシが,昨日の脱皮を機会にかイソギンを乗り換えたみたいです.

気になる引っ越し先は・・・・・・・







20140513223440s

イボハタゴでした.

てっきりハタゴの方に行くと思ったんですけどねぇ.

何かこだわりがあったらしい(笑)

いつもねぐらに使ってるカクレさんがちょっと迷惑そうですがw,一応資料によると利害関係はないそうです.

ちなみにこの組み合わせは完全に片利共生で,カニダマシは魚から身を守ってもらってる一方でイソギン的には何の得もないそうな.

クマノミは水流起こしたりマッサージしたりとか,チョウチョウウオからイソギン守ったりの相利共生です.





ノーマルのハタゴもいるのに,イボハタゴ大人気(笑)

ハタゴはどうも夜イボハタゴに入りきれなかった子の寝るとき専用みたいになってます.





ああ,そう言えば元家のセンジュはTHEクマノミさんが乗っ取った模様.

20140513223644s

ただし昼間はやんちゃなカクレに追い出されてしまいます.



まぁ,居場所がまともにクーラー排水直撃地点.

寝るのにこんな劣悪な場所をわざわざ使う物好きなんて,根性の図太いTHEクマノミくらいのもんですね.

クーラーの水流を止めると移動し始めるので,やっぱりセンジュ的にはわかっててこういう場所を選んでいるようです.

よくこんなところに二月も居座ってたもんです.>カニダマシ





環境と言えばこの水槽,首を痛めてからの無換水期間が1か月になりました.(ぉぃ

この間レッドシーの添加剤を規定量ずつ足してるだけですが,これと足し水だけでも案外平気なもんですね.

たまに生体追加の際にサンプの方で,不定期に1~2L入れ替わってたくらいです.

サンゴ類も定期換水してた頃と比べ,特に状態に差は見られません.

(維持するだけならRCPって結構使いやすいのかも.)



ああ,保険の目的でチャームのアンモニア吸着材「スーパーきゅーちゃん」入れてます.

これいれてから苔の成長が目に見えて遅くなりました.

たぶん硝酸塩になる前の段階で,スキマーとこれで保険がかかってることが功を奏してるんじゃないかと思います.

硝酸ができちゃったらBPロボもいるし(笑)




チョウチョウウオが入ってきてからキノコ類があんまりポリプを出さないので,光合成だけで栄養が足りてるのかだけが心配なんですよねぇ.







最後にベストショット.

20140506080738

「よっ.」


ひよこスズメは今日も元気です.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

« ぷっくぷくですスズメダイ. | トップページ | AQUASTILE YOUさんに買い出し »

Aqua:無脊椎」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

>片利共生

海の中は、いろいろな形での共生がありますが、一方的に利益を得ているのか、相互扶助なのか解明していないのも多々あるようですね。

世知辛い世の中、なんとなく助け合って生きていてほしいように思いますが。

>スーパーきゅーちゃん

ほぅ、こんな商品があったとは。
ベルリンだとアンモニア結構出ているケース多いみたいですからね。
アンモニアの段階で吸着してしまえば水質の維持にも効果的ですね。

こんばんは~(-ω-)/

>共生生物の助け合い

ですよねぇ.
こういう生物ばっかり集めて水槽を共生パラダイスにしてしまおうかと画策中です(笑)


>スーパーきゅーちゃん

少し酸っぱいかもしれません.<それはきゅうりのきゅーちゃん

これで使用上「アンモニア狙い撃ち」だったらありがたいです.
吸着剤って実際には何が吸着されてるのかいまいち謎で(^^;
いまのところ目論見通り硝酸塩は低レベル維持の様です.

こんばんわ、兄さん。
アンモニアは測っていないのですか?

そういえば、先日あるお方から「ネッタイ」をいただきましたが、それもヒヨコのようでしたw。

こんにちは~(-ω-)/

>アンモニアは測っていないのですか?

時々思い出したように測ってますよ(笑)
立ち上がってしまっている水槽なので,発生してても硝化が順次かかるので測定値上は「0」または「測定不能」です.
ただ硝酸塩になった後がどんどんたまってしまうので,吸着剤で産生アンモニア量自体を抑えたいんですね.
でも必須微量元素まで吸着されてたら嫌だなぁ・・・(^^;

>ヒヨコスズメ

実物見てると妙にふてぶてしくないですか?(笑)
うちのヒヨコは基本が引きこもりのくせに表に出てくると態度がデカくなります.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カニダマシが引っ越し:

« ぷっくぷくですスズメダイ. | トップページ | AQUASTILE YOUさんに買い出し »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ