フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« UVバイタルウェーブその後 | トップページ | イソギン飼育考おまけ »

2013年8月10日 (土)

シライトイソギン逝く&イソギン飼育考

いつもはそんなに生きものの生死をネタに引っ張ることはしないようにしているのですが,今日のこれだけは詳しく書きます.
特に某ディズニーの映画を見て「クマノミとイソギンチャクの共生を我が家でも・・・」という方向けの警鐘です.

いや,これはむしろ警告と言っても良い.

生きものを飼うなら相応の覚悟は必要なことは言うまでもないですが,ことイソギンチャクだけは全く別の意味の覚悟が必要です.

それは昨夜から今朝にかけて起こりました.

何日か前,足盤にキズがあるなーと思っていたシライトイソギンの傷口が大きく開いていることに気がついたんです.
たぶん何かの理由で袋に亀裂ができたところに勢いよく縮んだせいで裂けたのではないかと思われます・・・

足盤に負担がかからないよう岩で囲ったりもしましたが,今朝見ると溶け始めていました.

で,ここからが大変です.

イソギンチャクの場合,他の魚類や甲殻類と違って他界したら躊躇なく大至急で水槽から出さないとえらいことになります.

「もしかしたらまた復活するかも・・・」

などと思って手をこまねいていると,例に漏れずもっとひどい事態を迎えることになりますよ.



どういう仕組みでそうなるのかわかりません.
まず遺体が数時間もしないうちに,たぶん私たちのイメージでの「腐る」の斜め上を逝く勢いで盛大に溶け出します.

これだけでもいかにも水質に悪そうな感じですが,この溶けて流れる物質?が短時間で発生したくせに異常で強烈に臭いんです(汗)



それがどの程度のものかというと・・・

こんな感じ.

20130810095312
近くにいたヒダベリさんが思わず反り返る.
一昨日まで彼の傘はこっち向いてました.
見るからによほど強烈な「何か」がまき散らされるようです.

確かにそう言えば昨日のレイアウトの記事のときからそっぽ向き始めてましたね・・・
早めに気づくべきでした.


さらに事はそれだけではありません.
自然に放って置いてもこれですから,その遺体の取り出し作業は・・・



凄惨の極み

とてもようすを記事にできるレベルではありません(汗)



正直なところ,今までそれこそいろんな生きものを飼ってきましたが,いかに覚悟があってもこれほど避けて通りたい作業はなかったくらい辛い作業です.

体のほとんどが水分でできている生物が,腐敗臭を放ってる時点で「動かすとどうなるか」わかりますよね?



たぶんいました想像と寸分違わなくそれが正解です・・・orz




で,こういう事態になるのは経験上種類が限られています.
ハタゴやLT(ロングテンタクルの略)ではここまで逝きません.

一番ヤバイのはショップで一番身近で手を出しやすいこれです.100

シライトイソギンチャク(亜種のチクビイソギンも含む)

ショップでも一匹1000~2000円程度,数も多いの初心でつい買ってしまう人は多いはず.
カクレクマノミ以外の,特に普通の「THEクマノミ」と相性が良いので「最も飼いやすいTHEクマノミと,最も相性が良い」ことが一番怖いイソギンチャクです.
刺胞毒性もほとんどないし・・・

あと誤解も多いようですが,カクレクマノミは滅多に共生しません.
シライト優先で共生するのはTHEクマノミとハナビラです.
ニモとは全然似てない子たちですので気をつけましょう.
カクレクマノミがシライトイソギンと共生するのは「めちゃくちゃ気持ちが落ち着いててイソギンはどれでもいいや」と言う状態のときか,たまたま「イソギンにさえ入れれば幸せ♥」と言う性格の子が当たったときです.



そして,多くの人は気づかないんですね.
他のイソギンを知らないから・・・


なんかシライトって生きてるときから臭くないですか?

いままで試行錯誤でいろんなイソギンにチャレンジした分,他のイソギンも生で扱っている私は絶対に臭うと思います.

いや,たとえ目隠しされてもシライトだけは臭いでわかる自信があります.(汗)



飼う前によく想像しておきましょう.

そんなシライトが腐敗したときの惨状を(滝汗



シライトってたくさん売っててお安いにもかかわらず最高ランクに飼いにくい気がするんですよ.
巷では薬物採取の影響とかもささやかれていますが,そんなことより怪我や環境の変化への抵抗力が弱い方が問題.
と言うのが,他と同じように飼ってみての実感です.

特に怪我.
岩組で引っかけたりすると簡単に傷がつくようで,定着力も強くない分よく流されて怪我をします.
で,怪我をするとそこからみるみる弱っていくんです.

むしろそういう点では,でかくてお高くていかにも手がかかりそうに見えるハタゴの方が圧倒的に丈夫ですよ.
こちらはポンプに絡まれてもクマノミにかじられてもめげません.
そもそも弱点である足盤はしっかりと岩組の隙間に突っ込んで流されることがありません.

同じ環境で飼ってるハタゴとLTがそう告げています.
「初心者はシライトに手を出すな」と(汗)



おっと,思わず話題がそれました.
どんな生きものも飼えば必ずいつかは死にます.

逆に生きものを飼うときの「覚悟」って,生きてるときの世話だけじゃないと思うんですよ.
イソギンチャクは特に,生きてるときより死んだときの対処の覚悟の方が絶対重要です.

繰り返しますが,これは警告です(汗)

知らずに手を出すと高確率でアクアリウムが嫌になります・・・




最後におまけです.

実践的に飼いやすい(飼いたい)と感じるイソギンランキング.

<1位>
LT(ロングテンタクルアネモネ),本名マバラシライトイソギンチャク
   底砂に潜るので砂が余分にいりますが滅多に動き回ることもなし.
   
何か環境に問題があると砂に避難してくれるので相対的に死ににくい,サバイバル能力に優れる.
   
触手がどんどん長くなるし器用に動くので,クマノミ無しで飼ってても飽きませんw
   ただし,
言うほどクマノミには好かれていないようす.刺胞毒が弱く緊急時にすぐ砂に潜るので「守ってもらえない感」が強いせいでしょう(笑)
   岩にも活着はしますが,長生きさせるならあまり感心しない.


<2位>
ハタゴイソギンチャク
   特別どうと言うより個体そのものが強い.
   体調が悪いときも事前に変化を見せてくれ,それに対応が取れるので「生きものを飼ってる」実感がある.
   ハタゴが難しく感じるのはそのせいかと思います.
   
巷で売ってるクマノミ類は,どれもとりあえず住み着いてくれる.
   
捕食能力が高く毒も強いので,毒に弱い魚と肌の敏感な人は取り扱い注意.
    最大の問題点は
すぐにでかくなることと値段がお高いこと.
   
たまに見かける派手な原色系のやつは商品として色をいじってるものなのであまり好きではない.

<3位>
ウメボシイソギンチャク
   普通に飼ってたらまず死にません(笑)
   滅多に移動もしないので,何の工夫も無く飼えますが,光合成できないので餌やりが必要です.
   
イソギンそのものを楽しみたい人には手放しでオススメ.
   2週間くらい餌やりを忘れても,酷暑で水温が30度を超えても,うっかり足し水を忘れて40cm水槽で3Lくらい蒸発しても,条件を元に戻して餌の臭いをさせると目覚めます.餌を食べた後は1日かからず元気になります.
 

   あと,
クマノミ類はまず共生しません.

<4位>
サンゴイソギンチャク,タマイタダキイソギンチャク
   生命力で言えば,ハタゴ以上に飼いやすい種類だと思います.
   
クマノミにもそこそこ人気です.
   強烈な光もいらないし,水流もほどほどで十分.

 ただしびっくりするくらい動き回るので事故が多いことがネックで順位が下がります.
   どちらかというとイソギン慣れした人向け.
   たぶん総合的難易度はイソギンのスタンダード.


<5位>
シライトイソギンチャク
   我が家では「どうやったら長生きさせられるか」と言う研究対象の部類.
   一般のショップで売っている中ではたぶん一番お安い.
   色合い的にしっとり美しいのですが,一方で
ものすごくピーキー(笑)なイメージが強く,あまり他人には勧めたくない.
   こちらも色をいじってる個体が結構出回っているので要注意.





999,踏んじゃった・・・・・・(血涙
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« UVバイタルウェーブその後 | トップページ | イソギン飼育考おまけ »

Aqua:イソギンチャク」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

あーあ、999が・・・1006になってもうた。

イソギンはシライトとサンゴしか飼った事はありません。
シライトは一度溶かしたことがあります。弱って吸盤がはがれ、そのままポンプに直行してしまい、気づいたときには水槽がミルキーになってました。

本体がどこにあるかわからず、手探りでつかみ出して、そのあと100%換水しましたが・・・ほぼ全滅だったように記憶してます。

サンゴイソギンは、水槽交換前までいましたが、とにかく移動するのに辟易しました。それと1匹が通算7つに分裂しましたので、おおいときで6匹いました。
SPSもだいぶやられましたが、毒はそれほどでもないですね。
ミドリイシはダメですが、ウスコモンなんかは平気でした。

>999
>888
>777

もうここまで来たら神がかりです.
ものすごーく無駄なところに運を使ってる気がしてなりません(っωT)ヨヨyo

>シライトイソギン

ついそれでも飼ってしまうんですよ・・・THEクマノミのために.
うちのTHEクマノミは自分の専用イソギンがないとすぐカクレの宿を襲撃したがるのです.
いつもでっかいママクマが頑張って防衛に当たってます.

ただTHEクマノミもシライトさえいれば絶対よそにおとなしくなることがわかってきまして.
本当のお気に入りはウミキノコなんですけど一番肝心な夜には縮むので・・・w

>サンゴイソギン

苦労されてましたよねー(笑)
自分もサンゴイソギンは好きなんですが,いままで事故死しか経験ないくらい動き回るので手が出せません.
やつら,なぜか水流ポンプの吸入口を狙って動く気が・・・(汗)

ニューウェーブ系のポンプは特に側面流入がきついみたいで危険でした.
コラリア系は首元が膨らんでる&インペラとスリットの空間が割と広くて幾分マシかな?
そう思うとポンプ選びって結構重要かもですね.

こんにちわ。

>やつら,なぜか水流ポンプの吸入口を狙って動く気が・・・(汗)

本当に!!なんでですかね?何か水流にそって動くとかですかね?
ニューウェーブに3回突っ込みましたが、両方とも早期に気づいたんで触手数本で済みましたけど・・。
吸盤までやられたこともありましたが、これはもうだめでした。

>そう思うとポンプ選びって結構重要かもですね.
うちは高さ60cmで、水面すれすれに設置していましたが、それでも吸い込まれました。もし背の低い水槽だったら、ネットで包むなどの対策をしたと思います。

60cmあってもだめなんですか!?
打つ手がないですね。

>ポンプに網

うちも一時期やりましたよー。
行き着くところはろ材用の粗目スポンジでライオンのたてがみみたいなのまで作っちゃいました(笑

結局目詰まりして水流が止まるので本末転倒、空間を節約しながらの対処はできなかったなぁ。(遠い目

そう言えば某ショップでサンゴイソギンがフロー管につまってイソギンの販売水槽が洪水したそうで、店員さんがげんなりされてました。
とても他人事と思えなかったです(―ω―;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シライトイソギン逝く&イソギン飼育考:

« UVバイタルウェーブその後 | トップページ | イソギン飼育考おまけ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ