フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« たまには生体の回診報告 | トップページ | 【BP魂】戦え!BPロボ!2号機 »

2013年12月25日 (水)

バイ菌類との戦い

「進撃の巨人」12巻が届きました.

今回ネットで話題だった例のあいつが久しぶりに登場してくれたおかげで,アルミン君は冤罪だったことがハッキリしてホッとしました.

ただ,まったく話が進まなくなってるのは気のせい??

話が進まない巨人と言えば,一球投げてからバッターに届くまで1ヶ月くらいボールが空中に滞留していた野球漫画がありましたね.

こんにちは,えぴ兄です.(挨拶



さて,今回もなかなかハードな話題でアクアネタになります.



★定期回診から一大事に発展した怖い話

前回に引き続き定期巡回@「ちょい深場」のための取材でえらいことが発覚.

20131225082921

とうとう「ちょい深場」の細菌比率が瓦解したようです.

世にも恐ろしい白点パラダイス・・・

一番ひどいときにはトゲチョウさんの体表がブルーライトに当たると全身粉吹いたみたいになるほどでした.

ビラクマさん夫婦も影響あったようで,一時はイソギンに近づくのも避けるくらい.

でも今回は一匹も死なせていませんずに済みそうです(・ω・)ノ

20131225123619

今は白点の名残独特の白シミがあちこちに残っているものの,全員峠は越えたようで餌も食えてビラクマさんは再びイソギンに取り憑いて共生しています.
ご心配をおかけしました.

治療を始めてから数日のうちに,LTがやたらでかくなりました(・ω・)ナゼ??



・・・これだけでは何なので,今回の治療に用いた方法でも.

<初日>

トゲチョウさんに白点発見.
時間とともに増える増える.
とにかく焦って病魚役を緊急手配.

<二日目>

続いてアケボノチョウとビラクマさんにも発症.
ICHを規定量で添加開始.

<五日後>

症状が改善しないので,「コショウ病」(ウーデニウム病)の疑いあり.
ICHにファンガスを追加.
※ICHとファンガスは併用できます.(商品カタログで確認済み)

<一週間後>

白点が片付かないうちに突如ミドリイシ類が禿げはじめ,コハナガタも溶け出した.
「細菌環境崩壊してない?」と言う疑いを持つ.

<十日後>

白点発症前後からやや白化していたミドリイシ類の共肉8割,コハナガタのブランチ1.5個を持って行かれる.

他のLPS,同種のミドリイシが無傷なので病気だと判別できる.
※以前も白点が出たときに使った経験から,白点治療薬の影響ではありません.

20131225082957

20131225083133

こんな状態でもオキシドールで何とか食い止まった模様.

水質センサーのウミキノコガブラウンジェリー化,原因はともかく水質悪化と断定してフィルターの大掃除を敢行.

リン酸値もえらいことになっています.

ものすごい量の有機ヘドロを除去(汗)

ファンガスでも変化が見られないので治療薬をオキシドールに変更.
補助薬品としてヨウ素・ストロンチウム添加を強化.

硝酸塩・・・0.2ppm
リン酸塩・・・1.6ppm

<十二日後>

20131225123619_2

20131225152815_2

サンゴの白骨化が止まった.
白点も8~9割落ち,小康状態に.

ちょっと気づいたのですが,隣の健康なミドリイシには以前からカニが住んでいます.
白骨化したミドリイシにはカニいません.

また,オキシドールで白骨化が止まってからはカニが乗り移ってきて残った共肉と骨の境目で何かしています.

もしかすると以前どこかで話題になってた「キモガニがサンゴの病気を遅らせる」と言う記事とつながりがあるのかも.

さらにしきりにチョウチョウたちが,痛んだ共肉を狙い撃ちでつついてるようです.

彼らの名誉のために追記しておくと,健康な共肉を食害してるわけではありませんよ.
もしポリプ無差別なら全身ぷにぷにのオオトゲは今頃丸裸です.

・・・・・・とはいえ何となく信用できないので,はやって値の張るミドリイシは入れる気はしませんけどね(ぉぃ

・オキシドール添加は継続.

硝酸塩・・・---ppm(未測定)
リン酸塩・・・1.21ppm

<二週後>

本日.
BP2号稼働開始.
・オキシドール継続中.

硝酸塩・・・0ppm
リン酸塩・・・0.88ppm




と,こんな感じです.

オキシドール,ものすごい威力ですね.

感染系の細菌には強力な酸化殺菌,濾過バクテリアなどには分解酵素があるため無害とのことです.

ちなみに,市販のオキシドールには添加物として「フェナセチン」「リン酸」が含まれますが,前者は生体で分解でき後者は極微量なので気にしなくてもOKです.

そうそう.
基本的に飼育生物には無害なのですが,なぜかイソギンだけは少量添加しただけでものすごい反応をします.
別にそれで弱ることもないしすぐ元に戻るのですが,理由はよくわかりません・・・(^^;)








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« たまには生体の回診報告 | トップページ | 【BP魂】戦え!BPロボ!2号機 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

Aqua:水質・病気対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイ菌類との戦い:

« たまには生体の回診報告 | トップページ | 【BP魂】戦え!BPロボ!2号機 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ