フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の8件の記事

2013年12月27日 (金)

オレンジ,そしてホワイト

突然ですが,仕事で延び延びになっていた旧CBRの引き取りに持って行ってきました.

20130812223031

今日で二台のCBRが玄関先に並ぶ妙な光景は見納めです.

もうちょっとしんみりしたかったけど,何せ天気が悪くて自己らないよう店に着くだけで精一杯でした(/_;)

こんばんは,えぴ兄です.



★ついに届いたオレンジのアレ

来ました.うちにもオレンジのアレが来ましたよ.

※一部画像を加工しています.

20131227171828

あくあ12さんからの頂き物です.

早速開封・・・




と,その前に.


ついつい本能的にここへ目が行ってしまいました.(笑)

20131227171854

20131227171906

牡羊座ですね.素敵な切手です.



さてさて,気になる中身は・・・

20131227172007

某所の会員ステッカー!

昔バイクに貼るステッカーを自作したことがあったけど,最近はここまで良い具合に作れるんですね.

さらに個別の会員No.までついてるなんて芸の細かさ,さすがです・・・って事は全員分こうなってるって事ですよね?(汗)

ありがたく貼らせていただきます!m(_ _)m

どこに貼ろうっかな~.




★その後が気になるホワイトのアレ

マリンアクアでホワイトって言ったら旦那,サンゴの骨しかないですよね・・・.

アラゴナイト≓サンゴ砂だって結局ですもの.

で,その骨のサンゴの近況です.

まずはナガレハナ.

20131227172155

LT「ばぁ~.」



邪魔だよLT(汗)

メインはその後ろです・・・

病気の進行は止まり触手はゆらゆらしてるものの,なんかボリュームに欠けます.

ちなみに同じ画角レンズで撮った同じ水槽にいるタコアシがこちら.

20131227172205

比べて歴然,色からして全く違います.

これは時間かかりそうです.



続いてミドリイシ・・・

20131227172217

驚く白さ.

手前の子はよーーーーーーーーーーーーーーーーーく観察すると,まだ生きてるポリプが散在してるんですよ.

ここからの回復ってできるんでしょうかね?

また,奥の子はまだ半分くらい共肉を残して止まったようです.

こっちはまだ望みはあるかな?

いずれも三日はこの状態なので,おそらく症状固定でしょう.



ちなみに同じ水槽にいるご近所さん.

20131227172224_2

 

20131227172240

不思議なくらい無傷です.(汗)

色落ちも全くナシ.

下の破片エダコモンなんざ,この状況でも成長しています.

一応前回の記事にあるような状況証拠から推察までは行ってますけど,いったい真の原因って何だったのでしょうね・・・


<水質データ>

・Ph・・・8.1
・KH・・・16
・カルシウム(Ca)・・・460ppm
・マグネシウム(Mg)・・・1380ppm
・硝酸塩(NO3)・・・10ppm
・リン酸塩(PO4)・・・0.83ppm



★年の瀬大そうじしてみました

大そうじ完了,リフジウムが普通の水槽に戻った浅場水槽です.

ほら,写真に撮ってもリフジウムがあるのがわからないくらいの美しさ(笑)

20131227172740

白点もほぼ抑えました.

まだカクレさんにポツポツあるかな・・・くらいです.

20131227172315

あると言っても見た感じだとわからない程度かな?



それと,一足早く完治していたヒレナガさんは透明感のある体表コーティングが帰ってきましたよ.

病気にはなりやすいけどハギ類って回復能力は高いですね.
ヒレが破れても1週間かからず復元します.

ちなみに素早すぎて写真はありませんw



回復と言えば,スミレたんに突っつき倒されたカクオオトゲ.

ついに共肉の盛り上がりを確認できるようになりました.

20131227172359

ここまで来れば自然消滅はなさそうです.

今年こそ浅場水槽は平和に年を越せますね.

去年はリセット作業で紅白どころですらなかったのDEATH・・・orz








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2013年12月26日 (木)

【BP魂】戦え!BPロボ!2号機

どうもおはようございます.

昨日の記事にコメントもつかぬうちから更新ですw

↑休みの初日から風邪引いて結構暇らしい

できるときはできちゃうんだから仕方が無いっつーか,もう少し仕事の込み入り具合が平均化すると楽なんですけどねぇ.

あ,どうも.えぴ兄です.



★BPロボII始動!

某所の↓(笑)にすっかり感化され,うちも最近行ったBP立ち上げ.

20131206180228fab

これまでは浅場水槽のサンプで,小型の装置を稼働して効果検証をしていました.

20131225152841

リーフオクトパスの一番ちっちゃいのを30cmキューブへぶち込み.


このたび「魚あんだけいてリン酸値は0.2ppm以下」という,立派すぎる功労を称えてちょい深場水槽にも2号機導入です.




BP魂2号機!20131225152830

黒のりーふたん.

対応容量なんと400Lの完璧なオーバースペックw
まぁ,たまたまお安かったので・・・(^^;)



あと機材群としては,思い切ってこんなものに手を出してみました.

20131226111814

プリズム・プロDX.

多分メートル級の水槽向けのモデルですが,あーだこーだと小手先で悩むくらいなら思い切って.

元々あったプリズムはそのままちょい深場水槽に移動し,さらにちょい深場で使ってた海道河童を引き揚げ.

20131226111827



これで浄化設備は一通りオーバースペックに振り向けたことになるので,突然の水質悪化の心配は無い・・・と思います.

それにしてもプリズム・プロ,想像してたのより遙かにでかいです.

うちのサンプは30cmキューブなので設置は幅一杯がぎりぎり,取水パイプは少し内側寄りに回してギリ入りました.

最大のポイントは後ろのクローゼットの扉が数mmのクリアランスで開閉できるところです(笑)



肝心の性能の方はさすが上位モデル.

一見泡だと見えないようなクリームみたいな細かい泡が上がってきます.

と言うか細かすぎて,深夜の調整作業が非常に難航

どうやったら泡が出る(もうすでに出てる)のだろうと,下手に照明をつけるわけにも行かず手元灯と手探りで本気で1時間ほど悩みました(^^;)

暗いところで作業するとろくなこと無いですね.



★白骨化ミドリイシ経過

エダは二日またいでも進行はなさそうなので、白骨化は止まった模様.

もう一つ(名前がわからない)の方は完全に骨です(/_;)

20131226111841

よく見ると共肉が破片的に残っていますが,これも時間の問題でしょう.

骨格がきれいなのでしばらくデスロックとしてこのまま置いておくことにします.



うーん,それにしても今回の病気蔓延には参りました.

これが俗に言う「順調な水槽でも数ヶ月後に高確率で一旦こける」というやつでしょうか?

スキマーも変わったところだし,この辺で一度パラサイトリムーバーとか入れておきたいと思います.






にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2013年12月25日 (水)

バイ菌類との戦い

「進撃の巨人」12巻が届きました.

今回ネットで話題だった例のあいつが久しぶりに登場してくれたおかげで,アルミン君は冤罪だったことがハッキリしてホッとしました.

ただ,まったく話が進まなくなってるのは気のせい??

話が進まない巨人と言えば,一球投げてからバッターに届くまで1ヶ月くらいボールが空中に滞留していた野球漫画がありましたね.

こんにちは,えぴ兄です.(挨拶



さて,今回もなかなかハードな話題でアクアネタになります.



★定期回診から一大事に発展した怖い話

前回に引き続き定期巡回@「ちょい深場」のための取材でえらいことが発覚.

20131225082921

とうとう「ちょい深場」の細菌比率が瓦解したようです.

世にも恐ろしい白点パラダイス・・・

一番ひどいときにはトゲチョウさんの体表がブルーライトに当たると全身粉吹いたみたいになるほどでした.

ビラクマさん夫婦も影響あったようで,一時はイソギンに近づくのも避けるくらい.

でも今回は一匹も死なせていませんずに済みそうです(・ω・)ノ

20131225123619

今は白点の名残独特の白シミがあちこちに残っているものの,全員峠は越えたようで餌も食えてビラクマさんは再びイソギンに取り憑いて共生しています.
ご心配をおかけしました.

治療を始めてから数日のうちに,LTがやたらでかくなりました(・ω・)ナゼ??



・・・これだけでは何なので,今回の治療に用いた方法でも.

<初日>

トゲチョウさんに白点発見.
時間とともに増える増える.
とにかく焦って病魚役を緊急手配.

<二日目>

続いてアケボノチョウとビラクマさんにも発症.
ICHを規定量で添加開始.

<五日後>

症状が改善しないので,「コショウ病」(ウーデニウム病)の疑いあり.
ICHにファンガスを追加.
※ICHとファンガスは併用できます.(商品カタログで確認済み)

<一週間後>

白点が片付かないうちに突如ミドリイシ類が禿げはじめ,コハナガタも溶け出した.
「細菌環境崩壊してない?」と言う疑いを持つ.

<十日後>

白点発症前後からやや白化していたミドリイシ類の共肉8割,コハナガタのブランチ1.5個を持って行かれる.

他のLPS,同種のミドリイシが無傷なので病気だと判別できる.
※以前も白点が出たときに使った経験から,白点治療薬の影響ではありません.

20131225082957

20131225083133

こんな状態でもオキシドールで何とか食い止まった模様.

水質センサーのウミキノコガブラウンジェリー化,原因はともかく水質悪化と断定してフィルターの大掃除を敢行.

リン酸値もえらいことになっています.

ものすごい量の有機ヘドロを除去(汗)

ファンガスでも変化が見られないので治療薬をオキシドールに変更.
補助薬品としてヨウ素・ストロンチウム添加を強化.

硝酸塩・・・0.2ppm
リン酸塩・・・1.6ppm

<十二日後>

20131225123619_2

20131225152815_2

サンゴの白骨化が止まった.
白点も8~9割落ち,小康状態に.

ちょっと気づいたのですが,隣の健康なミドリイシには以前からカニが住んでいます.
白骨化したミドリイシにはカニいません.

また,オキシドールで白骨化が止まってからはカニが乗り移ってきて残った共肉と骨の境目で何かしています.

もしかすると以前どこかで話題になってた「キモガニがサンゴの病気を遅らせる」と言う記事とつながりがあるのかも.

さらにしきりにチョウチョウたちが,痛んだ共肉を狙い撃ちでつついてるようです.

彼らの名誉のために追記しておくと,健康な共肉を食害してるわけではありませんよ.
もしポリプ無差別なら全身ぷにぷにのオオトゲは今頃丸裸です.

・・・・・・とはいえ何となく信用できないので,はやって値の張るミドリイシは入れる気はしませんけどね(ぉぃ

・オキシドール添加は継続.

硝酸塩・・・---ppm(未測定)
リン酸塩・・・1.21ppm

<二週後>

本日.
BP2号稼働開始.
・オキシドール継続中.

硝酸塩・・・0ppm
リン酸塩・・・0.88ppm




と,こんな感じです.

オキシドール,ものすごい威力ですね.

感染系の細菌には強力な酸化殺菌,濾過バクテリアなどには分解酵素があるため無害とのことです.

ちなみに,市販のオキシドールには添加物として「フェナセチン」「リン酸」が含まれますが,前者は生体で分解でき後者は極微量なので気にしなくてもOKです.

そうそう.
基本的に飼育生物には無害なのですが,なぜかイソギンだけは少量添加しただけでものすごい反応をします.
別にそれで弱ることもないしすぐ元に戻るのですが,理由はよくわかりません・・・(^^;)








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2013年12月15日 (日)

たまには生体の回診報告

今日は日曜,天気は晴れ.
寒くて朝から引きこもりのえぴ兄です.おはようございます.

もうちょっとしたらアクア消耗品の荷物が届くので,それを待ってから仕事です.
追跡サービスだと朝の8:30には配達に出てるとのことですが,これまた年末のせいか時間がかかってるようです.



★仕事ちょっとその前に

こういう日こそ一日水槽を眺めて過ごしたいとこですが,この時期そうは行かんものですよねぇ.

最近アクアネタは大がかりなことばっかり続いているので,たまには平穏な観察記録を残しておこうと思います.


回診「浅場水槽」編

こっちはいつの間にかサンゴメインみたいになっちゃってますが,いえいえメインはイソギンチャククマノミです.

20131215094430_3

魚たちは割と丈夫な種類が大半なので,魚でチェックすると言ったら「白点センサー」のヒレナガさんの体表が常.

どうも引っ込み思案らしく,今日も写真は撮らせてくれなかった(T_T)

診断:合格

実は一昨日くらいまで,結構しつこく白点が蔓延していまして一時は「今回はダメかも・・・」と言う思いもよぎったのですが峠を越えたようです.


他も順に見ていきます.

まずは我が家の水質センサー,至る所に仕掛けられたウミキノコ(笑)

20131215095143 

20131215095134 

20131215095148

一次→二次とポリプが開いているので,基本水質はまずまずです.
微量元素が変に枯渇したりすると一次のみだったりつるつるだったり,結構表情に出してくれます.



続いて,先日大きく場所を動かしてストレスが気になるミドリイシ.

20131215095235

移動してから三日経って,これだけ出てたら問題ないですね・・・w
隣の白茶けたスギノキはポリプが再生しかけたところで足踏み中,相変わらずです.



ちょっと変化が出てきたと言えばこちら.

最近こういう姿になってきてようやく正体がわかった,MGさんにおまけでもらった謎のサンゴ.
実はカクオオトゲキクメイシだったようです.

20131215100259

オオバナに似た形,触手の出し方,このサイズで分裂を始めたので間違いないでしょう.
にしても屑ロックにくっついてるせいであちこちコロコロ転がってるような劣悪な状態でよくここまで・・・(/_;)
20131215095034

劣悪と言えば,スミレたんに到着早々つつき倒されて一時完全に禿げ禿げだったカクオオトゲマルチカラー,なんと共肉復活しました.
口だけが残った無残な姿から約2週間,復活が難しいと言われるLPSなのに驚きです.
隣のタラコ唇は気にしないでやってください.

とまぁ,ミドリイシがいる割に結構いい加減な浅場水槽ですが,そんな中でも最も劣悪な水槽コーナー・日陰部分・フィルター吸水口に向かってハゼが巻き上げたゴミが常に流れてくる・しかも魚道になってるひどいポイントでも健気に咲いてるマメスナすげー.

20131215100123

しかも大輪(笑)
某有名サンゴフードのパッケージみたいな見事な咲きっぷり.

「マメスナが飼えない水槽で普通のサンゴは絶対無理」

とはよく言ったもんだと・・・

一方,我が家で最も優遇されているマメスナはこんな感じ.

20131215095104

光の色からして違いますね(笑)
浅場水槽は壮絶な格差社会です.



んで,本来メインの魚連中とイソギンですが・・・

20131215094348

タマイタがライブロック半周分移動してハタゴの隣に進出してきました.

ただちょくちょく接触する割に二匹とも何ともないようで,がっつり組み付きでもしない限りイソギン同士の接触はあんまり気にしなくても良いのかもしれません.

一緒に写っているルリヤッコも,一時は痛々しいくらい白点が出てたんですがなんとか回復.

20131215094407

冒頭とは違う瞬間での全景.
こうしてみると生体全般それぞれ大きくなりましたね.

時々いなくなると巷で話題のデバは,11匹購入から約4ヶ月経った現在で8匹.
良いのか悪いのか・・・
体長は順調で平均的に4cmくらいになってます.
さすが名高いパイロットフィッシュだけあってか,白点病が蔓延しても全く無事に乗り切りました.

なお,今月から「ちょい深場」にいたルリスズメが全3匹浅場に引っ越してます.
また,プテラポゴンは2Fのリフジウム入りです.

リフジウム・・・また石灰藻だらけになってて内部が見えません(ぉぃ
石灰藻だらけな以外はプランクトン豊富,海藻も生えてる,ウニも住んでる・・・で,プテラポゴンにはなかなか住みよいみたいです.



最後,非常に残念なことにスミレヤッコが亡くなりました.
この子だけ白点の広がりが驚くほど早く,治療より白点の方が広がりが早かったようです.

亡くなったのがロックの組み直しを決める前でしたから,もしかすると今回のキャリアはスミレたんだったかもしれません・・・
組み直す中,ちょうどスミレがよく潜んでいたあたりからかなり立派なウミケムシを数本引き抜いてます.
また結構な量のデトリタスも出てきました.
こういう細かいところで継続的なストレスもあったろうなと.






・・・回診「ちょい深場水槽」編につづく.

こっちは今回の白点病のこともまとめる予定です.





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2013年12月13日 (金)

レイアウトリフォームほぼ終了

ちまちまネタを書きためて一気に流せばどうにかこうにか.
こんにちは,師走モードのえぴ兄です.

ブログの記事打ちって存外時間がかかるもんですね.
水槽なんかは寝る前にちょちょいといじって続きは明日,って感じですけど・・・

と言うわけで,忙しいときほどアナログ作業万歳ですw



話は飛びますが,今夜は双子座流星群の極大日になっています.

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/resemom-20131213-16372/1.htm

ただ夜中の3時まで月明かりがあったりして,観測条件はいまいちなので大々的な告知はしていません.
アイソン彗星は結局粉々だし,なんか今年の天文界はぱっとしませんねぇ.

代わりと言っちゃ何ですが,アイソン彗星ですっかり日陰扱いだったラブ女医ラブジョイ彗星が頑張っているようですよ.

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/thepage-20131126-11265/1.htm

昨夜の時点で5~6等級,今月いっぱいは見られるそうです.

どれもチャンスは明け方の一番寒い頃なので,観察される方はお気をつけください.



★新レイアウトがほぼ固まりました.


まずは「浅場水槽」から・・・


上が昼モードで下が夜間です.

Ce7_26941

Ce7_26521

右塔と左塔をかっちり分離,内部もかなり浮かせて軽量化してみました.

その成果がなんと2Lの余りロック(笑)
おかげで塔の中身はスッカスカ.
夜間は寝ぼけて寝床からこぼれ出てきたデバ以外,魚が一匹も見えませんw



そして今回はあちこち図鑑系のサイトを参考にしながら,実際の生息深度に合わせて配置を変えてみました.

そのためにこんなメモを作ってみたり・・・

Ce7_27111今回は何かと手が込んでいます.



照明は左側が太陽光に近く,右に行くほど段階的に青を加えて深さを表現.
・・・と言っても0~10mとかなのであまり変わって見えません(笑)

Ce7_27101

Ce7_26831

意外とマメスナが浅場向けみたいで,先日の出物はソフトタワーの頂上に移動しています.
おかげでありがちな「底に行くほど末広がり」なレイアウトが解消,オーバーハング的な配置になった分だけ魚の遊泳スペースが拡大しました.

よく考えたらソフト系の「超浅場」ってないので,ソフトタワーの配置は比較的自由度ありますね.

Ce7_26992

また,右半分はいじっては直し~,いじっては直し~・・・を繰り返してきたツケから物理的にすごく不安定になっていたので,土台ロックの組み方から完全見直し.

全体的に前面スペースが広くなるよう奥へ動かしてみました.
今回の土台櫓はかなり自信あり,屈強ですw

もちろん水通り確保のため最低部は枝系ロックのみの中空浮遊構造.

そのためかなんとなくラピュタっぽいシルエットになってます.

Ce7_26701

Ce7_26901

相変わらずでかいキノコが幅を利かせるキノコタワーw
今後もこの流れは継続していきます(笑)

上層に行くほどSPS主体に切り替わり,頭頂部は超浅場域にショウガとハナヤサイ,普通浅場側にテーブルサボテンを配置しています.

底部はLPSといつまでたっても褐虫藻の入らないキモエルさんで堅め,カクオオトゲはタワーを囲むようなあちこちに分散配置.

普通のLTじゃなく褐虫藻のないキモエルさんが浅場に残ったのは,単にキモエルさんの活着が強すぎて掘り起こせなかったのが理由です.
いったい何に張り付いているのだろう・・・(汗)




高さは・・・もはや60cm規格水槽の限界ですね.
あくあさんの「あくあの塔」っぽく仕上げたいのですが,どうしても塔らしくなる前の高さで水面に届いてしまいます.
背高60cmくらいの水槽にしとけばよかった・・・orz




続いて「ちょい深場水槽」.

Ce7_26951

Ce7_26911

うーん,こっちの方が豪華に見える・・・(汗)

水槽サイズって横幅よりも縦で稼いだ方がカッコイイのかも.

こちらはいろんなノウハウがわかってきてからのリセット水槽なので,卒無くまとまってる気がします.

10~20mくらいを想定して浅場水槽より水流は単調に,またSPSも特殊な色味のものを引っ越し収容しました.

照明は思い切って安定の蛍光灯をチョイス.
自由に管が選べるメリットを生かして二灯のうち一灯をRB37と言う光合成専用管,もう一灯で深場を意識したブルー系にして色味を整えています.
またスペクトル補助的にシアンのLEDを当てています.

Ce7_27041_2

Ce7_27001

設定が深いので,オオトゲキクメイシが割と上の方に来るセッティング..
また「深場の中の浅場」には紫外線比率を多めに受けてたであろう,原色ぺったり&蛍光ポリプ系のSPSを寄せました.

その下がLPSとか褐虫藻のないソフト系とかオールラウンド系です..
浅場水槽から引っ越し組のLTがぷるんぷるん,こっちはこっちで水質も落ち着いてきたようです.

ようやくビラクマさんが水槽前面に居着いてくれました.

Ce7_26961

本当は深場ミドリイシにも挑戦したいのですが,ショップで聞けば聞くほどデリケートそうですっかり怖じ気づいてしまいベタグリーンのエダミドリイシほか「浅場種の深場個体」でお茶を濁しています(ぉぃ

ちょい深場水槽は工夫してるとは言え濾過システムが外部フィルターオンリーで,あんまりサンゴ向きじゃないんですよ・・・

奥の方にある細くて小さいのはAQUASTYLE YOUさんで破格で頂いた蛍光エダコモンで,また別の種類になります.



最後に,治療中のミドリイシたち.

Ce7_26971

Ce7_27081

どちらもほんのり褐虫藻が乗りかけ,ただそこからがなかなか進展なし.
ポリプはどちらも,生存は確認できてます.

栄養成分を減らすか足すか,悩みどころです.

ぱっと見た感じ完全白化して見えますが,薄いベール並みの褐虫藻と共肉は生きているようですが・・・

現在コケと共肉が生存競争中.戦況は一進一退.

ここで褐虫藻応援のつもりで変に栄養をいじるとコケ優勢になってしまいそう.
また,このまま照明を強化してもサンゴ虫を焼き殺してしまいそうな微妙なところです.










頑張れ・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

 

2013年12月 7日 (土)

浅場水槽がもっさもさ

12月に入りましたね.
突然忙しくなってきました.

ちなみに「師走」の「師」って結構勘違いされてるけど教師じゃなくってお坊さんですよ?
教師の人たちはこの時期机から離れられずではしれません(笑)


★浅場水槽が最近賑やか

なぜか理由はわかりません.
SPSもLPSも一昨日くらいから突然もさもさし出しました.

20131207023726

スミレたんに突き倒されていたカクオオトゲに膨らみが見え始めたり・・・

20131207023835

テーブルサボテンが「大丈夫か?」と言うくらいにポリプが生えてきたり・・・

とにかく賑やかです.

そこでBPが仕事始めにでもなったのかなーっと期待いっぱいで測定してみるとリン酸値は0.5ppm.

増えてるがなw

今日で14日目,そろそろ機能してくれても良い時期だとは思うのですが・・・

MGさんのスタッフさん曰く「ある時期を境に突然効果が発現する」ものなんだそうです.
うちのBPはどうも「わらわら」が鈍いような気もするので,そのうちポンプを変えるかもしれません.



★久々に新マメです.

そんなMGさんのいけすを物色していたら気になる群体に出会いました.

20131207023740

まだ入れたばかりで開ききってませんが,オレンジスポットの目立つ赤系です.
赤に混じってる緑系もちょっと珍しい模様をしています.

お店のLEDですごくきれいに光ってたので,しばらく悩んで声をかけると3個連続「悩んでるうちに通販売約」で最後に生き残った運命の一品です.w

深場水槽に入れてみてますが・・・・・・そもそもマメスナって生息水深何mくらいなんでしょう?


↑調べたところ0~5mくらいの超浅場だったので浅場水槽に移しました.



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2013年12月 1日 (日)

【ちょい深場水槽リニューアル】底砂,はいりました.

さてさて,サブタンクなのに気合いの入った大改修中の「ちょい深場水槽」ネタの2投目です.

すでに魚がいる水槽なので,半日かけてゆっくり底砂を投入しました.
ここで変なもの巻き上げたら大変です.

作業の隙間時間は録画がたまってた「ゴールデンタイム」を見つつ・・・
いやこれ,ただのラブコメかと思いきや意外と面白いですよ?

これなんてダメアクアw



~閑話休題~

さてさて,こうして仮完成した「ちょい深場2号水槽」がこちらです.

20131201175517s

砂下の通水性を維持するため,リング濾材を下層に敷いてます.

底砂での生物濾過はあきらめました(笑)

白点が嫌なのでこっちの水槽は吸引強制濾過でいきませう.

そのためにSVV5500のインペラをゴニョゴニョにて流量をアップしたですよ(・ω・)ノ



んで,結局捨てるライブロックは1個でした.

ホンソメとヤエヤマ2号とハタタテハゼのねぐらも必要なので,土台用ロックを持ち上げ岩下の空間を多めにとってあります.



20131201175639

土台ロックを複数の枝ロックで支えている構造のため,全体のシルエットがハッチ着陸中のUFOみたいになってしまいました(笑)

頂上に一個だけミドリイシを置くと,アングルに凝ってもなんだか間抜けです.

 

20131201175718

この角度は身長のある水槽にマッチしますね.
新品の底砂に深場を意識したブルーの蛍光灯は映えますw
白と青を1:4でブレンド.

同じワット数で恐ろしいほど暗いDeathよ(汗)
ちゃんと反射板は掃除したんだけどなぁ.
全光量が夕刻設定時のメイン水槽以下w

光合成生物を入れたりするにはちょっと光量不足.
蛍光灯ならもう一灯欲しいなぁ.

これはこれでコケが育たなくて良いのかもしれませんが.



あ,そうそう.
どうもカクレさん達が意地悪するのでビラクマさん達飼うのは今日からこちらです.
深場育ちのイソギン,何が良いだろう・・・


20131201175751

そして懸案のオヤユビさん.
光が弱いことを考慮して水面下3~4cmまで一気にリフトアップ.

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく見ると,数個ほどポリプらしき八条紋が見え始めました.

もしかして持ち直した?

ただポリプ穴が目立ってるだけなら最悪です・・・(汗)



最後に,あまりにもあんまり滑稽なので浅場の方からウスコモンを持ってきてみました.

20131201191143

え?どこが深場だって?

いいんですよ,だからこその「ちょい」深場なのですw








にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

新水槽立ち上げ~ちょい深場が漏れたよorz

どうもおはようございます.

人間,どうして他にやることがあるときに限って全然関係のない大仕事をしたくなるのでしょうね.

昔から煮詰まってくると大掃除を優先してしまうダメ人間のえぴ兄です.(挨拶



★奥さん,事件です!

実は・・・・・・・・・ちょい深場水槽がまた漏れましたorz

もともと淡水をやっていた頃の名残で,ベランダに野ざらししていた水槽ですから相当痛んでたんですね.

以前直したところと別のところからも漏れ.

ちょうど(?)煮詰まっていたえぴ兄は,そのまま新水槽を調達してきてしまいました(笑)




じゃじゃん♪

20131201081900s
部屋の専有面積を一切変えずに水量を稼いだ「45×30×45cm」新ちょい深場水槽です.

メイン浅場水槽で培った数々の失敗経験を生かしながら慎重に構築を進めています.
こちらはサンゴよりも,チョウチョウ系の敏感肌連中を泳がせる前提のシステムです.



○消えては再発を繰り返す白点病と闘うのはもう嫌だ!

 →何よりも先に底面濾過をしきました.

○ハゼとエビががよく飛び出すんです・・・

 →周辺機材を装備してもきれいにフタが閉まる水槽をチョイス.

○レイアウトが平坦です.

 →浅場水槽以上に土台を枝状ロックで固めました.

○岩組の背後に魚が潜んで現れません・・・

 →レイアウトを極力後ろに寄せました.

○水槽棚の強度が不安です.

 →厚さ15mmの合板で強化しました.

○コンセント周りが配線だらけでゴチャゴチャです.

 →どうにもなりません.あきらめましょう.



今回は「本気の底面濾過」を採用します.

実はメイン浅場も,リング濾材を敷いてから砂を入れることで嫌気層を強化しているのですが,これでは白点対策にはほど遠いい.
そこで強制濾過を取り入れることにしました.

今朝の時点ではまだ砂は敷いておらず,ほぼベアタンクの状態です.
魚の様子を見ている限りでは,初期立ち上げはうまくいっているようです.

水質センサーのシリキルリさんたちが青いのできっと大丈夫でしょう.



これからちょっと粗めのサンゴ砂を徐々に足していきます.

パウダー砂は二度と使いません.もう懲りた.(笑)


ライブロックは新しくAQUA STYLE YOUさんで見繕ってもらって2日ほど回しておいた枝状1.7kgと,もともとのちょい深場水槽で使ってた中から程度の良さそうな台状をいくつかで組んでいます.

で,いざ組んでみると思ってた以上に広いですね.
感覚的には60cmよりも大きく感じます.

あれほどメイン水槽内では巨大に感じたオヤユビミドリイシも違和感ありません.

20131201085918

20131201090038

これだけのサイズだと側面からの鑑賞でも見栄えがしますね.

60cmある浅場水槽よりも遊泳スペースが広々ととれてしまいました.

これならいままであえて避けていた大きくなりやすい魚も飼えそうです・・・小魚が好きなので,たぶん飼いませんが.



そして治療中のオヤユビミドリイシは,現在良い感じでパステルハダイロイシの状態です.

今回の引っ越しでも「いやん汁」がしっかり出てくれていましたよ.



そうそう,治療中と言えば執拗にスミレたんに突かれ倒していたカクオオトゲ,配置を変えて置いておいたら共肉がまたつき始めました.

詳しい様子はそのうちいずれまた.





AQUA STYLE YOUさんに面白い生体が面白い経緯でいろいろ入ったようですよ.
うちの水槽には合わないけど,興味ある方は是非サイトをのぞいてみてください.

と,自分が飼えないからって他人に勧めてみる・・・w

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ