フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 水槽環境の雑記① | トップページ | 水槽環境の雑記③~禁忌はそう禁忌でもなかった編 »

2014年5月31日 (土)

水槽の雑記②~イソギン飼育でわかったこと

①でも触れたように一般的なことは載せてもつまらないので(笑),「ふつうはこうだよね.」が一概には言えなかった事例を紹介していきます.



★イソギンチャクの飼育でわかったこと

ツボを押さえられるといくらでも飼えるのに,なかなかそこまでたどり着けないのがイソギン.

これまでの経験上,ハタゴと言えどそこまでの照明は要りませんね.

うちには全部で4匹のイソギンがいますが,内3匹はこうなってます.

20140528163936s高さ45㎝ある中のここなので,水槽としてはかなり深いでしょう.


⇒ハタゴイソギンチャク

 ポンプの水流がギリギリ触手をかすめるくらいの岩組の出っ張り部分

⇒タマイタダキイソギンチャク

 漂う程度の弱水流になる日陰

⇒イボハタゴイソギンチャク

 反対側のポンプ水流が間欠で届く砂地
 (おそらくよく言われる「砂地の海底に定着するハタゴ」のイメージはこれのことでは?)


どれもうちでは同じ地点(弱い水流がある薄明るい石の上)から放流してこの位置に自力で移動して定着しました.

特にタマイタなんかはかなり歩き回ることで有名なので,ここで定着してるということはよほど気に入った場所どりなんでしょう.


光量よりも水流には気を配りましょう.

イソギンは排泄器官が未熟なので,水流がなければ自分の排泄物質でやられて死にます.

逆に強すぎると定着維持に体力を消耗するのでよくないです.

ポンプにコントローラーをつけて間欠水流にできたらベストですね.

20140518151439
そして経験上一番これらの条件にうるさいのがセンジュイソギンチャクだと思います.

強い水流と光を求めて動く動く・・・(笑)

濾過器からの戻り水の直撃もへっちゃらなくらいに水流好きのようです.

それでもイソギン本体への直撃は嫌って避けていきます.




あと問題になりやすいイソギン同士の接触ですが,ガッツリ張り付くみたいに接触しなければ平気です.

気にいらない時はどちらかが自分で避けるので,接近したからと無理に移動させる必要はなし.

20140528164903

こんな感じで,上手に空間を作ると近接三連飼いなんかも自在です(笑)



最後に照明と給餌です.

これはイソギンの種類によって差異はありますが,さらに個体の色に寄っても適量が違います.

褐虫藻がべっとり乗った濃い体色のものは強めを好みますが,逆に白っぽいものは「深場タイプ」と言って,光合成よりも給餌で栄養摂取するやつです.

白っぽいものに強い光をいくら当ててもあまり意味はありません.


また,照明の色についても同様で生体の色によって好みが分かれます.

基本的には白系(浅い海底に届く光の色)が良く,深場に行くにつれて青~紫系に調整します.


ただし,生態に蛍光色が乗っているものは色が濃い生態であっても青い光(蛍光色が映える色がベストの照明色)です.

何故かというと元々蛍光色と言うのは使えない色の光を体表面の細胞がいったん吸収し,体内の褐虫藻が光合成できる色に変えるための仕組みだからです.

少々時間はかかりますが,イソギン自体が定着した場所に合わせて自分の色を作っていく(色が揚がる)ので最低光量さえクリアしていれば神経質になる必要はありません.


「あまり餌をやるな」と言われますが,光合成が十分でない場合は給仕が必要です.

基本的に褐虫藻べっとり色でないものは餌がいると思った方がいいでしょう.

濃い体色の子には魚のおこぼれ~薄い色には魚の切り身の間で調節します.

給餌の頻度は「数日おきの思い出した頃」とかなり適当です(笑)

思ってる以上にイソギンって,水流と光以外は大雑把で丈夫な連中なので・・・


給餌もやって光もやって,うっかりするとこんなことになりますよ.

20140528170845

水槽のほとんどが一匹のイソギン・・・w

こうなると「魚の食べこぼし=即イソギンの食事」になるのでどんどん巨大化していきます.

クマノミだけがうれしい空間に・・・



するとこういう変な関係も生まれるみたいなんですが.

20140528171057

20140528171034
これ絶対に共生ですよねぇ・・・

ミズタマハゼが無敵生活を始めてしまいました.







イソギンの飼育にはサンゴ(特にソフトコーラル)のノウハウが使えるよ.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

« 水槽環境の雑記① | トップページ | 水槽環境の雑記③~禁忌はそう禁忌でもなかった編 »

Aqua:イソギンチャク」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

イソギン飼育テクニック講座、受講終了しました。(`・ω・´)ゞ
動き回るイソギンどもを、うまくコントロールされていますね。

こればかりは「みるのとやるのと」では大違いで、かなり難しいですからね。
サンゴイソギンも、定着には時間がかかりましたが、「ある程度」落ち着く場所はやはり決まっていましたので、場所のコントロールには、それなりの条件を揃えるのが必要なんでしょうね。

こんにちは~(-ω-)/

>イソギン飼育テクニック講座、受講終了しました。(`・ω・´)ゞ

受講終了おめでとうございます(笑)
それではこの受講証を・・・(ぉぃ

>動き回るイソギンどもを、うまくコントロールされていますね。

敵を知ればなんとやらって感じですね.
始めの頃は鑑賞する側にいさせるだけでも苦労してました(/_;)

>こればかりは「みるのとやるのと」では大違いで、かなり難しいですからね。

なんせ相手は生き物ですからねぇ.

ちなみに先ほど,ハタゴさんの定着している岩が転がり崩れました(笑)
いつ入れたかわかんないテッポウエビが土台に巣穴を掘ってたようです・・・orz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水槽の雑記②~イソギン飼育でわかったこと:

« 水槽環境の雑記① | トップページ | 水槽環境の雑記③~禁忌はそう禁忌でもなかった編 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ