フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« 謎のイソギン現る | トップページ | 新トサカ,入りました. »

2013年7月22日 (月)

クマノミとイソギンチャクの共生について

どうもこんにちは.

「クマノミメインの珊瑚水槽(笑)」オーナーのえぴ兄です.



前回紹介したように,うちには3種類のクマノミが同居しているわけですが,クマノミと言えば誰もが一度は夢見るイソギンチャクとの共生について少しまとめようと思います.

ネットで「クマノミ」「共生」「イソギンチャク」辺りのワードを検索するとたくさん引っかかるし,クマノミの飼い方系の本なんかにもたいていセットで紹介されています.
と言うことは,一般論的には資料は豊富です.

では何で今さらここで語るのか?

それは一般論はあくまでも一般論だからです.



実際飼ってみると,割とセオリー無視的なところがあるもんで・・・

たとえばうちのTHEクマノミ.

Ce7_1946


複数種いるイソギンチャクを一切無視してウミキノコに定住しています(笑)
家主が席を外した時きれいな魚型にポリプがしぼんでるのを見るとたいそう迷惑そうですが.


何が基準なんでしょうね・・・

以下,うちで確認した組み合わせです.


<THEクマノミ>

101

A個体(現:ウミキノコ在住)

ウミキノコ(フラワーポリプ)>シライトイソギンチャク(触手長)>ハタゴイソギンチャク=シライトイソギンチャク(触手短)=サンゴイソギンチャク

B個体(現:シライト在住)

シライトイソギンチャク(触手長)=ハタゴイソギンチャク

※ロングテンタクルアネモネ(LT)には導入当初に興味は示しても共生せず.



<カクレクマノミ>

Ce7_18661_2

全個体(現:ハタゴ在住)

ハタゴイソギンチャク>>シライトイソギンチャク(触手長)

※圧倒的にハタゴ優先.

※シライトにはハタゴがいない時期にかなりの日数を経て入居,ハタゴが来たら即引っ越し.

※ロングテンタクルアネモネ(LT)には導入当初に興味は示しても共生せず.



<ハナビラクマノミ>

Ce7_18651

初代ペア

ハタゴイソギンチャク

二代目ペア(現:シライト在住)

シライトイソギンチャク(触手長)>ハタゴイソギンチャク

※はじめはハタゴにいましたが,すぐに転居.
※シライトを主体に,シライトとハタゴの間を行き来しています.





<トウアカクマノミ>

106

ハタゴイソギンチャク

※ハタゴに張り付いて離れず.

※水槽リセットの際に謝って他界させてしまったため期間は短め.




<ハマクマノミ>

ハタゴイソギンチャク

※暴れん坊でほかの魚を追い回すので1週間しないうちに「お仕置き部屋」行き.







どうもうちではLTが不人気のようです.

と言うか,うちのLTこんなんなので実は怖いのかも?w


Ce7_19571

半透明でゆら~り・・・

徐々に触手が増えている.


調べてみると変な組み合わせは実際の海でも時々あるようで,「絶対にこれにしか入らない.」「セオリー以外は自然に逆らう」と言うものでもなさそうです.

要は納得(飼い主orクマノミ自身)の問題なんじゃないかと思います.



あと,気になる共生までの期間ですが,これもまた個体によって全然違います.

たとえばうちのカクレクマノミ,はじめの頃はどうやっても全く共生する兆候もなくクマノミかイソギンのどちらかが他界・・・と言うパターンが続いて,「共生ってすごくハイレベルなのかも?」と思っていた時期がありました.

ところが,何代目かのカクレクマノミは導入後わずか数秒で突撃(汗)

ブリード個体とワイルド個体での差もあんまりないです.





あ,そういえば1つ気づいたことが.

どのクマノミも最初の1匹が共生を始めると2匹目以降は続々と入ります.

この辺り,「ペンギンの群れ」の話を思い出します.



>ペンギンの群れ

ペンギンが群れでなかなか海に飛び込まずにずっと氷上でパタパタやるのは,誰かが最初に飛び込んで天敵がいないことが確認できるのを待っているためらしい.


つまり押し付け合いw



自然って厳しい・・・(・ω・)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« 謎のイソギン現る | トップページ | 新トサカ,入りました. »

Aqua:海水魚」カテゴリの記事

Aqua:クマノミ」カテゴリの記事

Aqua:無脊椎」カテゴリの記事

Aqua:イソギンチャク」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

週末ばたばたしてしまい、お返事&リンク遅れてすみません。
リンクはらせていただきました。
今後もよろしくお願いします。

クマノミとイソギンのお話し、興味深く読ませていただきました。
以前、うちのカクレが「ナガレハナ」に入っていたことがありましたね。

ただ、あまり居心地はよくなかったようですね。

>うちのLTこんなんなので実は怖いのかも?w

・・・・いや、これ怖いと思うw。

あくあ12さん,こんにちは~!
ようこそお越しくださいました.
こちらこそよろしくお願いします.

>クマノミの共生相手

いろんな資料を読みあさったり自分で飼ってみたりしてるうちに,「クマノミはイソギンチャクに入る」というのは正しくて間違ってるんじゃないかと思えてきました.

もしかすると,共生の本来の目的「刺胞毒のある生物に守ってもらう」ことと,「触手にくるまれる方が安全性が上がる」と言う二点を守ってるだけなんじゃないですかね?

そこで,なんで刺胞毒の弱いウミキノコかという疑問がわきますが,よくよく考えたらシライトやサンゴイソギンに入るようなTHEクマノミは,そこまできつい毒の生物に守られなくても生きていけるから・・・なんじゃないかと.
なんせうちの歴代クマノミの中で,ハマクマを除けば一番喧嘩っ早かったのがTHEクマノミでしたんで.(笑)

逆にハナビラとかカクレの子どもとか,いかにも底辺な個体がイソギン以外に入るのかどうか興味あります.

>LT

でしょうw
ショップで「LTいますか?」と聞いて紹介されたのがこれなんです.

「これ・・・・・・・・・LTですよね?」

店員「LTです.」

「なんか透明で気持ち悪いし,今まで見たこと無い色ですよ?」

店員「でも足盤の色とかイボは,どう見てもLTですね.」

「本当~に,LTですよね?(汗)」

店員「たぶん」

「んじゃこれで試してみます.」

という感じでうちに来ました.
それも立ち上げてから結構初期ですから,大分前になります.
いつまでたっても褐虫藻が入る気配もなく,触手はのびるはだんだん大きくなるは,で気持ち悪さだけが引き立って行ってます.

クマノミ共生実績は堂々の「0」です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クマノミとイソギンチャクの共生について:

« 謎のイソギン現る | トップページ | 新トサカ,入りました. »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ