フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« ・・・・・・・・・ん? | トップページ | レイアウト「小」修正 »

2013年8月27日 (火)

また波が来ちゃったかも・・・(汗




幅広く動物が好きの人の中で「クモ嫌い」と言う人に出会う割合が何となく高い気がするのはなぜなんでしょうね?
かくいう自分も小さい時から大っ嫌いです
トラウマでもあるのかしら・・・?

でもカニは美味しくいただきますよーw
こんばんは,えぴ兄です.

今日も前振りと内容は何の関係もありません(ぇ



☆ウニと石灰藻

なんとなくテレビでサンゴ礁の特集を見ていると,各地でウニが大発生している問題を扱っていました.

「沖の餌場が土砂の流入で狭まり餌を求めて浅瀬に上がってくるのだとか.
その際岩盤の「石灰質の海藻」を食することでこれが増えすぎて更なるウニの繁殖と海藻類の減少が進のだとか.」



なんだか今,重要なことを聞いたような…




ウニが石灰質の藻類を増やすだと??Σ( ̄ロ ̄lll)

20130817135859

我が家のウニ,コシダカウニ.
得意技は底砂から掘り出したゴミを体にまとってカモフラージュ.
見当たらないときは不自然なゴミの塊を見つければそこにいますw

詳しい仕組みはこう.

「もともと石灰質でできている藻類は,表面の石灰質のため思うように成長できない.これをウニがバリバリ食うことで本体がむき出しになり藻類が成長できる.成長した藻類は再び表面に石灰質をまとって外敵から身を守る.」

と言うことは,石灰藻を育てたければ表層をかじり取られた方が都合がいいと?



以前から「ウニは石灰藻を食うからおすすめできない」と聞いていましたが,これはどうやら正しくて間違いのようです.

そう言えばいつもウニが徘徊しているうちの水槽では,バリバリした海藻はみんな緑色してるのはそういうことなんですね.
コケにしてはやけに丈夫だとは思っていましたが,成長中の石灰藻と言う可能性が高まってきました.
特にリフジウムに沸く藻類が協力で,削ろうとすると予想に反して砂利みたいに固いんですよ.

言われてみれば,赤い石灰藻にクエン酸をかけると赤い汁とともに緑色の下地が出てくるのはそういうわけだったのか・・・




意外と行儀もよく,レイアウトを崩さず器用に岩から岩,サンゴからサンゴを渡って移動します.
腕足で浮き上がって歩くので他の生体にもほとんど迷惑も掛かりません.
小型のウニを少量入れておくのって意外と正解なのかも.



☆シライトイソギン


導入から約1か月,とうとうシライトイソギンが解け始めました.
ハタゴもLTも相変わらずだっていうのに,なぜかシライトだけは本当にピーキーすぎます.
前回と同様,足盤の裏から亀裂が入って徐々に広がり・・・というパターン.

今回は水温事故もないし,クマノミも執拗に襲い掛かることもなく,水流もほどほど,ましてや調子を崩しだして以降はイソギンしかいないサブタンク行きだったので周囲の生体が悪さしたという感じでもなさそうです..
活着具合は前個体よりいいくらいだったのに・・・
原因が全く思いつきません(汗)


いろんなイソギンがいますが,こんなに長期飼育が難しく感じるのはシライトだけなんですよ.
誰かシライトを長生きさせている人の意見が聞きたいところです.





☆白化中のミドリイシ


謎と言えば一個体だけRTN再発です.
寝る前に気づいて翌朝には9割の共肉がなくなってました(汗
はがれていく共肉は半透明で,褐虫藻はもうなさそう.
昨日までなんともなかったことから余計に謎が深まります.

いったんは収まったんですけどねぇ・・・
しかも今回は土台に立派なハマサンゴがくっついてるので下手に取り出せません( ̄Д ̄;;

20130820173636a

方向としては死んだサンゴは藻類の付くのが異様に早いんで,このままライブロック化してキノコタワーの土台になってもらおうと思っています.
他の二個体は元気なので,これもまた謎です.
思い当たる点と言うと,魚用の殺菌系添加剤を停めたことくらい・・・関係あるのか?(汗

とはいえ他のソフト系やLPSは何も変わりません.
キノコもトサカもふっさふさ,白バナたちもふっくらです.



念のためクーラーの設定音を25度→24度に変更してみました.







求む,心当たりの方の声.
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« ・・・・・・・・・ん? | トップページ | レイアウト「小」修正 »

Aqua:無脊椎」カテゴリの記事

Aqua:サンゴ」カテゴリの記事

コメント

ウニと石灰藻の関係。そういうことだったんですか。海水中の生物の多様性って奥深いですよね。。。

シライトさん、確かに長期飼育が難しいってそこかしこで聞かれますね。。。。綺麗なイソギンなのに。。。

こんばんわ。
以前、長うにが発生しましたが、そのとき石灰藻が真っ白になりました。
水槽だと、天然環境と違って狭いですからね。嫌われてしまう意味もわからなくはないですよね。

シライトは、以前水流ポンプに突撃し、水槽のメンバーを道連れに逝かれたことがあり、それ以降は・・・ちょっと遠慮してます。
シライトというか、イソギンは採取方法によってもかなり差が出るようですが。。。
やっぱり、クマノミとイソギンはいいですね。
動かないなら入れたいけど、イソギンはなぁ・・いままでさんざん困らされたんでしばらくパスです。(´・ω・`)

>はなちゃんパパさん


シライトは
本当に手強いですね。
子供の頃から今まで相当いろんないきものにチャレンジしてきましたが、こんなに手こずったいきものは無かったんじゃないかと思うくらい、原因がはっきりわからない状態で亡くなってしまう感じです。毎個体「これかな?」と言う点を工夫するけどヒットしませんね···(汗)
美しさで選ぶならピカイチなだけに惜しいです

>あくあさん

どうも種類によるようですね。
ニュースでやってた「増えすぎるウニ」はとげの細くて短めのやつでした。
ナガウニってうちだとどうも長く飼えないんですけ食性に違いがあるのかも?

イソギンはサンゴ派の人からは輪をかけて散々な声が多いですね(笑)
幸いうちのハタゴとLTは移動しないみたいです。
このまま変な気を起こさず平穏でいてくれたら嬉しいんですが。
シライトの採取方法の事はよく言われますよね。
うちのイソギン達は基本MGさん出身で、同じルートで来てるハタゴが元気なのを見ると種類的にも難しいのかも知れません。
そう言えばMGさん情報だと、ハンドコートであってもシッパーのストック状態での差もかなり影響してるんだそうです。
現地指導するまではすんごい状態のことがあるんだとか。(汗)


えぴ兄さん、たびたび遊びに来るかも知れないので、うちのブログにリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします♪

>はなちゃんパパさん

おお,ありがとうございます!
それではさっそくこちらからもリンクさせていただきますね.
よろしくお願いします.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また波が来ちゃったかも・・・(汗:

« ・・・・・・・・・ん? | トップページ | レイアウト「小」修正 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ