フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 二代目シマヤッコ本水槽二日目 | トップページ | 二代目シマヤッコ五日目:ちょっと徘徊 »

2014年2月 8日 (土)

二代目シマヤッコ四日目,サンゴもちょっと追加

★まずはシマヤッコのようすから

相変わらず定位置は物陰,の地味子さんですが・・・

Ce7_2729s

それでもちょくちょく徘徊するようにはなってきたみたいで,見えるところにいる頻度が上がってきました.

ご覧のような腹の黄色みが鮮やかな子です.

自分は純白よりこっちの方が好きなんで,もしもこのまま「マニラ産でも長期飼育ができる」ことが実証できるようなら御の字です...

Ce7_2742s

鬼門の3日目を越えて,白点は出ずに済んでいるようです.

ぼのチョウさんが発症してないくらいだから大丈夫だと思います・・・・・・多分.



念のためバクテリアを規定の頻度より高めに追加を続け,雑菌共々繁殖を押さえ込んでみています.

バクテリアはGEXの「サイクル」と,かなり豊富で幅広い種類が入った「Bio Aqua marine」.

この「Bio Aqua marine」は,1.023worldの応援市場で見つけたご新規です.

Ce7_2734s

正面から.

背肉も並盛りくらいで体型も悪くない.

次の山は1週間目あたりですね.




健康状態は申し分ないので,あとは粒餌に手を出すのはいつかなってとこですね.

ライブロックはよくつついており,目に見えないなんだかよくわからない何かは食べています.




★増えたサンゴはこちらです.

ちょい深場にフラワーコーラル,ナガレハナと近縁のゆらゆらLPSです.

コケ掃除前に撮ったのでちょっとお見苦しい仕様になります.申し訳ないです.m(_ _)m

Ce7_2724s

これでだいぶ見た目の印象が浅場水槽と違った趣になってきました.



こちらが「浅場水槽」

特に何も増えてないのでいつも通りです.

20140130081508

サンゴ類は他種多様に,LPSはできるだけ深くに集めてSPSの天下っぽく演出.

ソフト系はその隙間を縫うように配置.

イソギンは徘徊系のセンジュと超浅場系の大御所ハタゴ.

水流はわざと一定時間区切りで方向が変わるようにしています.




こちらが「ちょい深場水槽」.

Ce7_2744s

LPSと各種トサカ類をメインに位置高めでセッティング.

SPSは地味で褐虫藻の濃い群体をチョイス,今いるのはミドリイシのベットリパープルと蛍光グリーン,エダコモンの蛍光グリーンです.

底生イソギンにこだわってます.

水流はほぼ一定方向の間欠流です.



水深ごとに特徴が出やすいSPSを,どう扱うかでだいぶ印象が変わりますね.

ちなみに淡い蛍光系・色ベットリ系は蛍光タンパクでの光量補充や褐虫藻が多かったりで,言うほど強くない光でも維持できます.

強力な光や波長にうるさいのは濃い蛍光系・明るい原色・パステル系,という風に大雑把に分けられることが最近わかってきました.



見極めが必要なのは蛍光色のもので,表層からベットリ蛍光のものはもともと強い光へのバリアなので光量が足りないとすぐに栄養が不足します,

(うちのサボテンに乗ってるようなギラギラした蛍光がそれで,見れば一発でわかりますす.)



共肉の下に蛍光があるような淡い蛍光色のものは,弱い光を増幅するための蛍光なので強い光を当てると焼け死にます.

(こっちはよく観察しないとわかりにくいです.)

特に光が十分なのに原因不明ですぐ落ちる場合は,この蛍光色の見極めに原因があることが多いんじゃないかと思います.

これを逆手にとれば,わりと貧弱(SPSをやるには貧弱程度,一般的なサンゴレベルは当然必要)なLEDでもミドリイシにチャレンジすることも可能です.






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 二代目シマヤッコ本水槽二日目 | トップページ | 二代目シマヤッコ五日目:ちょっと徘徊 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二代目シマヤッコ四日目,サンゴもちょっと追加:

« 二代目シマヤッコ本水槽二日目 | トップページ | 二代目シマヤッコ五日目:ちょっと徘徊 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ