フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 遅れて届いた例のブツ | トップページ | 脱皮脱皮レボリューション »

2013年10月 3日 (木)

水槽全景の記録(魚以外編)

なんだ,落ち着いてみると意外に今期も気になる作品はあるじゃないかw・・・とほっとしたえぴ兄です.

秋の番組再編成の時期ですし,ここらで普段目立ってない連中も含めた全体的な近況をまとめておこうと思います.



☆水槽全景

現在こんな様子です.
少しレイアウトをいじりました.

20131003154553
キノコ他ソフトコーラルやLPSが絶好調,中央の巨大キノコのフサフサ具合が圧巻です.
左端にいるヌメリトサカも存在感がありすぎるほどに満開.


・・・・・・で,ですねぇ.
ハタゴさんが急死しましたorz

当初調子よかったのに,今週初めくらいから突然ダラーっと口が開いてしまい時折回復しかけるの繰り返し.
昨日口からみるみる溶解液が出始めたので,水槽から引き揚げた次第です.
水質のパラメータは悪くなく,環境の急変も見られなかったので個体そのものがよくなかったのかもしれません.


どうもうちは沖縄系のハタゴと相性が良くないようです.
ハタゴは値が張るからと,格安の個体に手を出してしまうのは控えます..

先日落としてしまったのMGさんのマニラハタゴが好調だったので非常に惜しまれます・・・


☆サンゴ関係まとめ

サンゴについては特に問題なく安定しています.


1.LPS編

20131003154845マルチカラーのカクオオトゲが大きくなりました.
ストロンチウムが減ってくると一気にしぼむので,添加剤のタイミングを読む指標になってくれています.

20131003155033a


緑のカクオオトゲも元気です.
いまちょうどマメスナと拮抗しているようで,生育エリアを巡って一進一退の状態です.

20131003155231ナガレハナはだいぶ触手が増えました.
まだスイーパー触手が出たことはありません.
このまま慎ましくいてくれるといいのですが・・・
最近THEクマノミが懐いているようです.



2.SPS編
20131003155400こんな風にして,水中ボンドで直置きしていた岩付のサンゴをいくつか浮かせました.

最近見つけた『コーラル・ジェル』というボンドですが,硬化が早いのでこういう使い方にはもってこいです.
臭いから察するとアロンアルファに近い感じでしょうか,海水に接したところから被膜ができるので溶出の心配もありません.
その性質上,水中で作業するには不向きなのでちょっと使い方にはコツが要ります.
後々レイアウト変更の可能性もあるので接着面は小さめに.



そして.

こうしてできたスペースに綺麗に収まるサイズの,しかも見た目も良い感じのサンゴが手に入りました.
20131003155213ピンクのショウガサンゴ.

ブルー系のカクテル光下なのでピンクには見えませんねw
維持を目的とした飼育難易度は
ミドリイシ>ハナヤサイ>ショウガサンゴ>LPS類
くらいだそうです.

ただし,色揚がりを考慮すると照明にかなりうるさいらしくMGの店員さんにも言われました.
「維持は楽なんですけどねぇ・・・維持だけなら・・・」


MGさん曰く,「ミドリイシは好みによって照明を使い分けるがショウガはT5向き」だそうな.
・・・かなり不安ですw


そんなSPSですが,ここ1か月ちょっとの期間UV光を当て続けていたオヤユビミドリイシがついに蛍光に覚醒.

ウスコモンやチャイロイシまでもうっすら蛍光を呈してきているので,UVの恩恵は大きかったようです.
やはりどんなサンゴも基本は太陽光なんだなと思います.

20131003154739LPSの蛍光に比べると非常に繊細な色具合,先端が白っぽいのは白化ではなく成長点.


3.ソフトコーラル


こちらはハードコーラルほど目立った変化はありませんが,やはりUVの恩恵を受けてか非常に色がしっかりしてきました.
LPS編でも書いたような具合で,各地でマメスナが存在感を増しています.

20131003155015別の場所にるマメスナの群落.
赤い個体が数匹混じっていて,今後どう増えていくかが楽しみな場所です.


20131003155301スタポも少しずつ増えているようです.
店頭で見かけるフサフサ状態にはまだまだほど遠いですが,日を追うごとに一本また一本と生えてきてる感じ.

20131003155104うちの水槽で最も反映している感じのヌメリトサカ.
チヂミトサカを押しのけて,見事に景観から色彩を抑え込んでくれていますorz
まさかここまではびこるとは・・・・・・しかもポリプがこんなにもしっかりした真っ茶色とは・・・
こいつだけはUVが当たっても蛍光にならずにひたすら茶色くドスの効いた枝葉が広がる一方.


キノコタワーのキノコ達は相変わらず元気です.



4.無脊椎他


ハタゴイソギンだけが七転八倒している感じです.
他の連中は可もなく不可もなく,ひたすら平和・・・・・・ではないですね,一匹だけハタゴがいない間に大迷惑をこうむってるやつがいます.
20131003154817
はみ出てるってw
いくらなんでもバランス悪すぎでしょう…(汗)


無脊椎と言えば,なにげにうちではこれが一番長生きしているんですが・・・
20131003165043


正直なところ,何食って生きてるのかわかりません( ̄ω ̄)
一見変な形のウニにも見えますが,全身のとげが常にワラワラ動いていてちょっと異質な感じです.
特に何かを食べている場面を見たこともない.

あるサイトによると『ゴカイ退治の生物兵器』と謳われています.
・・・ゴカイ,減ってる様子はありません.

別のサイトによっては長期維持は無理,なんて言われています.
・・・何食ってるかわからないまま,うちでは半年近くになります.


そもそも何考えて生きてるのかさえ見当もつかない不思議生物.
日中は砂に潜っていて深夜になるとモソモソ出てくるようで,こんなに明るい中で撮影できることは滅多にありません.

恐るべし,ももねこ様オニヒメブンプク…


不思議生物と言えば,セカンドタンクを整理してたらいつの間にか大きくなっていたこれをメインタンクにのれん分けしました.
20131003155033_2オレンジスポンジ.
これも今一つ何してるのかわからない生物ですよね.
そうかと思えばウミウシやタカラガイに食べられたり・・・




番外.サブタンク編

サブタンクの方はと言うと,先日出産したウメボシイソギンが勢力拡大中.

20131003154652


20131003154659
足の小指の爪ほどもないような幼生が,ぽつりぽつりと定着しています.
手が付けられない爆殖とは違うので,純粋に繁殖を楽しむのにいい感じです.
成体自体そんなに大きくないですし.

ちなみにエサは,サンゴ用のズー・ブラストを2日に一遍くらいで規定量漂わせているくらいです.
あとは同居している魚のおこぼれを拾って食べてると思われます.

20131003154607

購入直後に土台が取れたトゲトサカは,御覧の通りの倒木状態のまま復活しつつあるようです.
結構歩く種類なのか,取れたと思ったら別の場所に勝手に仮活着しています.

実はメイン水槽にも小さなトゲトサカが混じってるのですが,そちらも似たような状態です.







サブタンクにもうちょっと個性が欲しいですね.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 遅れて届いた例のブツ | トップページ | 脱皮脱皮レボリューション »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:無脊椎」カテゴリの記事

Aqua:イソギンチャク」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

コメント

えぴ兄さん、ミドリイシとか飼育されていますけど、カルシウムリアクターとか設置されていませんよね?添加剤は使用されていますか?換水だけですか?私の中では、いつかはミドリイシ的なサンゴなので、気になっちゃって。。。

こんばんは~.
リアクターは使ってませんねぇ.
なにせ高いのでw

うちではカルシウムはRedseaの添加剤で維持しています.
換水もいいかと思うのですが,週一ペースを保つのがやっと位なので添加剤です.

いろいろ調べてみると,リアクターを使わなくてもマグネシウムとの比率に気を付けていると,カルシウム余剰添加時にできる沈殿を避けて目的の濃度に達するんじゃないかと思いますよん.

ミドリイシは,あくあ12さんもいつかおっしゃってましたけど『茶色になっても気にしない!』なら意外に行けますw
色が揚がるといいな~くらいの気軽さで付き合うのが精神衛生上よさそうです.

そうですかぁ~。添加剤でこれだけ多種多様なサンゴを飼えるものなんですね。。。

あ!それとUV、やっぱり良いみたいですね。うちでも今日届いたXS071のCoral UV、良い感じです。

こんばんはー。

うちみたいに小さい水槽で自然に近い風景を、となるとどうしても水かえか添加剤ですね。
ただ考え方が微妙なところで、自分の中では添加剤漬けにはしたくないって面もあってどこまでやるかで葛藤しますw
そう思うと自然って偉大ですよね。
あれだけの分厚い生物層を地球ひとつで回してるんだから凄いです。

あ、でも水槽に見あった規模で飼う分にはここまでしなくても大丈夫ですよ(^ω^)

こんにちわ。

うちもリアクターや添加剤は使っていません。
でも、数が増えてきたから、そろそろ設置・・というか、持ってはいるんですけどね。

うちはアラガミルクでごまかしてますけど、それほど数が多くなければ大丈夫だと思います。ただ、KH安定させると状態は上がると思いますけど。
色も、硝酸塩を下げれば、だんだんよくなってくるかと思います。ヽ( ´∀`)ノ

忙しい時のアラガミルクは便利ですねー.
パープルアップと組み合わせると他に成分系添加剤っていらないんじゃないかと思うくらい.
あれでド派手な白濁りがなければ最高なんですが,アラゴナイトだと言われるとしょうがないですね.

うちは相変わらずKHが高めで推移しています.
サンゴの調子は特に変化ないのでこれでいいかな…と言う気もしますが,魚やイソギンに影響はないのかがちょっと気になってます.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水槽全景の記録(魚以外編):

« 遅れて届いた例のブツ | トップページ | 脱皮脱皮レボリューション »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ