フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« オーバーフロー化の効果 | トップページ | オーバーフロー化その後IIターボ »

2013年8月24日 (土)

オーバーフロー化その後II

えーっと,次回は「IIターボ」です(古


昨夜はちょうどうちの直上あたりに雷がわいたみたいで,深夜にものすごい雷雨が降りました.

大きいのが鳴るたびに家の電気がプツプツ切れ,いかにも家電に悪そう.
水槽のシステムもたびたび止まっては動きで心臓に悪かったです(汗



☆オーバーフロー化その後つづき


もう3日は経ちました.
作動上の問題点は今のところなさそうです.
ちょっとばかりファンキーなバキューム音も快調w

明日あたりに純正オプションの「消音キャップ」が来る予定なので,あと1日辛抱です( ̄ω ̄;



先日お伝えしたpHについては,なんとなく特性がわかってきました.

一言でいうと「いったん上がったpHが下がりにくくなる」感じ?

うちでいえばpHが下がるのは光合成が止まる夜間,日中8.3あったpHが朝の顚倒前には7.8くらいまで落ちていたところが8.1程度で留まるようになります.

おそらくガス交換の効率が上がってCO2がうまく曝気されているのでしょう.

と言うことは溶存酸素も上がっているのでは?
と思います.

そのせいかどうかはわかりませんが,ソフト系の生きものどもがもっさもさですw


20130824084954

毛玉のようなヌメリトサカw

20130824084943

先日の悪臭被害でのけぞっていたヒダベリさんも2次ポリプ解放中.

カタトサカは・・・大して変わりませんね.
20130824084727a

もとがぷるんぷるんして硬かったので,こういう種類なのかも?

水流が当たってもなびく雰囲気すらありません.


お前はミドリイシか・・・(汗





そう言えば最近LTハタゴが一回り大きくなりました.
徐々に成長するものだと思いきや,ある日突然でかくなって小さくならない感じで育つみたいです.

LTはこの調子で行ってもらいたいです.
ハタゴは面積よりもうちょっと厚みがほしい・・・( ̄ω ̄;)



それから今回オーバーフロー化に伴って,結構強い表層流ができてしまったのでナガレハナの位置を変えました.
20130824084758a
マメオーバーフローの設置でいらなくなったサーフェイススキマーを撤去できたので,ここを第二の居場所に固定します.
ここならポンプの動きと関係なしに,手前から奥に向かってゆっくりした定常流があるので他のサンゴに悪さもしにくいでしょう.

ところでナガレハナのスイーパー触手ってそんなに出てくるものなんでしょうか?
サンゴを飼い始めたころからナガレハナはいるけどまだ見たことがないんです・・・.

私,気になります.






あとはサンプに移したプリズムの調節にてこずり中~.

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« オーバーフロー化の効果 | トップページ | オーバーフロー化その後IIターボ »

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
OF化、うまくいっているようですねw。
溶存酸素には気を使う一方で、PHは気にしたことない、あくあ12です。

>ところでナガレハナのスイーパー触手ってそんなに出てくるものなんでしょうか?

出ますよ~。数センチ以上伸びるときもあります。
あまり、近くに敏感なのを置かないほうが吉かと。
もしでたら、ハサミで切ってしまえばおkですが。

なるほど,そうなんですね.
あれ?だとしたら,たまーにショップで見かける少し長さの余ったような触手のことなのかな?
私が見たそれは普通の触手と形は同じだったけど・・・外観はどんな感じなんでしょう?

あまり生えてほしくないけど,現物で「これがスイーパーだぜっ!」という姿も見てみたい気がします・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーバーフロー化その後II:

« オーバーフロー化の効果 | トップページ | オーバーフロー化その後IIターボ »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ