フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« [自由研究]水質の累積検査(データ部屋) | トップページ | 新CBR納車&水質データ中間報告 »

2013年10月28日 (月)

気分転換~水槽撮影にEOS7Dでサンゴの蛍光は再現できるのか?

どうもこんばんは.
データ採りを始めてから「換水できない縛り」三日目にしてうずうずしている水換え魔人006です(・ω・)ノ(挨拶

なんか夜のアクアタイムが一気に暇になったので,丁寧に手順を踏んだ給餌とか基本に戻って気を紛らわせて楽しんでいます.

全力で給餌する相手がネジタバだったりカクオオトゲだったり,どことなくみみっちいのは気のせいですw


☆EOSで撮り比べてみる

はなちゃンパパさんの痛いとこツッコミ(笑)でEOSに文字通り光を当ててみました.

ホワイトバランスと露出補正の具合がかなり難しいですね.
特に蛍光色.

単純にホワイトバランスだけの問題で終わらないかも・・・

どう撮影してもあの独特の「ぎらぎら感」が再現できません.
それともいじってるパラメータが違うのかな・・・


・ホワイトバランス:オート
・露出:F6.3±0EVCe7_2481s

うーん,緑すぎる・・・(汗)
これじゃホントの「ミドリイシ」です.

・ホワイトバランス:太陽光
・露出:F6.3±0EVCe7_2484s

あんまり変わりませんねぇ.
後ろのウスコモンまで緑色になってる.

・ホワイトバランス:オート
・露出:F6.3+1.0EV

Ce7_2489s

明るさはちょっとマシになったけどやっぱり「蛍光感」足りませんねぇ.
肉眼でははっきり「蛍光ライトグリーン」に見えてるのですが・・・

同じ設定だとピンクショウガのパステルピンクは実物よりもだいぶパステルになるようです.

Ce7_2493s

ちなみに肉眼で見たら本格的な紅ショウガw

押してダメなら引いてみたw

Ce7_2466s

照明がLEDと言うことがだいぶ影響してるようですね.
ホワイトバランスを手動で色温度から設定してみようと思ったら,うちのEOS7Dは10000Kで打ち止めだということに気づきました.

もう2000Kくらい上げれたらひょとすると・・・



ホワイトバランスのプリセット,光源の種類が「太陽光」「曇天」「蛍光灯」「白熱灯」のほかに,「LED」とかいる時代が来てるんじゃない?
なんて考えがよぎりました.

もちっと研究しよう.



いまだに画像ソフトで調整するのは負けだと思っているオールドタイプ.むー.
↓今回から「海水魚」カテゴリから「マリンアクアリウム」に変更しました.

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ マリンアクアリウムへ
にほんブログ村

« [自由研究]水質の累積検査(データ部屋) | トップページ | 新CBR納車&水質データ中間報告 »

Aqua:未分類」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

取扱説明書の71ページにMWB(マニュアルホワイトバランス)の設定方法がかかれていますが、これで設定するのが一番肉眼に近い写りに普通は成ります

砂など白い物を規準にしてホワイトバランスを設定する方法です
設定は10000K迄ですが 10000Kの設定とは違った写りに成る筈ですよ
私はニコンを使っていますが、各社一眼レベルのカメラにはこの機能が通常有ります

LEDは特に見たままの写りにするのは難しですよね、完璧は無理かも
プロの方なら可能なんでしょうかねー?

それから、LEDはコントラストが出やすいのでコントラストは少し落した方が見た目が自然な感じに成ると私は思います。


えぴ兄さん、余計なこと言っちゃってスンマセン!!!カメラネタ取り上げてくださり、ありがとうございます♪

私も同じ悩みを抱えています。蛍光色は、ちゃんと私の目には光と認識されるのに、カメラは色とだけ認識して、光っているように写らないゾ、と。。。

>砂など白い物を規準にしてホワイトバランスを設定する方法

なんと!白いものを基準に。。。やってみよぉ~っと。

こんにちは~.
あれからいろいろ試し中です.

>さくらさん

どうもはじめまして,ようこそお越しくださいました!
どうも蛍光「グリーン」と言うのが出しにくいような感じです.
ご教示いただいた設定も試してみましたが,どうもベタ緑かベタ黄色のどっちかに偏ってしまうようで目で見る印象の色が出てくれません(/_;)

もしかするとEOSのクセかなー,と言う線も探っています.
こういう色味の忠実さ重視の勝負はNikonに少し譲ってしまう(原色が派手になりやすい)と言うのを昔から聞きますね.
デジタル時代に入って赤はややおとなしくなったようですが.

後でそのほかの設定もアップしてみます.

こんにちは~.

>はなちゃンパパさん

いえいえ,水質に絡む作業はオール封印中なのでちょうどいい紛らわしです(笑)

>白いもの基準

もともと「ホワイトバランス」の意味がそれなんですよ.
「この光源下で元々白いものが白く写るようにする設定」
のことですね.
厳密には露出の基準も何パーセントグレーに合わせるとか,細かい数字も決まっているらしいです.

蛍光色っていったん吸収したエネルギーを決まった色で再放出した結果なので,反射光を狙う普通の技法とは勝手が全然違う・・・と言うとこまでは想像できるんだけどなぁ

と言うか,この手のカメラで普段狙うのは白色太陽光ばかりなので,いまだ基準が見つかりません(^^;


えび兄さん こんにちは

キャノンの鮮やかな写りは羨ましいですが、場合に因っては扱いづらいのかも知れませんね

蛍光色やブルーなど水槽の写真を 見たままの撮影出来たら、凄いですよね
テレビなどでサンゴや海水魚の番組が希に有りますが
撮影を見ても、綺麗に撮影されている事は殆ど無いですよね
NHKのスペシャル番組でも大して綺麗に映せないんだから、ほぼ無理な事なのかも知れませんねぇ 不可能を追求しているのかもです。


水中の補正フィルターとしてこんなの有りますが、効果は??ですケド
http://shop.sonia.jp/dive/commodity_param/ctc/suityucamera/shc/0/cmc/071617-EPUR

CYフィルター ホスイ


話題のGoPro用 今一番欲しいのはこのカメラです
http://shop3.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17302&item=1306023001-001


長文失礼しました
では

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換~水槽撮影にEOS7Dでサンゴの蛍光は再現できるのか?:

« [自由研究]水質の累積検査(データ部屋) | トップページ | 新CBR納車&水質データ中間報告 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ