フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 遠場のショップでお買い物 | トップページ | 白化ミドリイシに回復の兆し »

2013年11月27日 (水)

プチレイアウト更新

どうも,最近一気に寒くなってカイロが手放せない冷え性のえぴ兄です.

バイクもここからが勝負.
速度10km/hにつき体感は1度下がると言いますので,高速走行時はすでに氷点下で季節先取り状態.(笑)



★レイアウト更新・・・と言う名を借りた復旧

実は偶然「AQUA STYLE YOU」さんのレジ会話で話題になった「夜通しレイアウト作業」明けです.
実はまた崩れました・・・w

今回は例の白化したパステルチャイロイシを「ちょい深場水槽」に引っ越して回復させようと,手に取ったとたんキノコタワーの右側が崩落

何とか納得いくところまでやり終えたらすごい時間でした・・・_○□=パタリ

20131127084141

一番の変更点はこれ.

ソフトタワーの麓で中途半端な開き具合だったオオバナさんを,思い切って中段に.

20131126231156_2

移動直後.

20131127104727

少し時間が過ぎた様子.
肉厚の変化がわかりますか?

ちょっとした違いで一気にプルンプルン.
うちの環境だとライトからの直線距離で50cmくらいが境界線のようで,それより遠いとしぼみます.

水質に問題ないのに,飼いやすいはずのLPSがなかなか落ち着かない人は,照明距離を見直してみると良いかもしれませんよ.

同じスペックのライトでも,ちょっとした距離が「2乗分の1」になって光量が減衰しますので.



ちなみに日中こいつに直接当たっている光は,「Redio 073 Reef UV」と補助の「ルシファ白」です.




★パステルなチャイロイシその後


このたび「ちょい深場水槽」に避難した元・チャイロイシですが,そっちの蛍光灯で見るとほんのりと褐虫藻らしき色は残っているようにも見えます.

20131127082407

このまま回復すれば良いんですけど・・・

こいつの他にもう一つ,同じように白くなったスギノキもおそらく同様の状態だと思われます.



あれから原因を考えていたのですが,もしかするとこれが怪しいなというものが思い当たりました.

http://www.kotobuki-kogei.co.jp/product/?cid=65

先日BP導入と入れ替わりで抜いた吸着系だと思い込んでいた濾材.
在庫一掃セールで購入したのをサンプに入れてあったんです.

「使用上の注意:無脊椎動物などが脱色する場合があります.」

おそらくこの「~ことがあります.」に当たったんじゃないかと推察.



こういう製品の内容,もう少し具体的に「どういう素性の生物の」「何がどうなって」「結果どうなるか」をもうちょっと詳しく書いてほしいもんです・・・.
無脊椎動物って「魚以外全部」じゃん(--;)

記述と現象から察するに,コケの栄養吸着以外に何かしてるはずですがパッケージや説明からはその辺のことがわかりません.

あちこち調べてようやく「アルミナ」と「珪藻土」が主成分だとわかりましたが.

ホントに成分ってそれだけなの?

中身がよくわからないのでかえって不安になってきます.(汗)

少なくとも単なる吸着濾材ではなさそうです.



とにかく絶対に二度とやりません・・・




★その他


最後に衝撃的な報告です.

先日の記事でご紹介したイレギュラーバンドのカクレさん.

20131103080050

導入から1ヶ月,どうも先週あたりからエサ食いが落ちて来たので心配していたのですが.

たまたま深夜に水槽を眺めていたら・・・

20131004232511

こいつ(もう半年以上になるのに褐虫藻が全く載らないLT系イソギンチャク)のそばをふらふらと通りかかった瞬間,ものすごいスピードで捕食されてしまいました(汗)



体力が落ちていたのもあるのでしょうが,滅多に魚を襲わなく毒も強くないはずのLTがあそこまで獰猛な姿を見せたことに唖然・・・

あまりにも素早く,どう見ても偶然ではない動きで確実に魚を絡め取った姿に,

そもそもこいつは本当にLTなのか?

と言う疑念まで湧いてきました.

もちろんショップでは「LT」と表記されていました.
値段もよくあるLTのそれと同等.
LT独特の「体壁のオレンジ」「口盤外壁周辺のブロック模様」「砂に潜る」「長い触手」など,特徴はそろっています.

ただ,こんなに長期間ミドリイシすら茶色くなる環境で透明なまま居続けるところが本当に謎で不気味です.

どなたか詳しい方はいないでしょうか・・・?


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村



« 遠場のショップでお買い物 | トップページ | 白化ミドリイシに回復の兆し »

Aqua:イソギンチャク」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

コメント

。。。。カクレ喰うイソギン。。。。ハハ。。。シャレにならねぇ~。。。
(^ ^;

でも、そういえば、他の方のブログでもハタゴに食われた事例を見たことがありますね。。。それはやはり、免疫が低下すると体表の粘膜が衰え、イソギンから見たときに異物として認識されてしまい、触手に吸着されてしまう、っていうことなのでしょうか。。。もしかしたらですが。。。。

いやもう,その瞬間は何が起きたのかってくらい焦りました.
理由はおっしゃるとおりだと思います.
自然の中では日常のこととはいえ,まさかのタイミングでショックでした.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プチレイアウト更新:

« 遠場のショップでお買い物 | トップページ | 白化ミドリイシに回復の兆し »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ