フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の9件の記事

2014年3月30日 (日)

どこまでも頑固なシマさんが餌付くとこうなった

前回あまりに急な出来事でげっそりしてしまい,報告が遅れました.

シマさんついに乾燥タイプの餌に餌付く!

・・・つっても乾燥ブラインですが(苦笑



同じブラインなのになぜか怪訝にスルーしていた乾燥ブラインに,冷凍ブラインの汁を加えて臭いでだましてみました.

一回食べると次からはスムーズですね.

贅沢なことに大粒以外には目もくれませんけどね・・・



乾燥ブラインってだけなら,今は汁なし海水づけしただけで大丈夫です.

20140330141556

水戻しのブラインを落とす・・・

20140330141615

シマさん気づく・・・

20140330141625

狙いをつけたら一気に突進.




なんかイメージと全然違う?(汗)

やたらと素早い,こういう子だったっけ???

餌への執着がすごいです.

しつこいことに大粒以外には目もくれませんけどね・・・

小さな破片には振り向きもしない.

そういう小粒はサンゴハゼやハナゴイたちが喜んで掃除しています.



こういう様子を見ると,最初のブラインがいけるかどうかが生命線なんでしょうね.

これでひとまず冷凍ブライン解凍作業(毎日だと結構めんどくさい)からおさらばできます.

ここまで約1か月の辛抱期間でした.




問題はここからどうやって粒餌に行くかなのですが.

どうも粒餌は「食えるもの」という認識がないらしく,鼻先に流れてきても一切無反応.

乾燥ブラインとそう大差ないと思うんだけどなぁ・・・




話題変わって.

首~背中に至る右半身の筋を超絶痛めてサボっていた水替えを,約2週間ぶりに再開.

その間は添加剤でだましだましやり過ごしてました.

20140330141713_3

排水がすっかり黄ばんじゃってたよ・・・(;゚Д゚)

この水槽,こんなに色鮮やかだったんですね.(ぉぃ



2週間と言えば,人の一般的な外傷の全治が大体そんなもんだそうです.

背肉のえぐれが痛々しかったぼのチヨウさんも2週間でだいぶ回復.

20140330141748_2

時々こうやって背びれを全開できるようになりました.

(前側の背びれがトゲトゲしてるのは元々です.)

餌食いだけは異様に良いので,それも回復の一因でしょう.

20140330141802_3

まだ背びれの前側と後ろ側を分けるあたりの傷はそのまま残ってますね.

ゴマハギとは凶悪不仲でしたが,ヒレナガさんとはぼちぼちです.





春のヤドカリ大量投入キャンペーン,勝手に実施中.

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

 

続きを読む "どこまでも頑固なシマさんが餌付くとこうなった" »

2014年3月27日 (木)

記念の一枚がそのまま遺影に・・・

20140324221215

浅場水槽での夕方頃の一コマ.

4種のチヨウが勢ぞろいで仲良くホバリングしてました.



この数時間後にフウライさんが他界するなんて予想もつかなかった・・・.

原因がいまいちわからない…


ニザダイアタックを受けたと思われる傷があるものの、致命的なものでもなく昨日まで仲良く並んで泳いでたくらいなので直接の死因ではく、弱ったフウライがヒレナガのテリトリーに流されたためと思われます。


白点が付いてたことは付いていたけど、死ぬほど重症とも思えない程度でした。


あと考えられるのは、泳ぎ方からするとやっぱりエラ周りか…。



チョウチョウウオのエラ専門の寄生虫があるとかないとか…

2014年3月21日 (金)

サイタサイタ,ウミアザミがサイタヨ

635b2882fa33071e823a270efae082d3

灯りがが夕暮れモードになった頃合いなので,ちょっと色がどぎついです…(笑)

20140321213721

MGさんで投げ売り特価でゲットした深場イシ付ウミアザミ,ようやくフサフサ~パクパクと咲いてきました.

ショップの販売水槽みたいな,あんまり水流が強すぎもよくないみたいですね.

オマケでくっついてきた深場イシを枯らしたくもないので,ちょっと弱めの照明なのもよかったみたい.




苔ショウガは前回更新時よりだいぶ共肉面積が広がってきたよ.

地肌が肌色なので見てくれはあんまりよくないけど生命力は強いようですね..

20140321213657時々向きを変えて焼き焼きしてます.

20140321213617

左塔からコロコロと(笑)サンゴが落ちるので少しレイアウトをいじってみました.

高所恐怖症には厳しいタワー造成中w



昨日~一昨日の急な気温・水温変化で風邪を引いたらしく,フウライさんとスダレさんに白点発生・・・

20140321213632

ヒレ周辺がポツポツ.

エラに回らない限り大丈夫かと思われます.





薬浴はあまりやりたくないにょ…
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年3月19日 (水)

昨日のウミアザミ&シマヤッコの姿をとらえた!&その他

★まずは昨日のアレから・・・

昨日MGさんから投げ売り特価で連れ帰った深場イシに憑りついた変なウミアザミ・・・

いや,ウミアザミつき深場イシ・・・?

20140318065845_2

気持ち開くようになったかな,という具合です.

トサカみたいな立派な胴体に比してポリプが細かいので,一見溶けてるみたいに写ってますが正常です.

まだパクパク行動は現れていません・・・って,これパクパクする種類で合ってるのか?(汗)



今回入荷のウミアザミ群,どれもこんな感じでものすごく繊細.

スタッフさんふがおっしゃるにはMGさんに入る沖縄産は大体こんな感じだそうです.

バヌアツのミドリイシの時もそうだったけど,見ただけでMG品と気づきそうな特徴ある選別センスのような気がします.



ちなみに今回の【セットで2000円でいいよアザミ】の片割れはこんな感じ(左下でアローヘッドに踏まれてるやつ)です.

20140318065935

これまた正常なのかヘタレてるのか分かりにくい風貌をしています。

ぽろぽろした触手が揺らめいてるのできっと大丈夫…でしょう,多分(^^;)




★シマヤッコが久々に写真に写りました

結構粘った末の一枚.

最近いつの間にか粒餌を食べるようになっていました(ぉぃ

20140318065921

20140318065912

思い出したようにへろへろーっと徘徊してまた岩の下に帰っていきます.

器用なのかへたくそなのかわからない泳ぎがまたかわいらしいのですが・・・

気に入った場所がこっちからは見えない奥まった岩の下,夜は何してるのかわかりません.

とにかく変な子です.



★あとは水槽近景とかとか

こんな具合で幾分サンゴが増えたりした結果,浅羽水槽のようすも当初とだいぶ様変わりしてきました.

20140318070011

ちょっとMGさんの展示水槽の岩組を真似てみました.

あっちは擬岩を土台にアクリル棒をさしたりタイラップで固定したりしてるので,素組みの我が家とはちょっと様子が違いますが形はこんな雰囲気かな.

このレイアウトのいいところは,平組よりもおけるサンゴの数が数段多いところです.

この写真のようなレイアウトでも左側のタワー斜面がすっかすかなんですよ.



あんまり調子に乗って高くすると,コラリアにイソギンが寄ってきそうでちょっと怖いので自重しています.

不思議なことにイソギンってサンゴを踏み越えて進まないみたいな習性があるので,これ以上の進撃を止めるためハナヤサイと復活ショウガで行く手をブロックしています.

豆デバを5匹ほど追加したので,魚はごらんのとおりデバ乱舞中です.

チヨウさんたちが良いアクセントになってます.

これだけカクレクマノミやTHEクマノミもいるのに,4体いるイソギンの中で唯一右下の不気味LTにだけ誰も寄り付きません・・・(笑)







スミレ・・・スミレたんはまだかの・・・
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

続きを読む "昨日のウミアザミ&シマヤッコの姿をとらえた!&その他" »

2014年3月18日 (火)

【今夜は連投】いかにもMGさんっぽいサンゴをゲット

さてさて,前回の更新でいつの間にか買い物袋が増えていた件ですw

実はこんなのを衝動買いしてきてしまいました.

20140317234728_3

なんか珍しいことになってるのがわかりますか?

なんと深場ミドリイシの白化部分にウミアザミが密生しています.

「入荷から三日目でも何故かきれいに咲かないから,同じような状態のもう一つとで2000円でいいですよ.(´・ω・`)」

すみません,こういうの大好きなのでつい買ってしまいました・・・(ぉぃ

うちの浅場水槽環境が先住のウミアザミとの相性がいいようなのでチャレンジしてみようと



いやぁ,MGさんのこのざっくりした商品センスは好きだなぁ.

難を言えばどれも土台はガチのライブロックなので置き場所の確保に困るくらいでしょうか.



ちなみに夜のようす.

20140317234744_2

確かにまだ咲いてませんね.

見たところ蛍光も特に乗っていないようです.

ほかにも枝状ロックにびっしりと群体のついたウミアザミがあと一つ残ってましたよ.



また,包装してもらってる時に覗き込んだキュアリング槽にたくさんいたカクレのイレギュラーが非常に気になります.

 狙うなら今ですよ~.

 

 

そろそろスミレたんの初物が入り出すころになってきましたね.
まだかな待ち遠しい.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年3月17日 (月)

MGさん速報~.

まずはこう言うニュースがあったのでご紹介.

温暖化で今世紀末には・・・

どうでしょうねぇ.

さすがに温暖化までは否定しないけど,この手の話題ってちょっとセンセーショナルに煽られ過ぎてる気がしなくもないので話半分に聞くようにしています.

どうも温暖化予想グラフの予測手法の多くに疑問が・・・.



報道もその辺りちゃんと吟味と検証をしていかないと,何でもかんでも研究者側からの情報を鵜呑みで扱うことの危険性はよーくわかったでしょうに.

先進細胞関連の論文疑惑が立て続いてるけど,マスコミにそこまで叩く資格あるほど「新発見」のときに検証や裏取りしてたのかな.

報道がオオカミ少年になるのは将来的にまずいと思うな・・・.

なんせ先進細胞関係だけでも痛い目見るの今回2回目でしょう?




★MGさん速報~.

さて,今日の帰りに消耗品をそろえにMGさんに寄りました.

先日の「バヌアツミドリイシ終わるよ」からしばらく,品揃えがどうなってるのかも気になってましたので.





店に入るなり

見たこともない巨大すぎるウミイチゴ(笑)

全高20cmくらい・・・?沖縄便だそうです.

それも数体.

先日の便では直径30cmくらいのウミキノコがこれまた数体いましたが,速攻で売り切れたようです.

どんな人が買っていくんだろう(汗)

さらっと沖縄便と言いつつさすがMGさん,普通の店にないセンスの生体が入ってます.



・・・これなら心配ないですね(何





帰るときに予定になかった買い物袋が増えてるような気もしますが・・・・・・それはまた別のお話(・ω・)








今回は取り急ぎ速報まで.

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

続きを読む "MGさん速報~." »

2014年3月15日 (土)

縞のまにまにハナヤサイ

どうもこんばんは,年度末になると毎年まるで落ち着かないえぴ兄です.

撮りだめ番組が消化しきれない・・・(;´・ω・)



職場の方では毎年恒例「来年度人事はこうなる」的な憶測話で盛り上がる人たちがいて気まずい空気.

こういう話は好きじゃない性分としてはなーんか気がよくありません.



さて,ちょっと間が空いた感のあるアクアネタです.

20140315100249_2

ハイタイプ水槽の醍醐味を活かすべく,左右のタワーをアーチ状につないでみました.

予想以上に空間面積が広がって,サンゴがあと数群体いけそうなスペースが出現.

魚にとっても良い隠れ家の様です.

そこにセンジュイソギンが出たり入ったりして光量を調節していますw

もっと深くに潜ればいいのに・・・と思うんだけど,ヤツ的にそれは許せんようです.



★縞のまにまに

その後のマニラシマさん,ようやく給仕した餌を見てる前で食べるくらいに落ち着いてきました.

相変わらずの臆病さんで,カメラを向けるとこの通り.

20140315100237

このどこかに潜んで嫌がります・・・.

写真が極端に少ない一匹.



あ,あとそれから.

ちょい深場のぼのチヨウさんを浅場水槽に引っ越しました.

20140315100257s

何と戦ったのか,背びれの付け根にでっかい怪我してます.

本人の方は平然としてますが,はたから見ると深手で結構痛そうです.

可能性が高いのは ゴマハギのニザダイアタック,次点でウミケムシ辺りかと.

うちのゴマはチビのくせに気性が荒いのです.



ほかのチヨウたちもようやく粒餌に食いつけるようになりました.

20140315100305_2

20140315100311

これですっかり彼らのおやつになっていたカクオオトゲたち(死なない程度につつかれる)の受難も落ち着くはず.



★ご無沙汰のお店訪問


久々にAQUASTYLEYOUさんに行くことができました.

WEBショップの方で魚類にあまり動きがないなと思って聞いてみたところ,MGさんと競合するので仕入れを控えてるとのこと.

代わりにサンゴに力を入れていく戦略だそうです.

確かにミドリイシの方は品回りが元気そうです.



で今回いただいて来たのはこちらの二点.

20140315100327s

左はスゲミドリイシ,右は枝状ハナヤサイ

※手前にいるのはアオマグロ最近また太ったデバさんs.



スゲはちょうど一年くらい前,まだ訳も分からない頃に買ってきたそばから訳のわからないままRTNらしき共肉剥がれでダメにした種類の一年越しの再挑戦.


ハナヤサイの方は知的好奇心からの実験です.

と言うのもうちの古株のハナヤサイ,ものすごい勢いで真っ赤なのですよ.

20140315100332

この写真では紫ですが,実物はドギツイ赤ワイン風味です.

 ※カクレさんが心霊写真に見えるのはきっと気のせいです.



AQUASTILEさんいわく,レアな色揚がりだそうで(・ω・;)マジカイ

何の工夫もないまま勝手に色が揚がった(笑)と言うのが悔しいので,意図した条件でどう変化するのか見極めたいと思った次第です.

さあ,どうなりますやら.





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年3月11日 (火)

バヌアツ便

先日MGのスタッフさんから、バヌアツ便のミドリイシが減るor高騰しまうかもと言う情報をいただきました。
なんでも現地のストック状態や輸送事情が良くなく、コストに見当たった量が確保できないのだとか。
それに合わせてバヌアツ海水魚も流通が減る動きがあるようです。

もちろんいわゆる問屋ルートは今後も残るでしょうが、中間マージンが入る分高くなるのは避けられないでしょう。
また問屋ルートもデカい個別輸入便が一つ無くなれば、強気な卸値になる可能性もあるでしょう。

今後は別の地域を発掘していくそうです。
また、代わりに沖縄やネシアやマニラ便の方が元気みたいですね。
今行くとかなり立派な沖縄便のチヂミトサカが並んでいます。

さらに今度ネシアかマニラからの便(すみません、適当すぎますね(^^;))で、季節モノかつレア種の大型ヤッコが混じる予定があるそうですよ。
あまりに聞き覚えがない名前だったので何が来るのか忘れました(笑)
トリートメントが終わり次第、サイトにアップするそうです。
大型ヤッコerな人はしばらく目が離せませんね。

ええ、うちの水槽ではまず無理ですのでここでタレ込んでみました(笑)

この春はいろいろアクア事情に変動がありそうです。

2014年3月 4日 (火)

前回愚痴書いたら水槽の神様がお怒りになって・・・

週末まるまる潰しの水槽入れ替え作業が偶発orz

はい,ライブロックを内側からぶつけてやばげな傷が出来ました(滅

たたりか?それとも天罰か?



そしてこの機械を好機にとサイズアップを画策しましたが,結局うちの間取りで90クラスは絶対に無理と言うことでやはり60サイズです.

ただし普通に市販がある中で極力背の高いハイタイプ,60×30×45で空間拡張を狙ってみました.

水量が30L弱増えて総水量は140L越えたよ.

20140303061559

規格水槽よりたかだか10cmと侮るなかれ,タワー組んだらこんなに違います.

ちゃんとタワーがタワーっぽくなった・・・w



ちなみに以前のレイアウトのようす.

20130809094229

タワーのつもりで組んでるのにまるでぼた山でしたね.

そしてこれが完成した新水槽のレイアウト.

20140303064242s

まだ上に空間が余ってます.

泳いでる魚もすごく小さくなって見えます.



右のタワー.

20140303064314

20140303064404

サボテンさんを支える土台は拡張のためにLRを新調.

MGさんのバヌアツロックは高く組むのに楽な形をしています.

効けば産地によって形状の癖みたいなものがあるそうです.



そして左のタワー.

20140303064303 こちらはオヤユビ系の死サンゴを大胆に足場とし,光量のいるハナヤサイなどを乗せてみました.

なるほど,こうやって高さを稼ぐんですね.

死サンゴもそのうち石灰藻がついて良い色になってくれるでしょう.

その前にいったん苔にまみれると思われますが.


背景の小汚いショウガはいま白骨化して苔てる部分と生き残った共肉部分が拮抗中のものです.

ポリプの開きと共肉の侵攻具合からサンゴが優勢と思われます.



20140303064354

土台の方はおなじみ,「おさすい」仕込みの枝ロック櫓.

水回りの良さは抜群です.





あとはこの状態で4日間乗り切れば白点も乗り切ったことに.

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ