フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 濾過槽を掃除してみたよ | トップページ | 不気味なくらいチョウが順調で仲間が増えました. »

2014年2月23日 (日)

底砂ありでチョウチョウウオ・・・案外いけます

海水魚を始めた当初はチョウチョウ系の魚が鬼門で,必ず数日で白点まみれになって亡くしたものです.

・・・が,最近ウソみたいにチョウチョウウオが安定して飼えてるんですよね.

巷で御法度みたいに言われてる底砂厚々の水槽で(笑)



実際の海にも砂はあるんだから,自然を意識して何かしらのポイントを抑えれば良いんじゃね?

なんて思ってチャレンジしてみたチョウチョウ飼育,なかなか順調です.



このシステムで1ヶ月を超えたぼのチョウさん.

20140223115530

導入初期に出た白点以来,病気知らずで元気に生存中.

好物はメガバイトレッドのM粒で,最近えらく体格が立派になってきました.

よく懐いてくれてます.



調子に乗って浅場水槽にもチョウチョウウオを呼びました.

20140223115639

こちらはスダレチョウ.

これで1週間かな?

ヒレナガさんと遊泳スペースを分け合ってるようで,たまーに鉢合わせて甘噛み程度の喧嘩?をするけどまずまず平和.

粒餌は突っつく程度でしきりにコケをほじくって食べてます.

ちなみに大のカメラ嫌いで,近くでレンズを向けると暴れ出します.




水質が落ち着いた水槽なら別に底砂の有無は問題にならないような印象です.

どちらも導入三日目に初期白点が出たものの,2サイクルしたら勝手に収まりました.

今はどちらもヒレがきれいな半透明です.



【留意点とかとか】

気をつけてるとか,工夫してる点は・・・・・・正直これという特殊なことはしていないのですが,一般的な魚水槽と違う点をあえて挙げたらこんなとこでしょうか?

※デト食生物や底砂撹拌生物など環境維持を生態系でカバーするのは必須だと思います.
 どうしても目的外の生体を併せて飼育することにはないますが.

・バクテリアを豊富に.
 単一のバクテリアだと細菌叢が偏るのは目に見えているので,GEXの「サイクル」をベースにした環境にBostyleの「Bio Aqua marine」を被せて投与.
 特に後者は【乳酸菌や酵母菌を含む複合菌( タンパク質分解菌、脂質分解菌、デンプン分解菌、セルロース分解菌、 亜硝酸菌、硝酸菌、脱窒菌、窒素固定菌、マンガン酸化菌、マンガン還元菌、 硫黄細菌、鉄酸化菌、鉄還元菌、硫酸還元菌、酢酸菌】など,そりゃもう豊富すぎる菌種が封入された優れもの.

 これで有用菌のパラダイス(笑)を作り,病原雑菌の繁殖を押さえ込みます.
 効果があるのか,どの魚も白点病が出たとしても広がらずに自然治癒です.
 海の魚が病気にならないのって,水がきれいなんじゃなくて細菌叢が多岐で拮抗してるからなんだと思うのですよ.

 以前は薬品でどうこうするパターンでしたが,かえって最近バランスがおかしくなって雑菌がはびこったりしてこじれることが多かったです.

・水質はミドリイシ基準.
 それが必要レベルなのか十分レベルなのかはわかりませんが,同じ水槽でミドリイシが維持されている程度の水質キープ.
 もちろんそうなると硝酸塩はほぼゼロ状態だし,pHも自ずと8.2前後が基準になるので魚にも優しくなります.




この他には水流をタイマーで間欠させたりしてるわけですが,それも自然の海を意識してのことなのであんまり特殊な事だとも思えません.

あ,あとはこれこれ.

20131206180228fab_2

以前の環境との大きな違いはBPリアクターの有無が最大の違いかと.

魚に直接何かあると言うより,低栄養塩の水質維持が圧倒的に楽なんですよ.

特にうちみたいに

サンゴはいるし,魚はばくばく大飯食いで給餌時間はカーニバル状態

な環境で奇跡のリン酸ゼロを叩き出せるのは間違いなくこれのおかげです.




とは言え,餌付けだけは何をどうやったって難度が下がるわけもないので覚悟は必要です.

種類にもよりますが,うちではクラカケチョウ辺りだとほとんど餌付くことなく亡くなってしまいます.

こればっかりは個人スキルを上げていくしかありませんね・・・





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 濾過槽を掃除してみたよ | トップページ | 不気味なくらいチョウが順調で仲間が増えました. »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

さっぱりサンゴ礁にチョウというのは絵になりますね。
底砂は、飼育スタイルによって賛否もあるでしょうけど、
私自身の経験則ではあったほうが安定するように思います。

ただ、「諸刃の剣」というか、砂を味方につけるにはいろいろ工夫も必要ですよね。ちなみに、水槽交換時に破棄してしまった砂は全部パウダーで、10年くらい入れてましたけど、汚れはあったでしょうが、見た目はキレイだし、硫化水素などの異常は全くありませんでした。

そのかわり、数年前に入れたであろうゴカイ、イソメ、線虫、クモヒトデ、横海老などの甲殻類などすごくわらわらしていました。多分二度と再現できないと思われますw。

こんにちは~.

>チョウは絵になる

ですよね~.
もともとのきっかけになった沖縄の海での素潜りでも意外とよく見かけたので,いつかはじっくり飼いこみたいなと思ってたんですよ.
そうなってくるとやっぱり自然に近い買い方を・・・ってなってきますし,チャレンジし甲斐がありますね.

>底砂は諸刃の剣

よーーーーーーーーーーーーーーくわかりますw
きちんと生物相を増やして熟成した上なら,ベアタンクよりも水質が急変しなくていい感じです.
管理は難しくなりますけど,どっちを取るかですね.

今後もうちょっと種類を増やしたいなと思ってます.
沖縄にいそうな種類で縛るとなかなかおいてないショップが多くて洋物種が意外に主なんだなって感じます.

チョウチョウ、良いですよね~。いかにも南国の生きものってカラーリング、私も憧れるんですが、白点が心配っていうのは、確かに聞きますもんね。やっぱり詰まるところは水質ですかね。。。BPはすごくパワフルなツールですよね♪

こんにちは~.

そういえばチョウって南国魚と言っても意外に和歌山でも採れるんですってねぇ.
なんだか昔,うちの本家に帰省したとき近所で釣ったようなおぼろげな記憶があります.
しかも夕方には味噌汁になってたような・・・(^^;)
アクアに目覚めた今なら絶対に食わないと思います(笑)

>白点病
うちも以前はホントにびっくりするくらいだったんですよ.
導入三日くらいでポツポツ出てきて,さらに三日くらいで全身おびただしい数になって亡くなるのが続いてトラウマみたいになってました.(汗)

最近思うんですけど,魚⇒サンゴとステップアップする人が多いですよね?
これ,実感的には逆の方が本当は良いのかも知れません.
よくよく考えたらサンゴオンリー水槽って魚水槽より遙かに管理しやすいですし・・・普通は費用的にもそういう順ではやらないでしょうけど.

なんにしろBP様々って感じです.w

えぴ兄さん こんばんは!最近コメントが出来ず、すいませんでした。

チョウチョウウオって、あまり飼いたいイメージがなかったのですが、意外といいな、っと思いました。結構キレイですね!チョウさんカッコイイですね♪

やっぱり、砂は厚手のほうがいいんですね。家の水槽も先日、2cmから5cmほどに厚くしました。今は安定を待っています。

あと、BP魂はやっぱりすごいシステムなんですね(*^_^*)

こんばんは~!

>コメントが出来ず

いえいえ,まったく気になさらずに.
自分もものすごく波がある方ですからw

底砂はある程度の厚みを思い切ってしかないとあまり意味が無いみたいですね.
敷きすぎると硫化水素が怖いですが,底砂としての機能を果たさせるにはやっぱり数センチは盛らないとw

>底砂の安定

バクテリアをスポイドで底砂に直接注入してみるのも良いかもですよ~.

>BP

おさすいメンバーズで流行ってなかったら今頃抜け出せない栄養塩の迷宮にいたかもw
実に良いものに出会わせていただきました.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 底砂ありでチョウチョウウオ・・・案外いけます:

« 濾過槽を掃除してみたよ | トップページ | 不気味なくらいチョウが順調で仲間が増えました. »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ