フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« ネタの神様再降臨 | トップページ | UVバイタルウェーブその後 »

2013年8月 9日 (金)

レイアウト修理いったん完了と酷暑

あー,腰が痛い・・・_○■=ポテ


先日の崩落事故の復旧作業をいったん試合放棄完了とさせていただきます.

以前のレイアウト,いったいどうやって組んでたんでしょうね.
どうやっても戻らないので刷新の方向でカタをつけてしまいました.

このままちまちま補修し続けてたら生体が持たないです.
何より腰が・・・



<本題に入る前に・・・>

そんな折に,最近の酷暑でとうとう室温に40度突破されました(汗)
当然水槽クーラーが追いつけるわけなく,さらにおまけにオーバーヒートと思わしき症状で冷却そのものがストップ(滝汗

仕事後に帰宅すると目を覆いたくなる光景が・・・


詳しく書いたらホラーになりかねないので省きます.(汗)

魚は各自で工夫して暑さをしのいだらしく,明らかに行動が変なものの(ありえん子があり得ん場所から出てくる)何とか全員無事.
やはりサンゴは大物が全滅,細かい子たちは影響が小さかったようで徐々に復活しつつあります.

驚くべき事に,イソギンチャクはすべて無事に生存しました.

メイン組
○ハタゴ(25cmくらい)・・・以前と変わらず指で触った反応も俊敏で吸着力もあり
○ハタゴパープル(10cmくらい)・・・上同様
○シライト(15cmくらい)・・・直後ヨレヨレで×ぽかったが,水温正常化とともに回復
○LT(10cmくらい)・・・やや触手が短く丸くなったがいわゆる不調の兆候無し
サブ組
○LT(キモイの)・・・砂の中に退避しててまったく無傷
○ウメボシ×2匹・・・数日丸まっていたが復活,給餌してからは元気

あらためてイソギンつえー(汗)



<本題>

そんなわけでサンゴ系の生体半数を失い,あらためて迎えたサンゴの再配置も考慮しつつでキノコタワーを一度ごっそりどかして組み直しました.



まずは生体隔離.
20130808084052
左塔の方は手をつけず,キノコタワーだけバラします.
角形バケツはエーハイムのろ材5Lの容器で重宝しています.
岩の下にはデトリタスがたまっているので,岩をどかしながら順次吸い出していきましょう.



20130808084110
今回生還した精鋭達.
あれだけ状態のよかったトサカとナガレハナとハナガタ(大)はアウトでした.
キノコ達はぐったりしていたもののソフトコーラルとしては奇跡的に健在,ミドリイシはオヤユビだけが何とかしのいだようです.
(ただし一部白化)


20130808090726
岩に活着してどうしようもないヒメジャコとイソギンをよけて,奥の方に新しいタワーの土台になる岩を立てます.


20130808092115
中層辺りまで組んだところで,長時間隔離が厳しい生体とイソギンをセット.
同時にレイアウト上「置き」にできない生体もこの時点で土台ごと組み込みます.

岩の撤去時もそうですが,伝染病蔓延防止のため絶対に底砂が舞い上がらないように注意が必要です.

この後はバベルの塔方式で,先細りに気をつけながら岩を追加していきます.
ここで先細りになると不格好かつサンゴのキャパが激減します.
コツは「少し組んだらわざと枝を広げるように岩を挟む」ことで,サンゴの載せ台としても機能する箇所を多く作っていくこと.



最終的にこうなりました.
もうちょっと水槽が大きかったらアーチ組んだりして遊びが広がるんですが,60cmとしては健闘かな( ̄ω ̄;)20130809094229組み上がってから,ギフトさんに行っていくつかの生体を購入しました.



そう言えば今回生き残った子たち,偶然にもすべてギフトさんとアベニューさんから来ものばかりです.

驚いたのはアベニューさんから来デバ,購入当初に絶対途中で亡くなると思っていた1cm足らずのチビを含めて健在.
一時は白点病蔓延で大ピンチだったギフトさんのキイロハギやヒレナガは病気を乗り越えて今回も生還しています.





さすがに懲りたので,翌日から昼間の外出時はエアコンを30度設定と言う,ありえん状態で点けておくようにしています.

いや,ありえんのは気温の方か・・・

« ネタの神様再降臨 | トップページ | UVバイタルウェーブその後 »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:無脊椎」カテゴリの記事

Aqua:イソギンチャク」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイアウト修理いったん完了と酷暑:

« ネタの神様再降臨 | トップページ | UVバイタルウェーブその後 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ