フォト

絶賛参加中(笑)

  • BP魂!
    20131005150024_2
  • ダメアクアの会No.006
    2013101514204332e
  • 水換え魔神の会No.013
    20131005150024_2

アクアリウムシステム

  • <浅場のサンゴ礁水槽>
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     引っ越しを機に立ち上げた90㎝.
     やっぱりこれも沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.

     これもやっぱり立ち上げ初期に底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.
     意外と底砂があってもチョウチョウウオ行けますよ?

    [水槽]
    ・90×45×45cmアクリルOF
     +60cm普通水槽の濾過槽

    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (↑と直結)
    ・プリズムプロスキマー

    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白青)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・Grassy LeDio RS122 RUV×3
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep

    [水流]
    ・koralia nano900
    ・koralia nano1600×2
    ・koralia nano2400
    ・napco newave3000S
    ・napco newave4000S
    ・ナチュラルウェーブIII×2
     (水流コントローラー)
    ※一台を5秒おきで深場側から,もう一台を7秒おきにして背面側から間欠運転中.
     これでかなり自然に近い波と水流ができます.
     5秒と7秒にすると35秒おきに両系統が一緒になっていい感じに大きな波ができる.

    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯
    ・ゼンスイ ZC-500Cクーラー
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)1stメイン浅場水槽
    Ce7_1966
     旅先で出会った沖縄の海再現が目標のメインタンク.
     沖縄近海に絶対いない生きものを入れない縛りがかかっている.
     最近ようやくリフジウムに「わらわら」がわき始めた.
     「ちょい深場水槽」で好結果だった底面濾過を取り入れ,サンゴ&底砂環境にチョウチョウウオと言う無茶に挑戦中.

    [水槽]
    ・60×45×45cm
     &60×13.5×15cm
     (逆OF似非リフジウム)
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過&OF濾過槽&OFリフジウム槽の3系統ハイブリッド方式.
    ・テトラVX90
     (主循環)
    ・エーハイムサブフィルター
     (2017×2,VX90直列)
     (VX90と2017間に割り込み)
    ・エーハイム コンパクト2000
     (補助循環)
    ・プリズムプロスキマー
     (サンプに設置)
    [照明]
    ・コトブキ フラットLED 600(白)
    ・Grassy LeDio RS073+UV(昼)
    ・Grassy LeDio RS122 RB
    ・Grassy LeDio RS122 RW
    ・BlueHarbor VitalWave 7W Sun
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Cyan
    ・BlueHarbor VitalWave 3W Deep
    [水流]
    ・koralia nano900×3
    ・koralia nano1600×2
    ・ナチュラルウェーブIII
     (水流コントローラー)
    [その他]
    ・テトラUV120殺菌灯(夜間)
    ・ニッソー アクアクーラー 20 スリム
    ・補助エアレーション
    ・リーフオクトパスBPリアクター

  • <(旧)2ndサブちょい深場II水槽
    Ce7_1966  メインの「浅場」に対してこっちは「ちょい深場」の設定.
     実質的にはメイン水槽で飼えないけど欲しい!と言う魚のたまり場とも言う.
     生体が少ないのでむしろこっちの方が高水質でトラブルが少ない.
     白点を出したくない一心で組んだ強制濾過のため,底砂は広大な一次好気フィルターと化していて,脱窒は外部密閉濾過で補っている.
     最近LTアネモネが育って育って止まらない・・・.

    [水槽]
    ・45×30×45cm
    [濾過システム]
    底面給水強制濾過方式.
    ・プリズムスキマー
    ・KOTOBUKI SV5500
     (主循環,インペラだけSV9000)
    ・テトラAX60
     (ケースのみでSV5500と連結)
    [照明]
    ゼンスイ LEDランプ (45cm) ホワイト
    ・NISSO ルシファー(白)
    ・KOTOBUKI ツインライト15W×2灯
     (CBおよびRB37蛍光管に換装)
    ・AQUASYSTEM 18W
     (E17RB蛍光管に換装)
    ・Grassy LeDio XS071+(D-UV)
    [水流]
    ・ニューウェーブ1000S
    ・コラリアナノ900
    [その他]
    ・テトラUV60殺菌灯
    ・テトラCPX-75冷却装置
    ・リーフオクトパスBPリアクター

現在の装備

  • <撮影・観測機材>
    ・Canon EOS7D
    ・Canon EOS40D
    ・Canon EOS-3HS
    ・VIXEN GP赤道儀×2
     R130ニュートン反射鏡筒
     VMC110Lカタディオプトリック鏡筒
    ・VIXEN ポラリエ簡易赤道儀

  • <バイク>
    HONDA CBR400RR(NC29R)
    ・HONDA CBR400R(NC47)

最近のトラックバック

ランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

気象データ

« バイタルウェーブ到着,レイアウト変更 | トップページ | 現在のレイアウト詳細版 »

2013年7月31日 (水)

リン酸,リン酸塩に関する考察

こんにちは.
昨日近所にオープンしたマッサージ屋さんに行ったら,固すぎて触った瞬間に鼻で笑われてショックなえぴ兄です(汗)

しかも肩こりで首が歪んで斜め向いてるらしい・・・



さて,pH&KHと並んで頭を悩ませているリン酸・リン酸塩について.

吸着剤やバクテリア還元など方法はいくつかありつつ,我が家の水槽になかなか「これだ!」と言う方法にたどり着けずに困っていたら,いくつかの論文にたどり着きました.

どうやら工業や農業廃水の処理に関する研究のようで,全体内容ははっきり言って理解の範疇を超えています(笑)

・・・が,その中に複数の論文に重なる化学変化を見つけ,核心が浮かび上がってきました.



その名も「凝集沈殿法」.

要約するとこんな感じです.



<1のパターン>

「リンは水中ではリン酸塩またはリン酸イオンとして存在し,アルミニウムや鉄と不溶性沈殿をつくる.」

 アクアアルミナや液状のリン酸除去剤がこれに当たります.
 不溶性沈殿らしいので,巷のアルミナ吸着剤が再放出するという噂は否定できそう.
 ただし不溶性沈殿として蓄積されるらしい・・・と言うことで,回収方法とセットにしないと,鉄なんかと結びつけたら時間差でえらいことが起きそうです.


<2のパターン>

「水中のリンに酸素が結合したリン酸イオンはカルシウムイオンと結合し,塩として沈殿させることができる.」

 これも問題がありまして,リン酸イオンがリン酸カルシウムに変化してリンの濃度が一定まで下がると,今度は水中リンをを補給しようとして再分離するそうな.(汗)
 あー出た,「塩酸と水酸化ナトリウムが中和した塩は塩化ナトリウム(食塩)だから,沈殿なんか出ないよー」的なイジワル反応w
 学生の頃こういう問題に何回引っかかったやら・・・


<3のパターン>今回の注目はこれ

「リンを含む水にリン酸イオン、アンモニウムイオン,マグネシウムイオン及び種晶を投入しPHをアルカリに調整すると,リンはリン酸マグネシウムの結晶として成長して回収することができる.このときの生成物はリン酸40%,アンモニア7%,マグネシウム10%を含む肥料として利用可能.」

 なんと!Σ( ̄ロ ̄;)
 アンモニアとマグネシウムとアルカリ性・・・これって(笑)




 生物濾過が未完の飼育水そのまんまでは(爆

 これはスバラッ☆ですわっ(誰



と言うことで<3のパターン>を突き詰めていくと,添加すべきは除去薬ではなくマグネシウムと言うことになりますね.

あとは,マグネシウムの量ですが・・・

ここで文献から耳寄り情報が.
「海水中のカルシウムとマグネシウムは適正状態では1:3でほぼ一定」
だそうです.


と言うことは

リン酸濃度に合わせて余剰部のマグネシウム滴下でひょっとするとひょっとして・・・




まだまだ仮説なので,今後実践できたら報告します.




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
リン酸撲滅に応援のポチを

« バイタルウェーブ到着,レイアウト変更 | トップページ | 現在のレイアウト詳細版 »

Aqua:水質・システム」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
なかなか興味深いですね。

うちはROなしで、アルミナでリン酸除去。
リアクターがないから、caとmgはアラガミルクを添加。
mgだけ、ほんの少量、定期的に添加・・・しています。

偶然ですが、漠然とやっていたことがそれほどハズレでなかったことにホッとすることができました。ありがとうございます。

ただ、mgなんかは測定していないので適正量かどうかはわかりませんけど・・(^^;)

まだ立ち上げ初期の訳もわかってない頃「マグネシウムは大事だよ~」「知らないうちに枯渇してえらいことになるよ~」とすり込まれてきたのでMgは添加剤も試薬も常備しています(笑

意外と消費ペースが速いみたいで,前回の水替え時にSPSの理想料1390ppmに合わせてたつもりが,↑の沈殿法を試そうと今日測ったら1250ppmまで落ち込んでてびっくりしました.
リアクターがあれば楽ちんなんでしょうけど水量が少ないと調節がシビアそうだし・・・何より部屋にスペースが・・・orz

あくあさんのあれを見て,うちも使用前吸着を始めてみました.
沈殿法とダブルで攻めれば安心かな?
まずはマメに測定を重ねてみます.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リン酸,リン酸塩に関する考察:

« バイタルウェーブ到着,レイアウト変更 | トップページ | 現在のレイアウト詳細版 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

現在の月齢

都道府県別アクセス

お買い物
 活動資金にご協力ください.

無料ブログはココログ