フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« リン酸,リン酸塩に関する考察 | トップページ | カクレクマノミ到着 »

2013年8月 1日 (木)

現在のレイアウト詳細版

先日の更新からこっち,多方面の方々から「やっぱ山じゃん」と言う声が寄せられましたので,今回は新レイアウトの詳細などでお茶を濁したいを紹介しようと思います(笑)



と言うわけで,あれから少し手を加えて今はこんな感じです.

Photo
実はこの映像の中には上記のような骨格が埋まっています.

あまりに表面生物どもがもっさもさしてるので,右塔は実はオーバーハングなのに原型がまったくわかりません(笑)


それでは,近づいてみましょう.
まずは左塔から・・・

Photo_3

少し角度を変えて・・・
Photo_2

ハマサンゴのコケが見事ですねw

写真にある緑のチビバナは,マリン○フトさんからの頂き物です.
ライブロックにひっついてるのを見つけたら,ライブロック代だけで譲ってくださいました.
しかもライブロック自体も新入荷直前だからか,いつもより大変お安く・・・(汗)

また,この左塔の付け根にLTとハタゴの足が潜り込んで活着しています.



続いて本水槽のメインタワー,右塔に移りましょう.

Photo_4
こちらはなんちゃってオーバーハング.
手前のスギノキが生えてるところがせり出していて,チヂミトサカがドセンターです(もういいって

そして何より目を引くのが,大小取り混ぜたキノコ,キノコ,キノコ・・・

クマノミたちには人気が高く,特にトサカの下のフラワーポリプはTHEクマノミが張り付いて離れません.
最近脱皮シーズンを迎えたのかこのキノコがおとなしくなり始め,非常に仕方なさそうに奥のシライトに引っ越したようです.

Photo_5
そして先ほど見えにくかった右塔の上部.

こちらは主にブルー系照明を当てたら良いかなー(主観)と思われる種類が並んでいます.

やはりここにもキノコが鎮座し,後ろのナガレハナはのぞき込まないと見えません(ぉぃ
購入時の大きさ見積もりを失敗した・・・orz

こちらにいるミドリイシはアウトレットで拾ってきたもので,もとから根っこの方の枝が白化しちゃってます.
このまま踏みとどまるか,白化が進むかは天にお任せです.


そして最後に,このキノコタワーと先ほどの左塔の間を抜けて,キノコタワーの背後を見てみましょう.
Photo_7
二匹のハタゴが門番の関所みたいになってますが・・・(笑
この先のスペースの素性的に,ある意味これは正解だったかも.


実はこの先はシャイだったり調子が落ちていたりで,あまり前面に出たがらない魚がひっそり休息場として機能しています.

そういう事情のあるエスケープゾーンなので普段はあまり覗き込まないようにしています.
やたらめったらハタゴの面前を通過する物好きも少ないので,なんとなく棲み分けができています.

もちろん反対側からも侵入可能.
ただしこちらは普通の魚が通るとどこからともなく暴君が現れて,検問を受けることになるようです.

↓ちなみに最近の住人はこいつら.

Photo_6
暴君とシャイっこが密談中(笑)

普段はキノコタワーの地下に陣取って何者も寄せ付けないロンリーウルフのネッタイスズメですが,なぜかここに来る連中には手を出さないんです.

昔の親分的な立ち位置で,実はこれでもうちの最古参.
二回の水槽崩壊や白点蔓延事件に続いて先日の高温騒ぎを生き抜いて来てか,体格も性格もすごい貫禄が・・・(汗

ちなみにこの暴君,体長はカクレクマノミの雄とそう変わらない小さな子です.

・・・が

あのハマクマとにらみ合ったり,自分の2倍はあるヘラルドヤッコを撃退した戦歴があるので侮れません.

でも不思議とサンゴに手を出したりレイアウトを壊したり,破壊行為はしないんですよねぇ・・・





おっと,つい長々してしまいました.

今回はこの辺で・・・





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
最近トサカの枝振りがすごくて困ってます.
枝打ちでもしようかなぁ・・・

« リン酸,リン酸塩に関する考察 | トップページ | カクレクマノミ到着 »

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現在のレイアウト詳細版:

« リン酸,リン酸塩に関する考察 | トップページ | カクレクマノミ到着 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ