フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 気分転換~水槽撮影にEOS7Dでサンゴの蛍光は再現できるのか? | トップページ | こんなの初めて見た新入荷 »

2013年11月 3日 (日)

新CBR納車&水質データ中間報告

どうもこんにちは,とうとうニューマシン(CBR400R,NC47)がやってきました.

一気にアクアネタに飛びたい人はこちらへどうぞ




★CBR400R,NC47

Color02

(C)本田技研工業株式会社

これまでもCBRでしたが,同じ血統とは思えないくらいに印象が変わりましたね.
さっそく慣らしをかねてゆっくり目のペースで通勤に使ってみましたが,あまりに感覚が変わりすぎて初心者になったみたい(笑)

ウインカースイッチ押したつもりで「(´_ゝ`)プッ」なんて鳴らしてみたり.

※スイッチ周りの配置も変更になって,旧のホーンとウィンカーが逆転してます.




と言うわけで,今の時点で気づいたこと.

・HISS装備
 本物のキーでしかメインスイッチが動作しないICチップ型セキュリティ

・えぴ兄初のインジェクション車
 始動のスムーズさはキャブ車と比較にもなりません.

・ハザードが付いた
 スポーツ車とは言え街乗りする以上は「あれば良いな」と言う場面が結構ある.

・シート下小さっ
 むしろ,NC29が広すぎたんだと思います・・・w
 最近のスポーツ車としては普通.

・2気筒エンジンが意外とスムーズ
 最初2気筒だと聞いたときに「え~(;´Д`)」だったけど,実車では思ったほど回転が2気筒っぽくない.
 もっとポコポコすると思ってたけどほっとしました.

・乗車ポジションが大変わり
 ここは賛否が大きく分かれると思います.
 とにかく姿勢が楽位置.ツアラーなんじゃ…と言うくらいの極端な楽位置.
 スポーツマシンの中でも特に楽と言われた先代がカリカリのスポーツ車だったと感じるほど.
 峠好きな人にはバックステップとハンドルバー変更は必須です.
 NSRとかRVFとかからの乗り換えだともっと違和感あると思います.

・スペック以上の加速性
 スペックデータでは思いっきり旧来車に見劣りするエンジン出力ですが,実走では逆に旧車よりスムーズです.
 NC29で40~50km/h出してる感覚で60~80km/hに達してます.
 不意の違反にご注意ください.(笑)

・シングルディスクブレーキ
 購入前に一番引っかかっていた点.
 ・・・が,これは意外といいです.
 旧来のダブルディスクと変わらないか,それ以上の制動力が確保されています.
 バネ下重量のことを考えるとこれだけ効くなら,軽量化メリットの方が大きいでしょう.
 ただ,片押しマスターの大雑把なフィーリングが気になります.

・メットホルダーが別体ワイヤー
 これは正直不便になりました.
 先代よりも街乗り寄りの仕様になってるのにこういうところを削ってきたのは疑問.
 ただでさえシート下の収納が狭くなってるのに,余計な別体装備を増やさないでほしいです.

Pct01

(C)本田技研工業株式会社



で,今後の改修課題.

これだけは優先的に変更しようと思っています.

・バックステップ換装
 これは絶対.ポジションが楽すぎて逆に変なところに力が入って疲れる.

・ブレーキマスター&キャリパー換装
 制動力は申し分ないけど,もう少し繊細な操作ができるようにしたい.

・リアフェンダー装備
 これなんでオプション扱いになったのかがわかりませんw

・フロントイニシャル調整アダプター
 これは要る.絶対要る.
 ノーマルの切れ込みが体で覚えてる感覚と違いすぎる.

・HID換装
 スポーツ車のお約束的にライトが暗い.

ざっとこんなもんかな?

今までのマシンがあまりに体に馴染みすぎてますね.
ありとあらゆる操作が反射的にできない,必ず脳内変換が行われる段階からの再出発です.
ホントに体の一部みたいな一体感まで行ってたからなぁ.


Ca3i0400




★水質データ中間報告

※続きは↓こちらをクリック

そろそろ各種数値がSPSの維持には向かないレベルまで下がってきたので,いったんデータ採りを止めて考察してみます.

まずは結果グラフです.

1

Photo

今回の計測期間だけの切り出しグラフが↓これです.

3

実際に添加剤を切ってデータ採取したのが10月24日.

それ以降の部分に注目すると,リン酸と硝酸以外の物質については同じ傾向が見られます.
リン酸と硝酸が一時的に上がっているのはおそらく添加剤を止めたことも原因でしょう.
その後バクテリアで自力減少しているのはさすが「なんちゃってナチュラルベルリン」システムですw

そして再び本題ですが,いわゆる必須元素が徐々に減っていることがわかります.
特にカルシウムなんて蒸発したりスキマーで消えたりするもんじゃないので,この比例的な現象は生体消費とみて間違いないでしょう.

また,微量元素についてもカルシウムと似たように増減変化をしています.
これは,サンゴが消費する成分比率は決まっているためです.

そう考えると,簡易的にはカルシウムの添加量が決まれば他の添加量も自動的に決められることを意味しているので,定期的にカルシウム量を調べてやれば添加剤関係はOKと言えますね.

ただし,一日の中での変化を見てみるとpHとKHが朝・昼・晩で大きく変動しています.
この三者はお互いに三すくみのような関係性を持っていることを考えると,カルシウム以外の二つの条件を無視した比較では添加適量を見誤ることも考えられます.



・KHはpHの値を支配している.

・pHはカルシウムの自然溶解を制御している.

・これらの数値は生体の光合成の度合いによって増減するため,計測時刻とある程度の相関を持っている.

・照明あり・・・光合成で炭酸イオンが消費され,呼吸による排出を上回って炭酸がなくなるとpHが上がる.

・照明なし・・・光合成が止まって呼吸による二酸化炭素(=炭酸)が水中に戻りpHは下がる.

・水中に溶けだした炭酸は酸性,炭酸塩は中性(沈殿).

・水中に炭酸がただよっているとカルシウムやマグネシウムとくっついて炭酸”塩”になりKHが上がり,ミネラル分は下がる.その分pHは上がる.

・水中に炭酸が少ないときは炭酸塩を切り崩してバランスがとられた結果,カルシウムとマグネシウムがいくらか還ってくる.その分炭酸の増加でpHは下がる.

・もともとのKHが高い環境では,この作用にかかわる元素の絶対数が大きいため,pHの変動が少なくなる.(=バッファー作用)

・ただしKHそのものもサンゴによって日々吸収される対象なので,水槽内の海水は放っておくと徐々に酸性に近づいていく.

と言う仕組みを考慮すると,カルシウムとKHの増減や添加量決定を目的に水質比較をする場合はせめて時刻(照明点灯から光合成がどれくらい進んだ時点で計測するか)をそろえてやった方がいい思います.

詳しく元データの表を見てみましょう.

                                                                                                                                 
2013/10/29 2013/10/29 2013/10/29 2013/10/30 2013/10/31
7.98 8.12 8 8.01 8.05
17 16 15 17 15
10 10 10    
0 0 0    
         
0 0 0    
425 410 430 410 400
1230        
0.06        
0.18        
0.09        
6:00 12:00 22:30 7:10 23:00

これはカルシウムとKHに注目して,計測時刻をメモしたものです.

傾向として「日々一定の割合で減りながら」「朝の点灯直前がカルシウム最低・KH最高,夕方の消灯直前でカルシウム最大・KH最低」になっているように見えますね.

もう何回か同じような観測を繰り返さないと誤差の問題が解消できませんが,現時点ではそうなっていると推察されます.

で.

もともとこの調査を始めた不純な動機への解答ですが・・・w

うちの生態環境では1日当たり約15ppmのカルシウム減少が認められました.
ということから,毎日添加するとしたらカルシウム15ppm&それに合わせた量の他元素(マグネシウムや微量元素)を添加していけば「何も考えない水質維持」はできるということですね.

ただし,添加剤で補える成分なんて知れているので,添加剤だけではいつかイオンバランスの破たんが起こります.
よって定期的な水換えはこれまで同様,当然必要なのは言うまでもありません.







意外と有意義なデータがとれたかも(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ マリンアクアリウムへ
にほんブログ村

« 気分転換~水槽撮影にEOS7Dでサンゴの蛍光は再現できるのか? | トップページ | こんなの初めて見た新入荷 »

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

Bike:車体」カテゴリの記事

コメント

新車おめ。
休みが合えばどっか行きたいねぇ。

こんばんは~.
バイク人生初の新車です(笑)
今は慣れるのに必死かな.

>休みが合えば

ですねぇ.
このところツーリングがご無沙汰で,こないだの流星群以来なんですよ~(´・ω・`)

SPS維持が難しくなるほどと言うことで、長期テストは難しいようですね。私はここまで色々追求するのは難しいので、ある程度事前に処方された添加剤に頼って飼育していくことになりそうです。

やはりカルシウムは時間帯による変動があったんですね。えぴ兄さんのところでも、増える、っていう現象が見られますもんね。納得納得。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新CBR納車&水質データ中間報告:

« 気分転換~水槽撮影にEOS7Dでサンゴの蛍光は再現できるのか? | トップページ | こんなの初めて見た新入荷 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ