フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« バヌアツ便 | トップページ | MGさん速報~. »

2014年3月15日 (土)

縞のまにまにハナヤサイ

どうもこんばんは,年度末になると毎年まるで落ち着かないえぴ兄です.

撮りだめ番組が消化しきれない・・・(;´・ω・)



職場の方では毎年恒例「来年度人事はこうなる」的な憶測話で盛り上がる人たちがいて気まずい空気.

こういう話は好きじゃない性分としてはなーんか気がよくありません.



さて,ちょっと間が空いた感のあるアクアネタです.

20140315100249_2

ハイタイプ水槽の醍醐味を活かすべく,左右のタワーをアーチ状につないでみました.

予想以上に空間面積が広がって,サンゴがあと数群体いけそうなスペースが出現.

魚にとっても良い隠れ家の様です.

そこにセンジュイソギンが出たり入ったりして光量を調節していますw

もっと深くに潜ればいいのに・・・と思うんだけど,ヤツ的にそれは許せんようです.



★縞のまにまに

その後のマニラシマさん,ようやく給仕した餌を見てる前で食べるくらいに落ち着いてきました.

相変わらずの臆病さんで,カメラを向けるとこの通り.

20140315100237

このどこかに潜んで嫌がります・・・.

写真が極端に少ない一匹.



あ,あとそれから.

ちょい深場のぼのチヨウさんを浅場水槽に引っ越しました.

20140315100257s

何と戦ったのか,背びれの付け根にでっかい怪我してます.

本人の方は平然としてますが,はたから見ると深手で結構痛そうです.

可能性が高いのは ゴマハギのニザダイアタック,次点でウミケムシ辺りかと.

うちのゴマはチビのくせに気性が荒いのです.



ほかのチヨウたちもようやく粒餌に食いつけるようになりました.

20140315100305_2

20140315100311

これですっかり彼らのおやつになっていたカクオオトゲたち(死なない程度につつかれる)の受難も落ち着くはず.



★ご無沙汰のお店訪問


久々にAQUASTYLEYOUさんに行くことができました.

WEBショップの方で魚類にあまり動きがないなと思って聞いてみたところ,MGさんと競合するので仕入れを控えてるとのこと.

代わりにサンゴに力を入れていく戦略だそうです.

確かにミドリイシの方は品回りが元気そうです.



で今回いただいて来たのはこちらの二点.

20140315100327s

左はスゲミドリイシ,右は枝状ハナヤサイ

※手前にいるのはアオマグロ最近また太ったデバさんs.



スゲはちょうど一年くらい前,まだ訳も分からない頃に買ってきたそばから訳のわからないままRTNらしき共肉剥がれでダメにした種類の一年越しの再挑戦.


ハナヤサイの方は知的好奇心からの実験です.

と言うのもうちの古株のハナヤサイ,ものすごい勢いで真っ赤なのですよ.

20140315100332

この写真では紫ですが,実物はドギツイ赤ワイン風味です.

 ※カクレさんが心霊写真に見えるのはきっと気のせいです.



AQUASTILEさんいわく,レアな色揚がりだそうで(・ω・;)マジカイ

何の工夫もないまま勝手に色が揚がった(笑)と言うのが悔しいので,意図した条件でどう変化するのか見極めたいと思った次第です.

さあ,どうなりますやら.





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« バヌアツ便 | トップページ | MGさん速報~. »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

コメント

えぴ兄さんとこのシマちゃん、順調そうで何よりです♪しかし、一枚の写真にうつる魚の数が凄いっすね。これでミドリイシとかもちゃんとイイ感じの色になってるんだから、素晴らしいバランスと思いますよ。。。

こんばんは~.

>魚の数

じかに見てるときはあまり感じないけど写真になると確かに多く見えますね.(^^;)
空のフィルターを連結して水量を稼いでるのも効果があるのかもしれません.
極力ケンカしないように隠れやすい岩組(目標:魚の数だけは入れる岩陰がある・・・みたいな)を工夫したりしてやりくりしています.

ちょっと肩の筋を壊していて魔神活動をお休みしてるので,硝酸値が若干高めですが褐色化のギリギリセーフラインを何とか保ってる具合です.
水替えしたい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縞のまにまにハナヤサイ:

« バヌアツ便 | トップページ | MGさん速報~. »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ