フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« B型レビュー | トップページ | 二代目シマヤッコ本水槽二日目 »

2014年2月 4日 (火)

シマヤッコに再チャレンジすることにしました

インフルエンザでぼーっとする頭に飛び込んできたニュース.

ふなっしーお父さん犬に恐々

ほらやっぱり怒られた・・・(笑)




★シマヤッコに再挑戦中

シマヤッコさん緊急放流」の二日後,岩組の隙間で変わり果てた姿を発見.

あらかじめ予兆があってのことなのでショックよりも空虚な感じで,余った冷凍ブラインを他の魚たちにぱらぱら蒔きながらため息ついてました.

どうも消化試合みたいで気分が重い・・・



その後インフルエンザで寝込みつつの数日間.

いろいろ考えて再挑戦することに決めました.



いろんな要素があったにせよ,うちに来た子は食わない子だったことは事実.

と同時に,同じ便でMGさんに来てた個体の中にも「すぐ食ってる子」「数日食ってない子」がいたのも見せてもらって知っています.

と言うことは,「シマと言う種類が食わない」のではなくて「シマの中の食えない子が食わない」のではないかと思ったのです.

20140204115118_2

だからこそ今度もマニラ産.

自分的な推測では,シマの初期拒食って「薬物採取説」とか「輸送状態説」などとは別のところにあると思うんですよ.

つまり産地に起因するものではないんじゃないかと.



シマヤッコの生息深度が20~70m,20mならまだしも70mなんて魚釣りでも相当深場でしょう?

そんなところから揚がった魚が餌食える体なのかが怪しいです.

もちろん減圧に馴らしながら揚げてくるんでしょうが,それこそ生き物ですから何匹かは失敗もあるはず.

外見でわからない違いだからこその「当たり」「外れ」なんじゃないかと思うんですよ.

まして産地ごとに模様が違い付加価値がついて相場にもハッキリ違いが出てる以上,初心者が手を出しやすいのは安価なマニラ産に集中するはず.

当然ながら購入層の偏り=キュアリング成功率の偏り・・・になってくると.



たとえるなら

「経験値がたまるとどこ産を買ってもなぜか死なないハタゴイソギン」

みたいなものなんですよ,きっと.

そういえば,クマノミがイソギンに共生しないことで悩むベテランもいないですよね?

(おっと,話がそれました・・・w)

要はもともとの生息環境に近い環境を作るからこその「長生き」であったり「生態行動」ってだけの,シンプル思考で良いのでは?

そこへ人間側の「こうであって欲しい」「こうでなきゃならない」と言う理想が加わって,高いハードルができあがってくるのでは?

シマの場合は高級魚だけに「餌は人工餌食って欲しい.」「いつも見えるところにいて欲しい」とか.

最低限生きられる状態と環境なら,慣れてきたころに自分からそうしてくれると割り切ってみるのはどうでしょう?

あながち弱腰の見解でも無いと思うのですよ・・・いやむしろ高級魚をこんな扱いで割り切るところがチャレンジャーw



よってシマヤッコの導入初期のポイントは二つ.

・はじめから何の問題も無い個体である.=「普通」のシマヤッコ飼育
 ⇒少しでも何か食えるならそれで許してやる(人工餌を焦らない)
  本水槽でブライン流してる方が安心.
  元々洞窟住まいなんだから多くは望まない.

・運悪く食わない(食えない)個体を引いたら「餌付け」ではなく「治療」のつもりで.
 ⇒先述のように「負傷魚」だと思えば扱い方も変わってくるはず.



極論を言うとたったこれだけに思えます.

入荷後1~2週経ってやせてない子であれば,照明や人の気配などへの初期ケアはすでにショップで行われてるでしょう.

これだけ気むずかしい種類なら,そうでなければ1~2週後に店頭にいられない.



そうなってくると,変なリスク縛りを考えずに,好みの模様や予算で純粋に産地を選べば良いと言う仮説が出てきます.



逆に言えば,入荷直後の取り合い合戦への参加は危険と言うことになりますね.

(ただこれって,魚全般そうですよねぇ・・・たとえクマノミでさえも.)

なんせシマヤッコの売れるスピードって実際,半端じゃないのですよ.

どこから情報が伝わるのか,入荷翌日にはHPにアップされない内から多くが売約済みです.

もしかするとシマやスミレって入荷が少ないがために人間が急いで買い求める結果,本来ショップでやってたケアまで一般人がやらねばで勝手にハードル上げちゃってるのでは?

そしていつの間にか皆が餌付けに身構えるようになり,いつの間にか餌付けの目標ラインまで高くなって「餌付け困難種」と言う幻が現れるようになったと思えてきました.

ありがちな泥沼構造です.



結論.

餌付けが重要だと思い過ぎるから焦って失敗するし,餌付けが重要だと思い過ぎるから「食える」個体まで隔離してしまうし,苦労して餌付けるならと餌付く以上の理想を求めて不測の失敗リスクを負うのかも知れません.

餌付くだけなら産地は関係ない・・・はず.(弱

インフルエンザで軟禁生活が長引いているせいか,無駄に達観してます・・・(笑)


だからこそ今度もマニラ産.

しつこい・・・

Ce7_2714s_2

ほら.言ってるそばから食ってますw

以上,完了.(早

ぶっちゃけ普通は餌付けって「人間が提供できる何らかの餌が食えた時点で完了」ですよね.

人工餌を食うまで許してもらえないのは魚だけな気がします.



とは言え,先代の反省が何もないわけではないのでいくつかは留意事項を設けました.

・何か食べてるのを見届けた時点で早期放流を覚悟する.(今回はすでに合格)
 ⇒「食える子」であることを確認できたら本水槽の生物層に預ける.
  よくよく考えたら本来そういうコンセプトだったジャマイカ・・・
  何の意味で底砂利&サンゴの水槽でチョウを頑張ってたのか忘れてた(汗)

・ケースにサンゴ砂利を少量敷き,ケースにもバクテリア.
 ⇒単純に残餌処理です.
  先代の時に吸引掃除でだいぶ怖がらせた気がするので・・・

・活性炭
 ⇒急造の生物濾過が追いつくわけがないのでその補助.
  ここ数日水替えできず硝酸塩が出てたのでちょうどいい.

・被せものはしない
 ⇒本人(本魚?)があまり気にしてなさそう.
  本水槽と違うことすると移ってからが心配.

  つーか壁があるだけで十分.


とは言え今日届いたばかりなので,純粋なキュアリング目的で1日~2日だけ隔離しとこうと思います.

他の魚との相性も見ておきたいし.



逆に朝からビラクマさんが気になって仕方ないようで,ずーっと隔離ケースの中を観察中.

20140204115033

20140204115052_2

20140204115107

威嚇するでもなく,ただただ純粋に中のシマさんに興味があるだけみたい.



そう言えば,こっちの水槽って力の上下関係が無い気がする・・・

どの魚も誰とでもくっついてく横並び関係..

たまーにホンソメさんが手違いで変なとこかじるらしく,不特定の子からすごい勢いで追われてるようだけどお互い様な感じです.



さすが,ぼのぼのワールド.

スバラ☆です.

アケボノチョウ(通称:ぼのチョウさん)がいるだけに.(ぉぃ








お後がよろしいようで・・・.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« B型レビュー | トップページ | 二代目シマヤッコ本水槽二日目 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

コメント

ちゃんと飼えてない人に言われても説得力ないよね

どうもこんにちは.

おっしゃるとおり,初代はちゃんと飼えませんでした.
そこからいろいろと自分なりの考察を持ちつつ初心に還って二代目挑戦中です.

何を持って「ちゃんと飼えている」かは人によって変わるでしょう.
粒餌にも餌付いて人の目に見えるところで泳げなければ許せない人もいれば,水槽の中にある生態系の一部として元気に過ごしてくれればそれで良いという人も,それで良いと思うのです.

と言うわけで,うちではそのレベル設定を下げました.
理由はもともとうちでの「初心」が後者なのと,今の自分のスキルと時間で無理に定型通りの餌付けにこだわってまた死なせることが嫌だからです.
まずは自然に近い状態で長生きさせるところからにしようと思います.
理想に近づけるのはそれからです.

お陰さまでいまのところ,変にやせることもなく当初の目標並で推移しています.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シマヤッコに再チャレンジすることにしました:

« B型レビュー | トップページ | 二代目シマヤッコ本水槽二日目 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ